グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for March, 2016

【生徒作品】清水 さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水 さくら 7歳
「芭蕉と新緑」
ばしょうはね
むかしの人だ
会えないね

しんりょくも
1年に
1回しか
見れないよ

どっちも
いつでも
会えなかったり
見えなかったり
するから
うつくしい

でもグロスマンに行くと
ばしょうのがっこうだから
新緑のむこうの
ばしょうに会える氣がする

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 27th, 2016 at 8:35 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

「やまたのおろちとスマホ」

やまたのおろちは
ヘビのおばけ
スマホは
きかいのおばけ
やまたのおろちは
一年に一人むすめを食べる
スマホは
家ぞくの時間を食べる
すさのおのみことを
やまたのおろちをたおして
くしなだひめを
およめさんにもらった
だからぼくは
スマホをたおしたい
そしたら
お父さんがもらえる
お父さんが
ぼくにしゅう中する

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 19th, 2016 at 11:02 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

「なぜ、友だちとあそぶと楽しいの?」

ぼくはニーナが大すきです。
だってニーナはクラスの女の子の中で一ばんかわいいからです。
ぼくにすっごくやさしくしてくれます。
サークルタイムの時、ニーナはぼくのとなりにすわります。
バナナタイムの時は、いつもいっしょにあそびます。
ぼくとニーナの間にオリビアとかアダムが入っても、
ぼくはニーナをぼくのとなりにつれて来ます。
ニーナはかたつむりとかてんとう虫とかだんご虫とかみみずをさがしてあそぶのがすきだから、
ぼくは虫を見つけるお手つだいをします。
ぼくが子犬になってニーナがかいぬしになって、
ぼくが「Woof、Woof!」と言うと、
ニーナとセリーナがえだのおやつスティックをくれます。
ぼくは本当に口に入れるけど、プッってはきます。
ぼくは、他のお友だちとサッカーをすることもあるけど、
ニーナとあそぶのが一番すき。
すきだから、友だちとあそぶと楽しいです。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 19th, 2016 at 11:02 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 5歳

「ひなまつり」

はまぐりが
大きく口を
開ける時
ひなまつりだぞ
ちらしずしの日

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 12th, 2016 at 11:59 pm (PDT)

【生徒作品】清水 亮翔 11歳

without comments

【生徒作品】清水 亮翔 11歳
「1920年にロボットの劇をかいたチャペックの警告がわからない人間病」
 現在世の中では、ロボットやArtificial Intelligent (AI)が進化している。今では、ディープ・ラーニングと言って、AI自身が学習し、自分で判断することが現実になってきている。
 1920年にロボットの劇をかいたチェコの作家がいる。カレル・チャペックである。彼は1920年、つまり第1次世界大戦の後にロボットの警告をかいた。チャッペク氏は、ロボットは精神がなく、最後にはロボットが人間になって、人間はロボットから奴隷にされると書いてある。
 これは本当のことが起きるのかもしれない。なぜなら、今を見てみると、ロボットが人間になると予想できる。例えば、2020年までに今人間が行っている仕事の49%がロボットに置き換えられるようになってしまう可能性がある。それぐらいロボットが人間になる時代までは、遠くはないということがわかる。
 しかし、なぜ現代の人間はこの警告がわからないのだろうか。
もしかしたら、現代人はこの警告のことすら知らないのかもしれない。つまり、本や新聞を読んでいないことがわかってくる。現代人は、ただテレビを見て、ゲームやスマホばかりする。それにより、本を読まなくなり、本の作者が言いたいことがわからないのである。
 2つ目の理由は、人間病にかかっているからこの警告がわからないのである。私たちは自然の研究はうまい。しかしながら、自分が作り出した問題は解決できない。例えば、宗教問題。これは、自分たちが生み出した問題である。人間はこの問題を無視する。これは宗教だけではない。ロボットもそうだ。私たちはただ便利だ、便利だと言って研究している。だから今では、自動運転車も積極的に研究されている。つまり、人間というのは、自分が作り出した問題を解決しないで、別の問題を作る生き物である。
 よってぼくは、ロボットの劇をかいたチャッペクの警告を現代人がわからない理由は、人間病にかかっていて、人間というのは、人間問題を解決しないで、別の問題を作る生き物だからだと考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 12th, 2016 at 9:42 pm (PDT)

【生徒作品】清水 亮翔 11歳

without comments

【生徒作品】清水 亮翔 11歳
「シャクナゲ」
シャクナゲは
つつじとちがう
個性ある
アイデンティティに
春の風かな

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 12th, 2016 at 9:39 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 7歳
「ももの花」
ももの花
アカシアの花と
うらにわで
冬と春とが
つなひきしている

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 12th, 2016 at 9:25 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 7歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 7歳
「トランプ氏」
せつぶんや
トランプこうほに
おにはそと

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

March 7th, 2016 at 9:28 pm (PDT)