グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for August, 2015

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「日本の折り紙は無意識の数学の芸術」

日本人は子供も大人も
だまって
四角形の折る紙を
三角形にして
それからまた次々形を変えて
かぶとを作ったり
つるを千羽も折ったりする
身近にある物を折り紙で再現する
たとえ、ただ説明通りにやっていても
その中には無限の
形の数学がある
その無意識の数学が折り紙です
子供は折り紙で遊びながらわかっちゃう
四角が三角に成る事を。
三角の内角の和はギリシャ人が考えだし
遊びながら真四角の紙で芸術数学を学ぶのが折り紙

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 23rd, 2015 at 11:18 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳
「日本の折り紙は無意識の数学の芸術」
ギリシャ人たちは4角数に夢中で
3角形の内角は180度と証明するのが好きだった
でも日本人は子供の時から折り紙をおる
日本の子供は4角から3角へ紙を折っていく
そして形を作っていく
折り紙をやっている時 算数をやっているとは思わないで
つるを千羽も折ってしまう
日本の庶民は
無意識の数学人だ
子供達は折り紙で数学と科学の
Stemが古典的なアートがつながって
折り紙のあそびから新しい物が生まれる
だから日本の折り紙は無意識の数学の芸術
折り紙は数学だからではなく
形の物理なのだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 23rd, 2015 at 9:26 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
俳句:”The Story of FERDINAND” より
くさの花
子牛の鼻と
ごっつんこ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 23rd, 2015 at 9:24 pm (PDT)

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳

without comments

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳

アイボリーのために象を殺す人間

アイボリーは硬い、白い動物の歯や牙からとった
物である。アイボリーは普通、は象の牙からとりま
す。

昔から、人間は象を殺して、象牙のアイボリーを
取っている。約 5 万の象が毎年殺されています。最 近、オバマ大統領はカリフォルニア州でアイボリー を禁止しています。でも、多くの自然保護活動家は この法律は無視されて、サンフランシスコのチャイ ナタウンなどで、アイボリーの物が売っていると言 っています。

アイボリーは象や他の動物の体の一部であります。
誰かが私たちの歯を取って、芸術を作っているよう
に、私たちは象や他の動物の体を私たちの物にして
いる。

人間は自己中心な物であります。自分が欲しかっ
たら、その物をとるのです。アイボリーも同じ。自
然の中の象を見て、そのアイボリーの美しさを観察
できるのです。でも、人間は自分で持ちたいのです。
自分の手にアイボリーを入れて、美しさをじっと見
たいのです。

このような人間たちが象を殺すのです。自分たち
は自分が欲しいものだけに集中しているのです。他
の生き物の気持ちや他の動物の人生や周りの人の気
持ちは無視であります。だから、アイボリーのため
に大きい、優しい象を殺せるのです。

人間は自己中心です。だからアイボリーを取れる
事が出来るのです。人間として、他の人や動物の気
持ちを観察しないと、私たちはこれから続けてアイ
ボリーを取って、象を殺し続けます。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 20th, 2015 at 9:59 pm (PDT)

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳

without comments

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳
南部陽一郎の科学と AI の科学はどう違うのか?

南部陽一郎さんは自発的対称性の破れの発見で、 2008 年に、ノーベル物理学賞をした、素粒子物理 学者であります。物理学を勉強していた。
AI(Artificial Intelligence)とは日本語で、人工知 能であります。人工知能とは人工的にコンピュータ ーや機械が実現する知能であります。生き物ではな いものが知能を実現する事。コンピューターやソフ トウェアがどのように、知能を実現するかの学問で もあります。

南部陽一郎さんが勉強していた、物理学と人工知
能の学は、二つとも科学であります。でも、ぜんぜ
ん違います。
南部陽一郎さんが勉強していた科学は、ものが作
られている素粒子の勉強です。南部陽一郎さんのよ
うな、物理学者は物が存在している理由を数学で示
している。

例えば、りんごが机に置いてあります。このりん
ごはりんごの果物で作られているけれども、この果
物は何で作られている?素粒子。素粒子とは小さい、
人間の目から見えない粒である。この素粒子はもの
を作っている。でも、この素粒子がある理由はあり
ます。ここで、物理学者の仕事が入ってくる。物理
学者はどうして、素粒子がこのように、りんごを作
っているかを示すのです。数学で示すのです。

