グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for October, 2010

詩 「AI自動車と遺伝子組み換えの生物」

without comments



AI自動車と遺伝子組み換えの生物
上畠 啓暉


AI自動車と遺伝子組換えの生物

Googleは作ってしまった

自分で動くAI自動車を

カメラとかセンサーいっぱい使って

車が自分で周りを見て

車が自分でどこ行くか判断している

車の中に入っている人たちはされるがまま

どこかに勝手につれてかれるかも

でもそこまで来るまで色々あった

人間にいっぱいいじくられた

色々つけられたりとられたりした

だからこのAI自動車も

遺伝子組換えの生物なのかもしれない

電子版投稿者: T.Sasajima

October 31st, 2010 at 8:41 pm (PDT)

詩 「AI自動車と遺伝子組み換えの生物」

without comments



AI自動車と遺伝子組み換えの生物
府川 耕大


今自動自動車が作られている

遺伝子組み換えの食べ物も作られている

人が運転しなくても動ける

花が働かなくても複製出来る

全部AIなどの人のかわりがやってくれる

未来には農民やタクシー運転手もいらなくなるだろうな

電子版投稿者: T.Sasajima

October 29th, 2010 at 8:42 pm (PDT)

詩 「捨て子と潮の満干」

without comments



捨て子と潮の満干
篠島匠人


月が地球と引き付け合い

その間潮は満ちてゆく

月が地球から離れると

満ちた潮は引いてゆく

捨て子は一度親を失い

その後再び親を得る

ずっと引いてばかりはない

その為にずっと待ってはいけない

自分から動いて潮を作る


誰もが経験している

人生はその繰り返し

まるで潮の満干のように

電子版投稿者: T.Sasajima

October 28th, 2010 at 8:20 pm (PDT)

小論 「サイバー戦争の本当の意味」

without comments


小論
サイバー戦争の本当の意味
谷 法之


 「インターネット」「コンピューター」は今の人類には無くてはならないものになった。情報は紙ではなく、小さなUSBドラブや大きなコンピューターなどに入れることができた。それによって、大量な情報も手持ちサイズになった。昔は元々企業のためだったコンピューターも今は個人個人の物になり、一家に一台はあるという時代になった。インターネットは便利であるが、これは諸刃の剣となる。情報を簡単に見る事が出来る。しかし、第三者が自分の情報を盗むことも簡単である。サイバー戦争は情報を破壊することが可能であるが、サイバー戦争の本当の意味は国を破壊することである。

 最近新しく見つかった「ウィルス」が大きな問題となった。名前はStuxnetで、近年見るウィルスとは違う。それは大企業などのコンピューターに入り、コンピューターをコントロールする。そして、コンピューターが制御しているシステムをコントロール出来るようになる。コンピューターを消してもStuxnetの影響は止まらない。8月に感染したコンピューターは4万5千ほどである。さらに、Stuxnetに感染したコンピューターの六割はイランのコンピューターである。イランの原子炉もStuxnetに感染したことが分かった。

 この「サイバーエピデミック」にアメリカ政府がやっと動き始めた。しかし、それは政府の情報に対する動きであって、民間への対策はまだ行っていない。それは政府の情報以上に大切な情報は無いと政府が考えているからである。国がもっとも恐れることは秘密の情報が洩れることである。「内」から攻撃して、国を壊す、それがサイバーアタックである。先進国のほとんどの国民がコンピューターを持つということを利用した画期的な攻撃法である。

 サイバーアタックの意味は大きく三つ。一つは情報を盗む、または破壊することである。それによって国を内から攻撃することである。物理的のものでないため、軍隊のように大量の人間は必要ない。二つ目は国への影響である。国民のほとんどがコンピューターを持つことによって政府だけではなく国全体を影響できる。三つ目は金があまり必要ないということである。人件費もいらない。また個人個人で行うことができる。

 情報戦争、それは今の時代からの戦いではない。昔は第二次世界大戦。今のサイバー戦争は第二次世界大戦を進化させた、非物理的戦争である。

電子版投稿者: T.Sasajima

October 26th, 2010 at 8:20 pm (PDT)

俳句 アラビア

without comments

アラブ人
油にたかる
蝿が好き
鈴木 健太

アラブ人
暑い夏用
服装が
谷 法之

アラブ人
石油と一緒に
消えて行く
府川 耕大

アラブ人
石油も金も
ガッポリだ
上畠 啓暉

アラブ人
炎の太陽
汗 一トン
マックニアーニ 太羅

日の下で
働くアリは
アラブ人
府川 周平

アラブ人
あつくてたまらない
もっと水
マックニアーニ 花

アラブ人
あついところに
すんでいる
趙 恵美里

アラブ人
装束に隠す
暗殺者
篠島 匠人

アラブ人
あつくてしぬよ
がんばって
木下 杏

アラブ人
地面の上で
料理する
南原 未亜

アラブの油
プラント破壊
サイバーで
南原 セリーナ

アラブ人
アナクロニズムの
王朝だ
カシペ パトリシア

アラブ人
ターバン被り
季節なし
篠島 結衣

アラビア人
メッカを目指して
旅をする
木下 まりの

アラブ人
白いスカート
涼しかった
趙 アダム

電子版投稿者: T.Sasajima

October 25th, 2010 at 8:19 pm (PDT)

Posted in 生徒作品

Essay “The real meaning of cyber war”

without comments


Essay
The real meaning of cyber war
Noriyuki Tani


Humans made a helpful tool, and everyone uses them; Internet for finding information and computer for storing information. Before computer was made, papers were used to store information. Now, a USB drive or a laptop may be used in order to keep information in hand. Computer is mass produced now, and each family would most likely have at least one computer. Information is easy to get because of internet, but it is also a problem. A third party could see the information, hence the “identity thief.” “Cyber war,” an expression used to show a “war” in internet, has the potential of destroying countries, especially those who have advanced industrially.

