グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for April, 2015

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳

「When did we arrive ?」

「むかし」ではない
「むかしむかし」でもない
When did we arrive ?は
ビックバンが起きたのが
地球ができたのが
人間の誕生をarriveにした

だいたい「むかしむかし」は約2千年前
ビックバンが起きたのは約137億年前
千と億の違いは一万倍
「むかしむかし」だとほんの少ししか想像がはたらかない
でもWhen did we arriveだとarriveが
はっきりとした時間を引き出すのだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 26th, 2015 at 2:57 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳

「不老不死を人間の理想にしてそれが実現した時、人類は不幸から開放されるのか」

ファイナンシャルタイムズの記事「”We’re going to overcome ageing”」を読みました。
Kurzweilは、健康で長生き出来るため一日100個サプリメントを飲んでいる。Kurzweilは、一日数千ドルかけて家族いっしょに飲んでいる。最近、シリコンバレーは不老不死(ふろうふし)人間発明の基地になっています。
不老不死を人間の理想にしてそれが実現した時、人類は不幸から解放されるのかと考えてみました。
ずっと生きていると、きりがなくなってしまう。サクラで言うと例えば、サクラは日本では4月にしか咲きません。もしずっと1月から12月まで一年中さいてあったら、当たり前になって、みんなが見にこなくなってしまいます。これは、4月にしか咲かないから美しいのです。
人間で言うと、もしずっと生きていると、ただ人口が増えてくるだけです。人間は、次の世代の人たちにバトンタッチのようにいしなければ進化も出来ないし、ただ人口が増えてくるだけです。
よってぼくは、不老不死を人間の理想にしてそれが実現した時、人類は不幸から解放されないと考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 26th, 2015 at 2:53 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳

「ペンギンと氷」

キンダーガーテンで
Emperor Penguin (こうていペンギン)について
べんきょうしたよ

こうていペンギンのママは
たまごをひとつだけうむんだ
ママはそこからたびにでる
ぼくたちのえさをとりにね
そのあいだパパがたまごをあたためる

氷の上で2ヶ月いじょうも
ふぶきにふかれながら
えさもたべずに
たまごがこおらないように
ずっと氷の上にたちつづける

2ヶ月ご、ぼくたちが
パパのおなかからでてきて
パパをみあげると
パパはげっそりしている

氷のせかいでは
まいにちこんなたたかいがあるんだ
氷にまけないパパの心
氷はつめたいけれど
パパはあたたかいんだな

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 26th, 2015 at 2:48 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳
「ドローンが羊飼いに使われて、失う物はなにか」

ドローンが、羊飼いに使われるのはいいことだろうか。
確かに、そのドローンは$500で買えて、便利だ。えさもいらないし、電池で動きリモートでそうさできる。ゴーグルをかけると、ドローンが撮影している物を見る事も出来る。ニュージーランドに住んでいるThomsonさんも約1000頭の羊を移動させるのに、自家製のドローンが一番早いと言っている。
オーストラリアやアイルランドのハイテクのファーマーまでもが、キャウボーイと牧羊犬のかわりにドローンを使い始めている。
しかし、ドローンを羊飼いにしてしまうと、世界で最も古い仕事の一つだった羊飼いの仕事の歴史がなくなってしまう。古代ローマ時代の詩人は、犬の事を『The shepherd’s dangerous friend』だと呼んだ。人類は、何世紀にもわたって犬を家畜のガードや集め役として飼って増やしてきた。「shepherd」には、牧師、指導者、保護者、キリストの意味も含まれる。イスラム教の創始者モハメッドも羊飼いだった。羊飼いが、ドローンに代わると言う事は、キリストがロボットになると言う事です。キリストがロボットになると言う事は、キリストは心がなくなると言う事です。
よってぼくは、ドローンが羊飼いになるのは、だめだと考える。羊飼いの文化や歴史、昔の羊と人間との関係を支えた心が失われてしまうかもしれません。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 20th, 2015 at 9:15 pm (PDT)

【生徒作品】清水亮翔 10歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 10歳
短歌 「美しいもの」
数学の
定理や数列
美しい
答えがピット
簡単に出る

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 20th, 2015 at 9:06 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
短歌 「新学期」
4月から
1年生に
なりました
きょうかしょもらい
ワクワクきぶん

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 20th, 2015 at 9:04 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
短歌 「さくら」
わたしはね
カリフォルニアで
さくさくら
ここでさかせる
わたしの花を

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 20th, 2015 at 9:04 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 6歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 6歳
俳句 「3」
おだんごが
ならんでいるのが
3の字だ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 20th, 2015 at 8:56 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「新学期」

新学期
春の四月に
始まるよ
五年生にさ
ぼくはなったよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 18th, 2015 at 10:45 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 8歳

「さくら」

合唱で
春に歌うよ
桜さく
人が集まり
ちとはずかしい

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

April 18th, 2015 at 10:37 pm (PDT)