グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for February, 2018

【生徒作品】 大沼 圭 6歳

without comments

【生徒作品】 大沼 圭 6歳

「きつねとぶどう」

ある森のあるきつねのおはなしです。
おかあさんぎつねと小ぎつねのいえの近くに、ぶどうばたけがあった。そのぶどうばたけは、人間がワインをつくるためのはたけです。
「おかあさん、あのぶどう、おいしそうだねぇ。」
「夜になったら、少しもらいに行こうか。」

夜になりました。きつねのおや子は人間のぶどうばたけに行きました。
「おかあさん、あのぶどう、おい思想だねー。」
と、小ぎつねは、高いところにある大きくてジューシーに見えるぶどうをさしました。でも、おかあさんがジャンプしてもとどきません。そこで、おかあさんの上に小ぎつねがのることにしました。それでもまだまだとどきません。そこへ、ふくろうが一わとんできました。
「ふくろうさん、あの大きくてジューシーに見えるぶどうをとってくれませんか。」
ふくろうはえだをかみきろうとしましたが、かたくてきれませんでした。すると、子どものマウンテンライオンがきました。おかあさんぎつねはこわかったけど、
「あのぶどう、とってこれる?」
といいました。
「いいよ。」
とマウンテンライオンは木にのぼって、するどいつめでぶどうをひっかきました。

ピューピューときゅうにスプリンクラーがうごきはじめました。
きゃあ!
びっくりして、どうぶつたちはにげて行きました。
でも、おかあさんぎつねの口の中には大きくてジューシーなぶどうが入っていました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 20th, 2018 at 9:57 am (PDT)

【生徒作品】 大沼 一 10歳

without comments

【生徒作品】 大沼 一 10歳

「8世紀の日本人の知的な乾きの素晴らしさ」

杉本苑子の「一夜の客」で、印象的だったのは、真束医師だ。真束医師は人を助けたいから、長安まで死ぬかもしれない旅にでた。当時の遣唐使船は合計17回行われたが、その半分は生還しなかった。真束医師はこう言っている。「10のうち8までは難破の憂き目にあうそうだがね、尻込みしていたら何もできやしない。」(p157)真束医師は、こんなに強い意志を持っている。なぜこんな強い意志を持っていたのだろう。「知識が足りないために調剤を謝ったり、未熟故に手当がとどかず、みすみす病人を死なせるなど、苛立たしさ歯痒さに、来る日来る日、己を責める毎日だった。」(p160)つまり真束医師は自分の患者がどんな病気かわからなくて、何もできずに患者が死ぬのがとても嫌だった。真束医師は大比と言う農民が胸が痛いと言うので、夜遅くても診てあげた。でも翌日、大比は真束医師の金の観音像を奪うために、真束医師を殺した。真束医師は切りつけられて、倒れながら言った。「私は大望を抱く身だ。欲しいものはなんでもあげる。どうか命だけは奪わないでくれ。」(p170)真束医師には助けないといけない人がたくさんいる。だから、どうしても長安に行きたかったんだと思う。しかも、真束医師はまだ若いのに、13歳の国まろを自分の後に続くように育てている。生前、真束医師は国まろのことをこう言っていた。「将来、医師になるつもりで勉強を始めている。なあ国まろ、ご両親を説き伏せて、次の便船にはぜひ、乗せてもらえ。そして私をおって長安へ来い。待ってるぞ。」(p161)若くても自分より年下の人を育てることは大事だ。
次に印象に残ったのはこし老人と村人たちだ。なぜかと言うと、昔、こし老人も旅人だった。だから、老人と村人は、旅人が休めるように、木を植えて日陰を作ったり、道を平らにした。木があると旅人は楽だ。こし老人は言う。「つまりは無償の奉仕である。己のよくを満たすために神仏を祈るな。他人の利益こそ優先させよ。真の信仰は、心の服田を耕すところに生まれるのだ。」(p153)自分のことは後回しにして、他の人のために行動すると自分の心は綺麗になる。
8世紀の日本人はとても勉強ずきで自分の使命を理解していて、自分以外の人を思いやる心があったことがこの物語で読み取れる。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 20th, 2018 at 9:57 am (PDT)

【生徒作品】 大沼 一 10歳

without comments

【生徒作品】 大沼 一 10歳

「ファルコン・ロケットを作る人の遊びの心と、練り消しで遊ぶ、遊びのこころの根本的な違い」

イーロン・マスクは、ファルコン・ロケットを作り、
太陽の軌道に自分のテスラの赤い車を乗せた。
しかもその車の中にマネキンの人形も入れた。
今、マスクの車は太陽の周りを回っている。

グロスマン・アカデミーには、練り消しで遊ぶ人がいる。
ディベート中にも練り消しで遊んでいた。
マスクもグロスマンの生徒も、”遊び”をしているけど、その心は違う。
どこが違うのだろう?

ディベート中に練り消しで遊んでいた人は、ただの暇つぶしのための遊びだ。
一方、マスクの遊びには人間を火星に送るという目的がある。
マスクの赤い車がマネキンを乗せて
太陽の周りを回っているのを想像すると、とても面白い。
ワクワクする。これが本当の遊び心だと思う。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 20th, 2018 at 9:57 am (PDT)

【生徒作品】中村 美佳 5歳

without comments

【生徒作品】中村 美佳 5歳

「ブルーバードのともだちのはなし」

ぼくはとりなんだ。はねが青くて、白いおなかで、くちばしはくろ。足はほそくて白とくろ。ぼくはこういうところがすきなんだ。目のはじっこのほうが白い、まんなかはくろで、はねのまんなかがくろいところ。

ぼくのなまえはリンダー。ともだちのなまえはカイで男だよ。ふたりはいっしょにいるのがすき。カイはぼくにいった。
「ねえ、うちでいっしょにあそぼうよ」
「カイのいえはどこにあるの?」
「こっちこっち」
リンダーはカイについていきます。

とちゅうで、ポツポツ雨がふってきた。
「もうすぐだからいそいで」
すぐカイのいえにつきました。
「ついたよ、リンダー。ここだよ」
「ただいま。おかあさん」
「おかえりなさい、かい。
 あら、リンダー、いらっしゃい。」

カイのきょうだいたちは、よろこびました。
「わあい、リンダーいっしょにあそぼう。」
リンダーとカイとカイのきょうだいは、はやくとんできょうそうしてあそんだ。ほかにもじめんであるくきょうそうした。ほかにうたをうたってあそんだ。

リンダーはかえりたくないとおもった。
カイとカイのきょうだいもおもった。
「リンダーもかぞくだったらいいのに。」
みんなとよるまであそんだ。
「おかあさんもしんぱいしてるとおもう。そろそろかえらなくちゃ。」
とリンダーはおもった。リンダーはみんなにばいばいをいった。

おうちにかえろうとしたけど、どっちいったらいいかわからなくて、なきそうになった。そしたらおともだちのハミングバードにあった。
リンダーがなきそうだったから、ハミングバードはどっちのみちかおしえてくれた。リンダーはどっちにいくかわかって、おうちにかえることができた。

リンダーがかえってきて、おかあさんもよろこんだ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 11:40 pm (PDT)

【生徒作品】中村 美佳 5歳

without comments

【生徒作品】中村 美佳 5歳

「ハミングバードの春」

ハミングバードのハリーは、ともだちのトリーといっしょに、カリフォルニアにやってきました。カリフォルニアのロスガトスのブロッサムヒルパークにつくと、子どもたちがよろこんでちかづいてきました。その子どもたちの名まえは、ミカ、リア、モンローでした。リアのお母さんが
「ハミングバードは春をつれてくるとりなのよ」
といいました。こどもたちは、アーモンドの花のほうへはしってあそびにいきました。

ハリーとドリーは、レイクタホにいきました。まだレイクタホのまわりは雪がたくさんあります。二人はならんでとびながら、ノーススターというスキーじょうにつきました。そこでは21さいのブライアンという男の人がはたらいてました。ブライアンはドリーとハリーをみていいました。
「わあ!ハミングバードがきてるなんて!もう春なんだな。ぼくのかぞくがすんでいるニューヨークはまだまだ春にはならないけどね。」

そこでハリーとドリーは、ニューヨークに春をとどけて、みんなをびっくりさせようと思いつきました。ニューヨークはとおいので、ゆっくりいくことにしました。

2月にカリフォルニアをしゅっぱつしました。3月にネバダしゅうにつきました。4月にユタ州につきました。5月にコロラドにつきました。6月にネブラスカをとおりました。8月にシカゴにつきました。ハリーとドリーは、ずいぶんあついけれど、ニューヨークのひとたちは春をまっているだろうねとはなしていました。

それから、インディアナ、オハイオ、ペンシルベニアをとおって、やっとニューヨークについたとき、もうクリスマスツリーがかざられていました。
二人はニューヨークのクリスマスをたのしみました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 11:29 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 13歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 13歳
「ファルコン・ロケットを作る人の遊びの心と練り消しで遊ぶ遊びの心の基本的な違い」

ファルコン・ヘビーが
スペースXによって
打ち上げられた
テスラのスポーツカーを乗せ
そのスポーツカーには
人形が載っている
スポーツカーのダッシュボードには
The Hitchhikers Guide to the galaxy
の本に出てくる
Don’t Panicと書いてある
ファルコン・ヘビーが
トラックを何十台
乗せられる力を
持っている
火星に人々を
乗せていくためである

原子モデルに使った
練り消しを長くして
ネックレスにする人がいた
それでディベートの準備の時
それで遊んで
参加しなかった

ファルコン・ロケットを作った
イーロン・マスクは
遊びの心を持っている
でも練り消しで遊んでいる人の
遊びの心とは違う
まず遊びの心の
大きさが違う
練り消しで遊んだ人の
心の中は
すごく小さい
穴の中で遊んでいて
誰でもできるような
遊びである
でもイーロン・マスクの
遊びの心は
ものすごく大きくて
みんなができることではない
すでに地球から出ている
人々を火星に送りたいと言う
ビジョンでやっている

ファルコン・ロケットを
作る人の遊びの心は
大きなもので
練り消しで遊ぶ
遊びの心とは
比べられないぐらい
小さいものである

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 9:36 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 13歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 13歳
「見なければ学校も決められない人たちの頭の中」

「あのー、見学させてもらってもいいですか」
と親は先生に聞いた
でも先生は「ダメです」と
断った
親は自分の子供の安全に
不安があり
他の生徒などに
いじめられると思い
見学して
どのような生徒がいるかを
確かめたい
フェイスブックなどで
生徒たちの作品を見て
すごいと思うから
学校に入りたい
でも不安だから
入れたくない
学問は
見たりさわれないものを
勉強する
だから面白いんだ
もし本当に
この学校に入りたかったら
見学しないで
「はい、入れてください」と言い
見学なんかいらないはず
もし学校に入って
友達がいなくても
本の友達でいいんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 9:34 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 9歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 9歳
「ショートショート」
「危ない!ちゃんと前を見て!」と男の子が叫んだ。「いててててー」とおじいさんが言う。彼はりょうかんだ。子供たちとマリで遊んでいた。彼はものすごく幸せだった。

ある日、彼と同じくらいのとしの友達と大けんかをした。彼ものすごくおこった。だから夜こっそり森の中に行った。大きなきれいな月があり、栗の木があった。そこで少しきゅうけいをした。だが眠くなり、寝てしまった。何分か後、何かが頭におち起きた。目の前に2つくりがあるのに気付かないで立とうとすると。。。

「いてててー」といった。なぜなら栗が足に刺さったからだ。すると何かを思い出した。

子供たちと遊んでいた時のこと。彼は悲しくなった。すると、かえるが飛び出してきた。だからついていくと・・・

ケンカした人の家があった。ともだちにあやまって、仲直りした二人は月に照らされながら池の周りを散歩した。いつもより虫の声が美しく聞こえた。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 9:30 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 9歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 9歳
「俳句コラボ」

雪とけて村いっぱいの子供かな
あそんでころび
どろんこだらけ

名月をとってくれろと泣く子かな
かわりにあげる
まんまるおもち

めでたさも中くらいなりおらが春
飼い犬死んで
寂しい春だ

痩せ蛙負けるな一茶ここにあり
私も負けぬ
上級表現

馬の耳ちょこちょこなぶるトンボかな
くすぐったいな
のびろよしっぽ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 19th, 2018 at 9:21 pm (PDT)

【生徒作品】 大沼 一 10歳

without comments

【生徒作品】 大沼 一 10歳

「見なければ学校も決められない人たちの頭の中」

今、グロスマン・アカデミーには、入りたい人がたくさんいる。
そういう人は見学をしたいという。
でも、グロスマン・アカデミーには見学はない。
そういう人は、学校を見ないと不安になるという。
自分の子供のために学校を見学したいと言う。

そういう人の頭の中はどうなっているのだろう。
何をどういう風に勉強するのかを見て、自分の考えと同じか知りたいのかな。
それとも、自分の子供に入るか、入らないか決めさせたいのかな。

グロスマン・アカデミーは天才を育てる学校だ。
天才は見学なしで、どの学校にも入る強い意志があるものだ。
つまり、見学をしないと入れない人たちは、天才にはなれない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

February 12th, 2018 at 7:46 pm (PDT)