グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for January, 2012

詩 「ぼくのて」

without comments



ぼくのて  
中山泰汰
年齢 5歳

ぼくのてふたつ。
ゆび10ぽん
かんせつはたくさん
えんぴつにぎる
げんこつつくる
ぼくのてはてんさい

電子版投稿者: T.Sasajima

January 30th, 2012 at 10:51 pm (PDT)

Essay “The difference between Japanese and Japanese-American after The Pacific War”

without comments


Essay
The difference between Japanese and Japanese-American after The Pacific War
Noriyuki Tani


The Pacific War between America and Japan started with Japan attacking the Pearl Harbor. In 1954, America dropped the atomic bomb in Hiroshima and Nagasaki, ending the war in the Pacific Ocean. Japan has two special days in remembering this war: the anniversary of the end of World War 2 and Hiroshima and Nagasaki Atomic bomb Memorial Day. The atomic bomb killed thousands of people in Hiroshima and Nagasaki. However, there was an attack that America launched that had as much casualty as Hiroshima and Nagasaki. The Great Tokyo Air Raid had as much casualty as Hiroshima and Nagasaki. The people who were affected by the atomic bomb’s attack have special treatment, while those who were affected by the Air Raid do not. There is no such thing as a memorial day for the Air Raid. However, a person’s name who was put into an internment camp became a memorial day. The reason why the person was able to make a memorial day was because he believed that America was wrong, and the victim of the Air Raid cannot make a memorial day because they are under the influence of “American Imperialism.”

The Great Tokyo Air Raid is infamous compared to Hiroshima and Nagasaki. “It is important to learn Hiroshima and Nagasaki because it showed the world how strong and dangerous an atomic bomb was” is the reason for why Hiroshima and Nagasaki is learned in World history. The Great Tokyo Air Raid is also an important history because it was a 2 hour long bombing, which killed thousands of people. The survivors of the air raid must get the Japanese and American government’s attention, and get more people to recognize the air raid.

“Fred Korematsu Day of Civil Liberties and the Constitution,” named after Fred Korematsu, is a special day. Fred Korematsu was a man who refused to go into the internment camp during World War 2. During the Supreme Court decision of U.S. v Korematsu (1994), the Supreme Court ruled that putting someone into an internment camp was legal. After 39 years, this ruling was overturned, and America paid $20000 to each internment camp survivor. This day, “Fred Korematsu Day,” was established because Mr. Korematsu was persistent and determined to get the right decision.

The survivor of the Great Tokyo Air Raid did not ask for an apology from America. If the survivors demand an apology from America’s government, then a memorial day would possibly be established. When MacArthur came to Japan, the Japanese people did not have any problem with him in Japan. These people were already influenced by the “American Imperialism.” The victim of the air raid must move and act in order to have a memorial day, just like Mr. Korematsu.

電子版投稿者: T.Sasajima

January 30th, 2012 at 6:02 pm (PDT)

小論 「太平洋戦争後の日系人と日本人の違い」

without comments


小論
太平洋戦争後の日系人と日本人の違い
谷 法之


 第二次世界大戦、日本はアメリカのパールハーバーを攻撃し、アメリカとの太平洋戦争を始めた。そして1954年、広島と長崎での原爆投下で太平洋戦争は終わった。戦争から半世紀以上、日本には終戦記念日と原爆記念日がある。しかし、原爆並みに被害を加えたアメリカの攻撃がある。それが東京空襲であり、死者は十万五千人以上と考えられている。その被害者たちは原爆被害者たちと違い特別な扱いは無い。それに対して戦争中アメリカに住んでいた日本人は酷く扱われていた。後にその扱いが間違っていたことが認められ、記念日が出来た。空襲を受けた日本人は特別な「日」を持たないが、日系人は持っている。それは日系人が敵の近くにいたことと、日本人が「アメリカ帝国主義」に負けた事である。

 東京大空襲は原爆並みの被害を出した。しかし、日本では記念日としてない。それだけでなく、世界の歴史の中では「東京大空襲」は無い。広島と長崎の原爆は歴史上あるが、大空襲はない。「広島と長崎は原爆の恐ろしさを主張するために歴史にある」という考え。しかし、二時間という時間で同じぐらいの死者を出した空襲も恐ろしい歴史である。空襲の被害者となった日本人たちは世界、特にアメリカへ怒りを飛ばすべきである。どちらかというと、日本政府にすべて任せているようである。死者の残った骨は家族と一緒の墓に入ることはない。ただ「処理」されたということだけである。この原爆と空襲の扱いの違いはおかしい。

 日系人のフレッド・これまつは戦争中、日本人ということで酷く扱われていた。1944年、US v Korematsuでのアメリカ最高裁判所の判決は「捕虜収容所に日本人を入れることは合法である」であった。この判決から39年後、アメリカはこれまつ氏への酷い扱いを謝罪し、収容所にいた生存者たち一人一人に二万ドルものチェックアメリカは出した。そして2011年、一月三十日を「フレッド・これまつの日」と認定された。これは非人間的扱いを受けたこれまつ氏への日である。このような「日」が出来たのははこれまつ氏がアメリカ政府への強い反発と非道徳を主張したからである。

 東京大空襲の被害を受けた日本人たちはアメリカへの謝罪を求めていない。だから「東京空襲の日」のような記念日は存在しない。被害を受けた家族が日本政府へ、そしてアメリカ政府へ謝罪を要求すれば記念日は作れることになるだろう。マッカーサーが日本に来た時、日本人が強い反発をしなかったのはすでに「アメリカ帝国主義」に支配されていたからである。「アメリカは遠い敵」という考えがあった日本人。アメリカへの反発は無かった。記念日を作るには、これまつ氏のように自分から動かなければいけない。

電子版投稿者: T.Sasajima

January 29th, 2012 at 6:04 pm (PDT)

作文 「どんぐりとちいさいあき」

without comments


作文
どんぐりとちいさいあき
中山泰汰
年齢 5歳


 いまはあきです。さくらのはっぱがあかくなりました。やまからどんぐりくんがおちてきて、いけにぽちゃんとはいってしまいました。どじょうじいちゃんがでてきて、こんにちはといいました。ふたりでいっしょにあそんだけれど、やっぱりおやまにかえりたいなーとどんぐりくんがないたので、どじょうじいちゃんはこまってしまいました。「あ、そうだ! どんぐりくんをなげておやまにかえしちゃおう!」ぴゅーん。どんぐりくんはちょうどさくらのはっぱのうえにおちました。おわり。

電子版投稿者: T.Sasajima

January 23rd, 2012 at 2:38 am (PDT)

俳句 「水素 正月」

without comments

お正月水素と一緒だエネルギー
マックニアーニ 花

お正月水素のみます土の下
趙 恵美里

正月も水素融合日が明ける
篠島 匠人

すいそだよ エネルギーだよ お正月だ
中山たいた

お正月心が軽い水素かな
篠島 結衣

おめでたいお正月で水素飲む
高辻 英利奈

お正月水素をのんで年がくる
マックニアーニ 太羅

お正月水素みたいに大事です
高辻 英松

お正月水素なしだと過ごせない
府川 耕大

正月に水素が出来た宇宙にね
府川 周平

おめでとう すいそをのんで おしょうがつ
趙 アダム

電子版投稿者: T.Sasajima

January 1st, 2012 at 11:57 am (PDT)

Posted in 生徒作品