グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for September, 2014

【生徒作品】 マックニャーニ 太羅 13歳

without comments

【生徒作品】 マックニャーニ 太羅 13歳

「地球上で起こるすべての現象は、連鎖反応の結果かもしれない」。という仮説を証明しなさい。
マックニャーニ 太羅

地球上で起こるすべての出来事や現象、発生は連鎖反応の結果である。ドクタースースはこの仮説を絵本にして、われわれに面白い考えを与えてくれた。「How Officer Pat Saved the Whole Town」のお話では、ドクタースースは、かにさされて悲鳴を出すような小さな問題は、町全部を滅ぶ大変な問題になれることを見事に書いた。もちろん、問題であろうが、喜びであろうが、この世に存在するものや考えすべてはオリジナルではない。

オリジナルではない?それはどういう意味なのだ?つまり、われわれ人間と、このように存在するものすべては発明者ではなく、革新者なのである。発明者と革新者の違いとは、発明者はオリジナルを作れるものであり、革新者はオリジナルのものを取って、そのオリジナルをもっとよくするものである。

オリジナルというものはない?そんなばかな。では、こう考えてみよう。人間の世界では、すべてのものはアイデアで作られている。でも、人間の頭の中にあるアイデアは自分が作ったものではない。そのアイデアは、もう存在しているものを見て観察し、ちょっと変えて、自分のだとごまかしているものなのだ。ダ・ヴィンチはこの仮説を証明するいい例である。ダ・ヴィンチは自然と外のものを観察し、その観察から人間らしい、天才のようなアイデアを作った人だ。

人間が作ったものだけではなく、生き物すべてもオリジナルのコピーである。われわれすべてはオリジナルの革新なのだ。もともと進化とは何なのだ?進化とは生き物をもっとよくするためのプロセスである。

さて、この話のどこが連鎖反応と関係するのか?連鎖反応の最初にはオリジナルが必要なのではないか?そのとおり。われわれにはさっぱり知らない、地球の始まりというものがある。たくさんの人々はこの地球と宇宙の始まりを「神」となのっている。神、そして神だけがオリジナルなのだ。この宇宙のすべては神の一部、神のコピーだといっても間違ってはいない。つまり、過去、今、と未来のものは、宇宙の始まり、いわゆる神が起こした連鎖反応の結果なのだ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2014 at 10:21 pm (PDT)

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳

小論
会社は再生しないと死ぬ。なぜか。
府川耕大

今世界的なブランドを含み、沢山の企業が死に始めている。世界中誰でも知っているマクドナルドやコカコーラも、倒産の危機を感じている。時代が変わるごとに、消費者も変わり、彼らの求める商品なども変わる。数十年前にはマクドナルドの様なファストフードチェーン店は、値段の手頃さなどにより、とても人気であった。健康に悪いという事実は無視され、人々はファストフード店で食べ物を注文し続けた。けど今になって、ファストフードチェーン店への考え方も変わっている。ファストフードチェーン店の食べ物を健康に悪いと世界中に広がり、ファストフードチェーンは悪いイメージを持ち始めた。その結果マクドナルドなどのファストフードチェーン店へ訪れる客の数は減り、企業の利益も下がり始めた。コカコーラも同のように、社会がコカコーラのようなソフトドリンクは健康に悪いと広めた結果、ソフトドリンクの消費量も減り、全体的にソフトドリンク企業の利益も下がった。

時代が常に変わり、消費者の求めている物も変わる結果、企業もその変化に対応して合わせなければいけない。富士フィルムのように、会社は長年生き残るには、常に再生しなければいけない。会社名にフィルムと書いてあるように、80年前に富士フィルムは写真フィルム会社として始まった。けれどこの80年の間に技術は進化し、デジタルカメラなども開発された。もし富士フィルムは会社名のように、写真フィルム会社のみとして営業したら、もうすでに死んでいるだろう。時代の変化により、カメラもデジタル化した時に、富士フィルムはその状況に対応しデジタルカメラの開発に力を入れた。21世紀に入ると、富士フィルムはカメラ以外にも化粧品や薬品への市場にも飛びついた。マクドナルドやコカコーラのように、時代が変化していても、会社自身は変化しないような会社は絶対いつか死ぬ。会社は生き残るには、富士フィルムのように常に変化している時代に対応して、再生しないといけない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2014 at 10:18 pm (PDT)