りんごではなく、他のもっとも複雑なものを証明
します。例えば、ヒッグス粒子。

人工知能の科学は科学者やテックノロジーの専門
家が勉強している事であります。ロボットは人工知
能の科学の研究で、作られたものであります。
色々な人たちは生き物を使わないで、ロボットを
戦争するときに使う事に賛成しています。戦う事が
出来るロボットが作られたら、人の代わりに戦う事
が出来る。たくさんの人生が助かります。
ロボットを戦争のために使うと、デザインして、
作ってから、安く大量生産する事ができます。
でも、この事に危険性があります。最大な軍事力
やテロリストや独裁者の手に入ったら、世界一にな
る事ができます。

だから、人工知能は便利で、使いやすい。けれど
も、一つの間違えで、世界を変える事ができるので
す。人間をコントロールする事もできるかもしれま
せん。

南部陽一郎さんの科学と人工知能の科学を説明し て、ぜんぜん違っているとわかります。南部陽一郎 さんは物理学を勉強しているので、物がどうやって 作られているかを説明しているのです。でも、人 工知能の科学は人工知能を使って、物を作ろうと している。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 20th, 2015 at 9:58 pm (PDT)

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳

without comments

【生徒作品】 趙 恵美里 12歳
古事記の国の始まりと、聖書の国の始まりは神様の数からして違う

古事記の物語
日本の国の始まりは
3人の神で始まった
アメノミナカヌシ神
世界の中心と
色々な物を作る
高御産巣日神と神産巣日神

天と地のくべつはない
油が水の上に浮かんでいるように
地があり
男神の伊邪那岐神

女神の伊邪那美神
二人で、天ヌボコを使い
油を固まって
地を作った
男神と女神は
二人、結婚して
赤ん坊を生み
ヒルコで捨てられた
でも、結婚式をやり直し
男神が最初に話したら

日本の島の神を生んだ
全部で7島であり
日本を作った
それから35人の神が生まれ
川の神、
農業の神、
風の神、などみんな生まれ
最後の神は火の神
伊邪那美の女神は
火傷をして
黄泉の国へ行った

悲しい男神は 火の神の首を切り
全部で 16 人の神が 生まれた

でも、妻を会いたくて、
女神の後に黄泉の国へ行った

日本の神は
全部で56人
古事記は日本の神が
みんなで日本を作った
ボスがいて
命令をしながら
下の神はその事をやった

でも、聖書の国の始まりは
ぜんぜん違います
神は一人
一人で
6日間で国を作った

1 日目は 天と地を作った 光も作った そして、光を闇から分けた 光を日と呼び、闇を夜と呼び 水を分けて、天空を作った 天と呼んだ

2日目は
水の下から土地を作った
土地を地と呼び
水を海とよび
地が草地を生えるように
種を生む草を生えるように
果物を生む木を生えるようにと
命令した

3日目は
天が地の上に
光を照らすように命令した
太陽と月も作り
天におきました
光をおさめる太陽と
闇をおさめる月と星

4 日目は 水から動く生き物を作った クジラや飛べる生き物を 作った 子供を産めるようにと
言いました

5日目は
地から動く生き物を作った
神のイメージで
人間も作った
男と女を作った
人間に食べ物をあげて
他の生き物の上だと言いました

6日目は
作り上げた物を
見て
7日目には働き終わりました

神が作ったエデンの園から
人間が追い出された
話しが続く
善と悪の区別がわかる知能の木の実を
食べた
女、Eve
男、Adam
蛇に騙されて
裸だという事を
わかり
女は子供を生むときに
痛さをあげた事
男はエデンの園に
すめなくなった事
蛇はお腹の上しか
動けなくなった事
全部神の命令

神一人で
国作った
自分がやりたかった
良いと思った事をした
この国の人生は
一人の神が作った
神がなくなると
国も無くなる

でも、日本の神は
一人なくなっても
火の神の首を切ったように
もっと神が生まれる
一人だけの神は
自分だけが王であった
妻もない
王様でした

日本は違って
えらい神はいるけれども
神は全部で56人
みんなは人間の上を納めていた
民主主義である

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 20th, 2015 at 9:55 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「人類の学問は殺し合いのためだったのか。」

人間は
敵を殺すため
石ころを
投げる事から始めた
火薬も発明し
銃も使い始め
素粒子の学問から
原子爆弾を作った
人類の学問は
人類の殺し合いのためではないはず
アメリカとヨーロッパの学者は
いったいぜんたい何をしていたんだ
僕達天才は
地球をもっと良い所に出来る
日本はアメリカに原爆を落とされて
原爆がどんなに危険なものか
知っている
だからこそ日本人だけが
学問の本当の目的を知っている
僕達、未来の日本の天才学者が
これからの世界を引っ張って行く