The recent “virus” found is becoming a huge problem. Stuxnet, its name, is able to control a computer and its system. The “infection” will continue even if the computer is turned off. 45,000 computers have been infected by Stuxnet in August. 60 percent out of 45,000 infected computers are in Iran. Iran’s nuclear reactor, Bushehr, was infected by this recently.

The American government is finally taking action in this problem. However, their concern is only about the government itself, and not private institutions. The most important possession of a country is information, and the government does not want its secret information to be stolen by other countries or other individuals. By taking information, the cyber attacker could attack the country from the inside, which will not require any army or huge amount of people. Cyber attack is the best way of attacking when it comes to countries that have advanced.

There are three meanings to the cyber attack. The first one is that information can be stolen. The information could be an important secret that the government may not want to reveal. The second meaning to a cyber attack is that it could heavily influence the country. Information could be “lost,” making the public enraged about the government. An internal chaos will occur. The third, and most likely the biggest meaning, is that there money is not needed in this whole process. A country’s government may fund for cyber attack, but this could be done by individuals. Experts could make virus that could affect the whole world with their own interest, and it could spread in matter of days.

“Information war” started in World War 2, where decoding codes where important. This “cyber war” is just an evolved version of World War 2’s information war.

電子版投稿者: T.Sasajima

October 23rd, 2010 at 8:18 pm (PDT)

エッセー 「日本の大学が落ちている。学生は何やってんの」

without comments


エッセー
日本の大学が落ちている。学生は何やってんの
谷 法之


 日本の大学は世界に取り残されて行く。去年の大学ランキングで200位以内に入った日本の大学は11大学。今年はその半分の5大学になった。ランキングも去年アジア一位の東京大学は香港大学に一位の座を奪われた。日本の大学の堕落は学生のせいである。

 日本人の内向き志向である。その考えはとても強く、「日本一になれば良い」という考えが日本人の特色となった。そのため、日本人の世界進出はあまり見ない。世界のニュースでも、最近は中国人や韓国人などのニュースを聞く。「日本一」という小さな目標のため、世界との競争に付いていかない、付いていけないというのが現状である。

 そして、日本人は「ブランド」に弱い。例えば、「早稲田」「慶応」「東大」などに入った人をすごい人たちと日本は見る。そして、その人たちは「頭が良い人たち」と決め付けている。しかし、これが当てはまるのはほんの一握りの人たちであり、他の人たちは凡人なみの人たちである。その「凡人」たちはその「ブランド大学」に入った瞬間から勉強を止める人たちである。日本にそういう大学生が多いいため、日本の大学は世界との競争に負ける。

電子版投稿者: T.Sasajima

October 22nd, 2010 at 8:15 pm (PDT)

Essay “The anachronism in North Korea”

with 2 comments


Essay
The anachronism in North Korea
Noriyuki Tani


The current dictator of North Korea, Kim Jong Il, had a stroke in 2008, scaring the people of North Korea. Now, in 2010, a new ruler emerged. Il’s son, Kim Jong Eun, was appointed a general just recently. In addition to his son, he has also appointed his sister, Kim Kyong Hui, a general. The Kim dynasty’s influence in North Korea will continue, but this idea of a dynasty ruling a country is an anachronism.

The idea of one family ruling is extremely old in North Korea. The Lee family ruled Korea from 1388 until Japan colonized it. A government through heredity is undemocratic, and a government ran under tyranny will not help the country to progress because all decisions made will be based on the predecessor and just one person rather than many people. Saudi Arabia and Syria’s government have been run under a family, and because it is under a family, a dictator will be born. Without people’s opinion, a country will not grow. The reason why East Germany is less developed compared to West Germany, even though they combined, is because they still have the old communist regime idea stuck with them. Communism so far in the history had a dictator in the government, so a country under Communism was unable to grow. North Korea is unable to move forward because of the tyrant, Kim family, and Communism.

The heredity of a government is bad. However, China is in favor of this. Looking geographically, China is north of North Korea, and North Korea is north of South Korea. The relation between America and South Korea is good. The relation between America and North Korea, and the relation between America and China are both unfriendly. North Korea and South Korea wants to solve the problem that they have. China, on the other hand, does not want the problem to be solved. If North Korea becomes friendly with South Korea, then North Korea will have the potential to be an ally of America. With Kim family in power, China does not need to worry about America’s influence reaching North Korea.

China, in the future, will be influencing the world’s politics along with the economy. The Senkaku islands problem with Japan is a small but big step for China. North Korea’s heredity government affects North Korea, but also affects the world.

電子版投稿者: T.Sasajima

October 21st, 2010 at 11:22 am (PDT)

Essay “Anachronism of North Korea”

with 2 comments


Essay
Anachronism of North Korea
Hiroki Kamihata


On September 28 of Seoul, Kim Jon Eun, son of King Jon Il, was appointed to the top military post. On the next day, he was also positioned as the country’s new leader. As of this day, his job as the top of North Korea was promised. Until this report was made throughout the world, only two photos of him were used over and over to broadcast news about him. Japanese media didn’t know the format of his name either. