グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for July, 2015

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
「カブトムシとカラオケ」
カブトムシ、木のみつのんで
カラオケするよ
かぜがふいて
はっぱにのりながら
カラオケしたよ
カブトムシとんじゃった
もういっぴきのカブトムシが
たすけてくれたよ
こんどは、いっしょに
カラオケしたよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:18 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
「素数の7がいっていること」
7はいろんなところにあるんだよ
たとえばにじのいろ
あか、オレンジ、きいろ、みどり、みずいろ、あお、むらさき
ナナホシテントウのはねのもようが7こある
はいくとかにも7がないときれいじゃないよ
あとは、わたしがしっているどうぶつえんにいるどうぶつが7ひきいたよ
それは、キリン、カンガルー、あらいぐま、とら、ライオン、パンダ、コアラ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:14 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
「ガウス」
なつやすみ
ガウスとわたし
しりたがり

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:09 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
「からす」
からすの子
きょうだいなかよく
おやをまつ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:08 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳
「お母さんのお腹の中で赤ん坊が10ヶ月と10日聞いているものは何」
 三木成夫 『胎児の世界 ―人類の生命記憶-』、中公新書、1983年、211~213頁 によれば、赤ん坊がおなかにいる時でも何かが聞こえているという。
 お母さんの卵子(らんし)とお父さんの精子(せいし)が授精(じゅせい)すると受精卵(じゅせいらん)が出来て、細胞分裂をおこなう。その後、およそ10ヶ月と10日後に生まれる。その10ヶ月と10日の間にお母さんのお腹の中で成長しながら何を聞いているのか。
 聞いているのは、海の波のような心臓の鼓動や血流。それは、命の波。お母さんがいないとぼくは生まれないように、もし海がなければ生物が存在しなかった。
 赤ん坊が生まれる時、潮の満ち引きと関係がある。もし満月だと生まれる赤ん坊が多い。
 そしてぼくも本当の出産予定日は、10月6日だったが、1週間以上たっても生まれるけはいがなく、母は陣痛(じんつう)促進剤(そくしんざい)を点滴したが生まれなかったので、10月15日になって、お医者さんが母のおなかをきって生まれた。もしかしたら、ぼくは満月を待っていたかもしれない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:07 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳
「卒業式」
卒業は
傷いっぱいで
いたいよね

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 5th, 2015 at 4:01 pm (PDT)