グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「ありの助け合い」

ある日アルジェリアのさばくで、白あり達は ダンスパーティーをしていました。そしたら、黒ありが白ありをたおそうと おそってきた。大きいのは、白ありのすをこわし、小さいありは白ありをつかまえた。白ありはびっくりした。
「てきが来た!」
白ありはおどるのをやめました。
「パーティなんかしてる場合じゃない!」
白ありは一生けんめいたたかった。
白ありのなかまが少しずつ死んでいった。
黒ありも白ありにこうげきされて死んだし、けがした。足がなくなったりアンテナが1本になった黒ありもいた。
ところが黒ありは、なかまを助けるので、強い。白ありだって人間の家をこわせるぐらいアゴが強いけど、助けあっている黒ありにはかないません。
白ありはそこで気がついた。
「ぼくたちはけがしたなかまをヘルプしないから弱いんだ」
白あり達は、このたたかいで負けてしまいましたが、みんなでミーティングした。
「けがしてるなかまは助けなきゃかてないぞ」
そしてある日、今度は白ありが黒ありのすをこうげきに行きました。
すぐたたかいになった。今度は、白ありはけがしたなかまを助けて、すにもどしてあげました。なおるまでおうちでゆっくりねた。
その子が目をさますと
みんなが
「わーいわーい」
と歌ったりダンスをしたりしていました。
(なんでだろう)
と思ったの。
(なんで弱いのにおどってんだ?)
って思った。みんなに聞いたら
「ぼくたち勝ったんだよ」
って言った。
「えー?」
「1人しかけがしなかったんだよ」
「えー?まさか。」
白ありと黒ありはそれで話し合いしました。
「もうこんなたたかいしたくないね」
「いっぱい死んだしね」
黒ありと白ありはなかなおりしました。食べ物さがしていっしょにたんけんしよって言った。
そして人間の船にのって地中海をわたってスペインのバルセロナに行きました。
そこにはレストランがたくさんあって人間の食べのこしがいっぱい落ちていました。肉とかさとうとかもありました。シロアリがすきな木もあった。黒ありと白ありはおなかいっぱいになったので、ケンカするのをやめました。でも助け合うといいってことは分かったのでこまってたら助けるようになった。自分ばっかじゃなくてなかまを助けるようになったらありは強い。H.G.ウェルズの ありみたいに、かしこくなって、いつか人間をたおすのが、ありたちのゆめです。
おわり。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 8th, 2017 at 12:41 am

カテゴリ: 生徒作品,中山 慧大

【生徒作品】中村美佳 4歳

without comments

【生徒作品】中村美佳 4歳
じっけんさくぶん「5分でできたこと」

あいうえおからわをんまでぜんぶのひらがなを5分でかけるか、じっけんしました。
1回目は5分7秒でした。
2回目は5分17秒でした。
3回目は4分59秒でした。
私はとってもしゅう中した時に、5分でひらがなをぜんぶかけることがわかりました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 7th, 2017 at 11:36 pm

カテゴリ: 生徒作品,中村 美佳

【生徒作品】中村美佳 4歳

without comments

【生徒作品】中村美佳 4歳
俳句「ひこうきぐも」
とどくかな
ひこうき雲は
うちゅうまで

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 7th, 2017 at 11:32 pm

カテゴリ: 生徒作品,中村 美佳

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

without comments

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

「5分でできるようになったこと」

ぼくのがっこうでは、キンダーガーテンで、
ちょうちょむすびができないと一ねんせいになれません。
ぼくは、まだできないので、今から五ふんでできるようにします。

(じっけん)
五ふんかん、おかあさんとちょうむすびのれんしゅうをしつづける。

(けっか)
十かいぐらいしたら、一人でちょうむすびができるようになりました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 7th, 2017 at 1:41 am