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳


家畜の哀れな一生とその肉を食べる人間と人間が何もしなくなる時代
府川耕大

人間の目からは
家畜の
大きさ
太さ
重さしか
見る事が出来ない
家畜に対しての
不道徳な行動は見れなくて
最終的の
肉だけを気にする
悪人だ

生活の楽のため
便利な機能が増え
世の仕事全てを
自分の代わりにやってくれる

自分の得だけを考える
21世紀の人間は
自己中の道へ進んでいる

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2014 at 10:17 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 彩乃 10歳

without comments

【生徒作品】  村上 彩乃 10歳

小論(世界中で起こるすべての現象は、連鎖反応{chain reaction}の結果かもしれない)
村上彩乃

私はドクタースースが書いたHow Officer Pat Saved the Whole Townを読んで連鎖反応とはどのように動くのかを知りました。連鎖反応とは一つの小さい事が他のことにつながって大きくなると言う事です。連想反応は大きくなり、もっと大きくなるのです。
私は、宗教も連鎖反応でできていると思います。なぜなら、最初にだれかが神のことを信じて他の人へ伝える。すると沢山の人が信じるようになって宗教が広まると言う事だと思います。

私が起こした連鎖反応は、現地校で折り紙でいろいろなものを作っていたら、数人のクラスメイトに折り紙を渡されて、「ばらを作って」や「亀を作って」など言われました。私は早くきれいに作ろうとしたけど、時間がなかったので家に14枚持って帰り、全部作りました。その次の日に、完成した折り紙を渡したら、私のクラスメイトの8人は学校の図書館に行って自分で折り紙の本を読んで頑張って作っていました。その日から折り紙がクラスで人気になりました。
連鎖反応は基本的に小さい事が大きくなると言う事です。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 18th, 2014 at 8:10 pm (PDT)

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳

without comments

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳
エッセー

「字のないはがき」を読むとなぜ涙が出るのか
マックニャーニ 花

「字のないはがき」の最後の所を読むと、涙が出ました。「字のないはがき」は終戦の時の話です。

この話の中の女の子は向田邦子です。この、向田邦子の父親は、家の中では暴君でもしたが、反面テレ性で自分の気持ちを素直に洗わせない人でもありました。家では、妹や母にも激しく怒ったり、叩いたりもしましたが、手紙の中では、理想的な父親を演じていたようでした。戦争の間に、向田邦子の妹達は田舎の方へ疎開していました。一番年上の向田邦子だけは両親と一緒に家にのこっていました。一番年下の小学校一年の妹が田舎へ行く前に、父親は、たくさんの(父親の宛名が書いてある)葉書をあげ、元気だったら丸を書きなさい、と言いました。これは、父親が年下の妹を心配していたからです。妹が行った最初の日には、大きい、赤い丸の葉書が届きました。けれども、次の日には、小さい丸とばつが書いてありました。妹は寂しくなったのです。そのうちに、手紙が来なくなるようになりました。心配したお母さんは、妹の様子を見に行きました。すると、小さい妹は、百日咳にかかっていて、頭はシラミだらけで一人で寝かせられていました。だれも、妹を助けていなかったのです。妹が帰ってくる日、家の中には、妹に元気を出させるために、庭で育てていたカボチャをいっぱいならべて待ちました。痩せてますます小さくなった妹がかえって来たとたん、その厳しいはずの父親が裸足で庭に飛び出して、妹を抱きしめながら大声で泣きました。この所で私は涙がでました。

父親は家の中ではいつも暴君で厳しい人だったみたいです。けれでも、家族から離れて住んでいる娘達の事はいつも心配しているようです。とくに、一番年下の妹がひどい病気にかかって、帰って来た時に、大声をだして泣きながら妹を抱きしめている所に、父親の愛情が感じられました。これは、父親がテレ性で、いつもどんなに娘達の事を心配していたかが見えて、父親がどんなに苦しい思いをしていたのかが分かりました。その父親の深い愛情を理解した時に、私の涙もこぼれました。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 18th, 2014 at 8:07 pm (PDT)

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳

without comments

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳
詩:
家畜の哀れ、肉を食べる人間と人間が何もしなくなる時代
マックニャーニ 花

家畜、
生きても、育っても、
やっぱり家畜。

人は、
生きて、育って、
家畜を食べる。

でも、問題はそこでは、
止まらない
動物の人生は
どこへ行く?

ご飯を食べ、
毎日寝て、
殺される
だけ。

哀れな家畜の人生
動物の奪われた人生
肉を食べる人間は、
気づかない、
考えない。

哀れな動物、
お気楽な人間
殺される家畜、
お気楽な人間。

人間は、
気づかない、
肉を食べる人間は
見えない。
哀れな家畜がいることを
哀れな人生があることを。

動物の人生は
どこへ行く?

気づかない人間は、
自己駆動車を作り、
自分の人生のため、
楽するため。

そして忘れる家畜の
命、
殺して食べ、
自分の楽をするために、
技術を作る。

怠けて忘れる、
哀れな家畜がいる事を
哀れな人生がある事を。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 18th, 2014 at 8:06 pm (PDT)

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳

エッセー
「字の無いはがき」を読むと涙が出る。なぜか。
府川 耕大

自分の感情を表現するには、口から出さなければいけないと言う人が多い。けれど言葉から表現しなければ、相手に伝わらないという考えは思い違いである。言葉で感情を上手に表現する事が出来ない人は、決して感情を表す事が出来ない訳では無い。言葉は使わないと直接に相手に伝わらないかもしれないが、文字を使って感情を伝えることも出来る。
向田邦子がまだ家族と一緒に暮らしていた時、彼女の父親は一切愛情や尊敬を表さなかった。けれど彼女が学校のため家を離れて、父親とはがきを通して言葉でつながる事になって後、彼らの間に良い関係が生み出された。彼女の妹も同じように、父親とはがきを通して思いを通じた。妹の場合は言葉でも文字でも感情を表現する事が出来なかったから、代わりに単なるばつとまるで表現した。はがきに現れるのはただの線に見えるかもしれないが、その線には深い意味を持つ。その時の感情により線の太さや大きさも変わり、その線から妹の思いが伝わる。外からは単なる線としか見えないかもしれないが、本当は深い意味を持つ、妹の感情の線である。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 18th, 2014 at 8:04 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳

without comments

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳
エッセー「この秋にやる事が有る」
マックニアニー 花

私は、この秋から六年生になりました。現地校では小学生ではなく、中学生です。だから、私は小学生の時よりも、もっと努力して勉強しなくてはいけません。

でも、グロスマンアカデミーでは、私はもう10歳の時から中学生でした。その間、勉強も宿題も大変でしたが、私はまだ中高生から落ちていません。この秋にやる事は、漢字をもっと学び、漢文の意味も理解できるように成りたいのです。私は、昨日、9/6にグロスマン先生に授業料の小切手をわたす時、約束しました。私とタイラーは今月もがんばって勉強するという事を。。。そして、「よろしくお願いします!」と言いました。私はこの秋こそ、グロスマン先生の期待にそって、がんばって行きます。

もっと漢字を学んで、漢文を理解するには、国語と漢文の時間にふざけないで、ちゃんと聞いて読む事に集中しなければいけません。だから、私は来週から、きちんと、グロスマン先生が言っている事を聞いて、ノートもとって、目標を到達ためにがんばります。

私はこの秋にやる事は、漢字をもっと学んで、漢文の意味ももっと理解できるようにがんばる事です。絶対に努力して、目標を到達です!

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:43 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳

without comments

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳
短歌集
九月:
秋がくる
学校始まる
忙しい
休みは終わる
新しい日々

季節は変わる:
葉は落ちる
風が冷たい
良い気持ち
景色は変わる
芝から空まで

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:42 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 太羅 ◆ 13歳

without comments

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 太羅 ◆ 13歳
短歌集

九月:
九月の日
僕変わらない
世は変わる
葉っぱは黄色
僕まだ緑

季節は変わる:
夏休み
九時まで遊ぶ
夜はまだ
すると気づけば
七時はもう夜

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:40 pm (PDT)