グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for August, 2016

【生徒作品】清水亮翔 11歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 11歳

「江戸に戻ろう?日本には過去の方がいいと思う時があるの?」

 江戸に戻る方が良いのか、それともこのままでいた方が良いのだろうか。

 確かに、江戸時代には素晴らしい天才たちがいた。例えば、松尾芭蕉や井原西鶴。松尾芭蕉は、俳句を芸術的に完成した人であり、天才である。井原西鶴は、大阪の浮世の作家であり俳人でもあった。彼だけではない。他にも、近松門左衛門や渓斎英泉もいる。
このように、江戸時代にはたくさんの天才たちがいた。だから、江戸時代に戻って、また天才たちを増やせばよいのかもしれない。

 しかし、現在でもいろいろな天才たちはいる。例えば、梶田隆章、中村修二や山中伸弥。梶田さんは、ニュートリノを発見した人であり、中村さんは、青色のLEDを発見した人で、山中さんは、iPS細胞を開発した人である。この3人のように、現在でも天才たちはいる。

 しかしながら、「江戸時代になれば、いい」と言っている嵐山光三郎は、今の日本の経済は落ちていて、格差社会が広まっていると語っているが、ぼくはそう思わない。

 嵐山光三郎は、1942年に生まれた。つまり、第二次世界大戦が終わる3年前に生まれた。日本が戦争に負けてから、急激に日本は経済成長していった。50年間続けて成長していった。つまり、彼は日本が成長するのが当たり前だと思っている。

 今日本は戦後のような成長はせずに、一定の位置を保っている。すると彼は、今日本の経済は下がっているという。しかし、本当は50年間続けて成長するのはどの国を見ても、ありえないことである。

 しかも、もし江戸時代に戻ってしまうと、敵討ちが戻ってしまう。敵討ちは、江戸時代にあったもので、もしルールに従えば、友達や家族の1人に何か仕返しをしても良いというものである。ところが、もし敵討ちが続いてしまうと、やったらやり返すという考えが増え、日本でまた戦争が起きてしまうかもしれない。

 よってぼくは、再び江戸時代になることは、メリットがあるかもしれないが、このままの方が良いと考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 1:01 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 11歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 11歳

「グロスマンアカデミーに天才を出す場の雰囲気を上手に作るにはどうしたらいいのか」

 京都大学には、天才がたくさんいた時期があった。湯川秀樹、朝永振一郎、桑原武夫や西堀栄三郎たちが団子のように京都大学に集まっていた。その団子の中には、2人のノーベル賞受賞者もいる。

 このように、京都大学には天才たちがたくさんいて、同時期に2人もノーベル賞受賞者がいた。しかし、どうやって京都大学はこのようなことが出来たのか。考えられるのは、上手にその場の雰囲気が出来ていたからかもしれない。それをぼくたちの学校グロスマンアカデミーにも生かすことができるかもしれない。

 グロスマンアカデミーはグロスマンアカデミーの生徒を天才にする学校である。つまり、グロスマンアカデミーの生徒1人だけが天才になってもダメなのである。皆が天才にならないといけない。これは無理ではない。京都大学のように、天才にする上手な雰囲気を作れば良いのである。

 京都大学のようにするには、まず自分が行動しないといけない。自分がふざけると、他の人が集中できなくなり、天才を作る環境にならなくなってしまう。この次には、他を助けることである。前にも述べたが、自分だけが天才になっても意味がない。皆が天才にならないといけないから、みんなで助け合うしかない。

 もし自分が誰かに何かを教えたら、その教えられた方も自分が知らないことを教えてくれる。そして他にできることは、相手とライバルになることである。自分が他の人とライバルになると、相手に勝つ気持ちが出て、自分もさらに行動できるようになり、そのライバルも行動するようになる。

 よってぼくは、グロスマンアカデミーも京都大学のように上手な雰囲気を作ることができ、それを行うには、自分が果たさないといけないところはやり、ぼくは他を助け合い、ライバルにもなることがあると考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 12:53 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 11歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 11歳

「地球と水」

今の地球の水は
おくりもの
すいせいが
地球にぶつかって
くれたのさ
つまり ぼくたちが
飲んでいるのは
すいせいが地球にぶるかって
ぶちまけたんだ
そしてその水は
ぼくに入り
70%の水になる
つまりぼくは
宇宙の子

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 12:40 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 7歳

「私もげんし、あなたもげんし」

小さすぎて
目には見えないけど
私もあなたも
げんしでできている
水そとさんそ
たんそとちっそのくみあわせ
リン、カリウム
カルシウムもはいってる

私とあなただけじゃない
今朝さいたアサガオも
そのみつをすいにきたハチドリも
バックヤードの石ころも
その下にいるダンゴムシも
それらをてらす太ようも
ぜんぶげんしでできている

だから私とあなたも
みんなげんしの子
アサガオもハチドリも
石もダンゴムシも太ようも
私もあなたも
見えないけれど
つながっているんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 12:33 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 7歳

「つめたくておいしいなつのおやつ わたしのくふう」

わたしがはつめいしたなつのおやつをはっぴょうします。
そのなつのおやつをつくるときにつかうざいりょうは、カルピス 100ccをフリーザーバックにいれたら、ぎゅうにゅうを200ccいれて、すきなフルーツをいれる。わたしのばあいは、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーをいれた。そしてぜんぶフルーツをいれたら、れいとうこの中に3じかんいれる。
そしてれいとうこからとってみると、わたしのばあいピンクいろになっていた。
れいとうこにいれたからこおっているので、ふくろをとじたままで手でモミモミすると、シャーベットみたいになる。
それをたべてみると、つめたくておいしいです。
よってわたしは、モミモミするときもつめたいし、たべるときもつめたいからいっせきにちょうだ。それがわたしのかんがえたくふうだ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 12:29 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 7歳

「私のりょこうものがたり」

このなつ休み、私はかぞくでこくりつこうえんを車でりょこうしました。
ユタ州、アリゾナ州、ネバダ州、カリフォルニア州の7つのこうえんをめぐり、3000マイルもいどうした。
まい日のように日の出を見るために太ようがのぼるまえにおきた。ブライスキャニオンこくりつこうえんでは、ひょうこうが3000メートルちかくもあるので、朝はさむかったけど、太ようがだんだんのぼってゆくにしたがって、山や岩に太ようの光があたってとてもきれいだった。
ひるまは、まいにちトレイルをあるいて、せかいいち長いランドスケープアーチを見たり、ザイオンこくりつこうえんでは、バージン川の中をながれにさからって水ぎをきてあるいた。とちゅう私のトレッキングポールがながされそうになったりしたけど、水もきもちよくてたのしかった。
トレイルはあついし、山のぼりもあってもうこれいじょうあるけないとおもったこともあったけど、そういうときはいつもあきとが私のトレッキングポールを引っぱってたすけてくれた。
トレイルをあるきながらたくさんの今までみたことのないしょくぶつも見つけた。
うちわサボテン、ユッカ、ジョシュアツリーはめずらしくて、すこしもってかえってグロスマン先生に見せたり、じぶんのにわにうえたいとおもったけど、こくりつこうえんのルールでそれはきんしされているからがまんした。こくりつこうえんのしぜんはみんなのものだから、みんなでまもらないといけないからだとおもった。
このなつ休みのりょこうでは、まいにち日の出と日の入りをみて、はじめてみるけしきや、しょくぶつにであえた。車の中ではほんもたくさんよめたし、ニュースたんかもかんがえた。
だから、ことしのなつ休みはとてもいいなつ休みだったとおもう。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 28th, 2016 at 12:18 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 6歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 6歳

「ぼくも原子、あなたも原子」

ぼくは原子で出来ている
グロスマン先生も原子で出来ている
地きゅうも全部原子で出来ている
ぼくの中で一番多い原子はさんそ
地きゅうで一番多い原子もさんそ
じゃあ二番は?
けいそ!

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 27th, 2016 at 11:48 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 6歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 6歳

「つめたくておいしい夏のおやつ。ぼくのくふう。」

 ぼくは八月十日日曜日の昼にブルーベリーのシロップを作った。作り方をしょうかいします。
 さいしょ、なべの中にブルーベリー、さとう、水を100グラムずつ入れた。
 次におなべを火にかけた。さいしょ色が赤っぽくて、それからむらさきのジュースみたいになった。
 火が強いと、あわがわーって上がる。火をよわくすると、ジュッとひくくなる。そのままグツグツさせて少しにる。出来たら火を止めてほっておいた。味見したら、
「おいしい!」
と思った。
 夜、BBQのあとかき氷を食べる時、ぼくの作ったシロップをかけた。あまくておいしかった。でも、ブルーベリーの実のところは、ハナクソみたいな味がしてイマイチ。くだものとかき氷は、合わないと思った。お兄ちゃんとお母さんは、おいしいって言ってた。
 夏は、ぼくのうちはいつもかき氷を食べる。お母さんはお店で買うシロップはすきじゃないけど、お父さんは店からいっぱい買ってくる。でもぼくが作ったやつはお母さんもおいしいって食べるからよかった。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 27th, 2016 at 11:48 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

「学問の楽しさとオリンピック選手のゴールドメダル」

学問の楽しさとは
優しい事はつまらなくて
難しい事が面白いという事だ
そういう教育を僕は受けている
オリンピック選手のゴールドメダルとは
四年間ずっと頑張って頑張って来たあかしで
その結果としてやっとの思いでゲットしたものだ
そうやってオリンピック選手はゴールドメダルを得る
なぜ難しい事をすると学問の楽しさが分かるかはかんたん
あせも涙もいっぱい流して分かった!と思った時が面白いんだ
頑張って難しい問題をやっとの思いで分かって説いた時が面白いんだ
なぜオリンピックでゴールドメダルを取ったらすごくうれしいのかは簡単
あせも涙もいっぱい出してやったぞ!できた!と思った時が一番面白いんだ
頑張って難しい相手をやっとの思いで乗り越えた時がすごくすごく面白いんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 27th, 2016 at 11:48 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

「グロスマンアカデミーに天才を出す場の雰囲気を上手に作るにはどうしたらいいのか」

 京都大学には同窓にすごい人達がいっぱい出た。ノーベル賞もそこから二人出た。それは雰囲気がいいからと言われている。湯川秀樹などもそこに含まれている。上手に場の雰囲気を作ってあげれば才能は伸びる。才能はすでにある。ただその才能を雰囲気でさらに伸ばして、引き出す事が出来るのです。だから無論、グロスマンアカデミーだって雰囲気を作って天才をどんどん出して行く事は可能だと思います。グロスマンアカデミーに天才を出す場の雰囲気を上手に作り、六人で天才になるために、それぞれがまず立ち上がる事が必要だと思います。
 僕は立ち上がって六人で天才になりたいが、それをするずっと前に自分が立ち上がるためにどうすればいいのか考えないといけないと思います。例えば、先週、僕は独立すると言えと言われたけれどもなかなか言わなかった。なぜかというと、僕はまだ独立したくなかったからです。僕はまだ9才だし家を出たくなかった。出ていく自信がなかった。自分で生きられないと思った。僕はたてと言われても立たなかった。独立したくなかった。だけど、独立しないと他の人も支えられない。だから僕はやはり独立するべきだと思う。
 後、美桜さんのお母さんが初めて来て、僕が独立したくないから何も言わない態度を見た時、彼女はあきれて帰って行きました。後でお母さんにそう言われた時、僕は人の考えている事なんか気にしないと言ってましたが、いまはやはりそうではないと思っています。そして僕は友達の考えている事をもちろん気にします。例えば、亮翔は昔に僕にすごくいい事をしてくれた時がある。その時僕は
 「本当にありがとう。」
と亮翔に言ったが、亮翔はかっこよく、
 「それが友達でしょ。」
と言った。僕は亮翔がグロスマンアカデミーに来てすごく良かったと思っている。僕も亮翔に絆で結ばれる「仲間」だと思ってほしい。しかも僕は亮翔が何を考えているのか気にします。
 チームワークも必要です。例えば、追及で僕たちが自分の分野ですごく頭がよくなったとします。自分の分野でけでなく毎週追及を聞く事で一人ではとてもじゃないけど得られない知識を得、六倍頭が良くなる。天才的な頭になる六人が集まるから。コネクションもできるようになってすごい事を発明したりする。チームワークはいつも必要です。チームワークが必要ない時なんてありません。
 このように、僕はグロスマンアカデミーに天才を出す場の雰囲気を上手に作るには、みんなで天才になりたい、みんなが天才になる前に、自分がまず立ち上がる事が必要だと思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 27th, 2016 at 11:48 pm (PDT)