グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for April, 2012

エッセー 「ぼくが大きくなったら」

without comments


絵画
古池や蛙飛び込む水の音
中山 泰汰



エッセー
ぼくが大きくなったら
中山 泰汰


 ぼくは、大きくなったら、ロケットをじぶんでつくって、それにのってうちゅうにいきたいです。おとうさんが、それなら、すうがく、ぶつり、にんげんこうがくなどをべんきょうしたらいいねとおしえてくれました。ぼくはがんばるぞとおもいました。そしたら、おかあさんがしんでおほしさまになっても、むかえにいけるもん!

電子版投稿者: T.Sasajima

April 22nd, 2012 at 10:08 pm (PDT)

詩 「桜と僕」

without comments



桜と僕
小泉友貴哉


僕と桜には
共通点があるようだ
私は人間
皆を喜ばせたら
散ってゆきたい
桜も
美しく咲いて
皆を喜ばせて
散ってゆくではないか。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 14th, 2012 at 10:31 am (PDT)

エッセイ 「三月二十五日の日記」

without comments


エッセイ
三月二十五日の日記
趙 恵美里


 三月二十五日の一時から五時までバレエの勉強会がありました。その勉強会の先生は、サンホゼバレエの先生で、彼は子供のときロシアからアメリカに来たそうです。その先生は男性で、ロシア人のアクセントがありました。

 バレエの勉強会では回転する事をおもにまなびました。その勉強会には、私のバレエのクラスからだけでなく、他のバレエ学校からもきました。他のバレエ学校の生徒の一人が、私と、私の友達は、6歳かと聞きました。私が他の生徒たちと比べると、小さかったから、めだったのです。

 ロシア人の先生はその勉強会で、どんな時でも、私を、先頭にしました。わたしは、どうしてなのか、わかりませんでした。

 次の日に、この勉強会に一緒に行ったお友達は、先生が、私を、一番気入っていたといいました。そのお友達はロシア人の先生は私のことを一番好きだったみたいと、私の先生にいいました。その事を聞いていた、別のともだちが、『よかったね』といいました。

 私が、勉強会に一緒に行った友達に『どうして、ロシア人の先生は、私のことを好きだったとおもうの』ときいたら、彼女は、『あなたはかわいいし、体も柔らかいからよ』と答えました。

 私は、この勉強会の先生を、ありがたい人だとおもいました。私はそんなに立派でもないのに、先生は私を気に入ってくれたからです。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 9th, 2012 at 10:58 am (PDT)

エッセイ 「学校に着くまでの道」

without comments


エッセイ
学校に着くまでの道
趙 恵美里
              

 私の家から学校は近いと思います。グロスマンアカデミーからくらべたら、十五分ちがいます。車で、十分から十五分かかります。

 車に乗っている間にいろんなおもしろいものを見ます。私が書いた地図で、緑色の星ところは洗車場です。洗車場の芝生で毎日あひるが遊んでいます。私は毎日このあひるを観察します。そして、ある日私があひるの観察を本に作ったら、みんなが読むかな。

 地図で、青い色の星が書いているところはお父さんの歯科医院です。時々、弟たちと歯科医院で遊びます。そして、お父さんは笑って、「歯医者さんになりたいね」といいます。

 私の学校のはキャンベル市にあります。でも、私はサンノゼ市に住んでいます。地図のハミルトンアベニューはキャンベル市の境界線です。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 8th, 2012 at 10:56 am (PDT)

小論 「Michael Woodfordは正しかったのか?」

without comments


小論
Michael Woodfordは正しかったのか?
小泉 友貴哉


 つい最近、オリンパスの元社長マイケルウッドフォードが会社の巨大とその隠蔽すっぱぬいた。株主や世間に対して、利益が出ている、など真っ赤な嘘を言った。オリンパスは損失をかくし、株を上げていた。このすべてを、明らかにしたのがマイケルウッドフォードでした。そのため、オリンパスの長くつとめていたキクカワツヨシなどの人たちが社長を逮捕した。

 オリンパスはカメラなどの精密機械類を作る会社であり、世界でも良く使われているカメラだ。リーマンンショックまでは利益が出ていたのに、投資で損失のため大金が紙切れになり、損失を取り戻せなかった。
そこに、イギリス人のマイケルウッドフォードさんが社長になった。しかし、この正義のヒーローは隠すのは世間にたいして良くないと思った。そのため、はっきりと世間に損失を明らかにした。オリンパスはこのため、マイケルをクビにした。ヒーローをクビにした。ウッドフォードはオリンパスを良くしようとしたが、ダメだった。

 マイケルウッドフォードはクビになったあと、株主などにサポートを頼んでもう一度オリンパスを立ち直そうとしたが、大きな株主の賛成なく。もう、戻れなかった。マイケルは会社を良くしようとした所、おろされ。しかし、損失を明らかにしたヒーローになった。

 マイケルは正しかった。自分の会社が巨大な損失を隠していたのに、それを明らかにしなかった。そのため、会社のためや世間のため会社の実際の状態を明らかにしたヒーローだった。オリンパスのために頑張ったがクビにされたりして、終わってしまった。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 7th, 2012 at 10:55 am (PDT)