カテゴリ: 生徒作品,大沼 圭

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

without comments

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

「ももたろうがおにたいじから、かえってきたあとのはなし」

ももたろうが、おにがしまからかえってくると、おどろきました。
じぶんとそっくりなロボットが、ドアをあけてくれたからです。

おばあさんとおじいさんが、ももたろうがいなくてさみしかったので、
ももたろうそっくりのロボットをつくったのです。
でも、ももたろうは、ロボットにいてほしくありませんでした。
ロボットがじぶんとそっくりだったからです。

ももたろうは、つぎのおにたいじにいくことにしました。
おじいさんとおばあさんは、ももたろうがいなくなってまたさみしくなりました。
そして、ももたろうそっくりのロボットを、もう一だいつくりました。

おにたいじからかえってきたももたろうは、おじいさんとおばあさんにいいました。
「ぼく一人でじゅうぶんだよ。」
ももたろうは、二だいのロボットをこわしました。
そして、ももたろうとおばあさんとおじいさんはなきました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 7th, 2017 at 1:40 am

カテゴリ: 生徒作品,大沼 圭

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「かがみのわらいばなし」

 ある日赤ちゃんがハイハイしてかがみがたくさんあるへやへはいってしまいました。

その赤ちゃんはちがうあかちゃんだとおもって、あそぼうとちかづいたとき、あたまをぶつけてなきました。するとお母さんがきてばんそうこうを赤ちゃんにあげました。それで、お母さんがいなくなり、その赤ちゃんがかがみにうつっている赤ちゃんのおでこにばんそうこうをはりました。

そしてお母さんがあかちゃんにごはんをあげるときにこういいました。
「ごはんよ、あれ、ばんそうこうは?」
するとかがみにはってありました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 25th, 2017 at 8:55 pm

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「学校をおそうテロリストに私はこう言う」

 テロということばはどういういみかというと、テラーといういみです。テラーは人をこわがらせるといういみで、テロリストはいつも人をこわがらせます。そしてみんながこわくなったとおもうと、もくてきとげたとおおよろこびで、もっとテロリストが人をこわがらせます。

 ということは、テロリストがきてもこわくならなければ、テトリスとがなにもおきていないといってがっかりする。だから、テロをすこしふせげます。

 だからわたしはテロリストにこういう
「テロなんかこわくないよ」

 どうしてテロリストは、小さな子どもをねらうか、そのりゆうは子どもをころして、ニュースにのりたいからだ。たとえば、シリアがどくのサリンガスをつかってなんにんもの子どもがしんだ。すると、トランプがおこってミサイルをうったことがニュースになった。

 だから学校をおそうテロリストをみたらわたしは
「こわくないよ」
という。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 25th, 2017 at 8:50 pm

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「ポケモンGOを作った人」

「ドウフー ドウフー」
ぼくとお母さんは
よあけまえマイナス30どの中で
とうふをうっていた
そのときぼくは中国のまんしゅうでくらしていた
びんぼうからだっしゅつするため
9さいのときに日本にわたった
日本のゲームにしょうげきをうけ
日本の大学でまなび
Googleにはいり
ポケモンGOをかいはつし
大ヒットした
今おもう 日本ありがとう
チャンスをありがとう
そして中国でのまずしいくらしがぼくをつよくしてくれたんだ
「ドウフー ドウフー」
そのひびきをぼくはわすれない

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 25th, 2017 at 8:40 pm

【生徒作品】中村美佳 4歳

without comments

【生徒作品】中村美佳 4歳
作文「ひこうきぐも」
ひこうきぐもってね
白いクレヨンでお空にかいた線みたいだよ。
びゅーってまっすぐの線
私もかきたい!
でもね、ひこうきにのっている人には
ひこうきぐもは見えないんだ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 24th, 2017 at 11:13 pm

カテゴリ: 生徒作品,中村 美佳

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

without comments

【生徒作品】 大沼 圭 5歳

「ふっかつさい」

ふっかつさい
たまごをひろう
にじいろの
うさぎとあって
びっくりしたよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 23rd, 2017 at 3:13 pm

カテゴリ: 生徒作品,大沼 圭