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 15th, 2015 at 9:40 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「ペルー人は太古の日本人か」

 ペルー人は太古の日本人だと思います。ペルー人は海藻を食べ、もうこはんもあるし、背中に子供をおぶいます。
 海藻を食べる国は非常に少ない。世界各地の場所で海藻が好きかどうか聞くと、「NO」という返事が多いですが、ペルーとチリの人達は、食べる。もちろん日本人も食べます。ペルー人は、海抜四千メートル以上の高原から長い時間をかけ、くろうしながら下まで行き、海に行って海藻を取ったら、また山を登ります。海藻は色々な物に使えます。食料にも出来るし、物々交換にも使えるし、なんと、神の儀礼にも使っているようです!そしてその神は二人いて、二人とも女性です。大地の神は、バチャママと言い、いつも海の神のママコチャといっしょに現れる。
 ぼくは今までもうこはんはアジア人にしかないと思っていたけど、ペルーやチリ人ももうこはんがあります。もうこはんと言うのはおしりにある、青いあざのような物。子供の時にある人もいる。実際、僕も子供のとき、もうこはんがありました。だけど今はありません。慧大はまだあります。
 次に女性が子供をおぶう習慣はペルーや、チリや、エクアドルや、コロンビアや、メキシコや、北米にもあります。
 この三つでぼくは予想できることがあります。ペルーやチリは太平洋に面していて、向こう側が日本です。だから、昔、もしかしたら日本とつながっていて、分かれてしまったのかもしれないと思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 15th, 2015 at 9:39 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「今年の夏はぼくをどう変えたか」

この夏、ぼくは、色々な事が出来るようになりました。
 目玉焼きが出来るようになりました。お母さんやお父さんがいそがしい時でも朝ご飯の用意が出来ます。しかも今までこわかった火がこわくなくなり、家族のほほえみがぼくの一番好きな言葉を当てはめた:愛。だけどちょっと、だけどちょっと、やけどをする事があります。だけど、何も言わず、気にせずに続けます。ぼくはいたくもかゆくもありません。一週間に約3回やけどします。フライパンのハンドルをちがう所と間違えたり、皿に移す時はへらを使うのですが手首がさわっちゃう時や、フライパンのはじを押さえたくなったり、色々です。ぼくは家族の喜ぶ顔を見て、もっと手伝いたいと思いました。
 タイピングも速くなりました。だから自分で表現も出せるようになりました。ぼくは人に頼らなくても生きられる、つまりどくりつ気分です。毎日お昼ご飯の後、30分から一時間、練習し、時間をはかります。タイピングゲームをする事もあります。
 マウンテンバイクも面白かったです。自転車の本当の目的を知りました。バイクは車と同じトランスポーテーションです。自転車はそれにも使えるけど、自然を楽しむスポーツでもあります。オートバイはそれが出来ません。自転車がどうしてオートバイよりいいのかが分かりました。ところで、3ヶ所も自転車のパーツがこわれました。楽しみすぎだとお父さんにわらわれました。
 それから、ぼくは、ナポレオンの伝記とフランスかくめいの本を読みました。読み始めたきっかけは、ナポレオンとウェリングトンのプレゼンをやった事で興味を持ったからです。ナポレオンは算数や本読みに熱中しました。冬に子供たちが雪合戦をしている時、ナポレオンは初めて指揮官になりました。のちにナポレオンはヨーロッパのこうていにまでなりました。これから砲兵隊の時代となるからその砲兵隊の指揮官になるのがかれのゆめでした。かれは地理、歴史、文学、天文学、考古学、動植物学、馬術、インドやエジプト、イスラム教などの本をたくさん読んで夢をかなえました。このようにぼくも、もっともっと本を読んで知識を増やしたいです。ぼくもナポレオンみたいになりたいです。
 『ご近所のムシが面白い』もいっぱい読みました。4人そろった時に車の中で読んであげるのが一番好きです。慧大やお母さんの質問を聞いたり、お父さんのけいけんを聞いたり出来るからです。この本は本当に面白いからどんどん読んでいきたいです。
 一生に一度しかない、忘れられない8才の夏でした。ぼくはこれで今年の目的がやりとげられました。そして、それは、今年の夏はサイコーの夏にするぞ!というせんげんだったのです。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 8th, 2015 at 11:06 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

春雨に
水素かんじる
やわらかく

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 7th, 2015 at 11:58 pm (PDT)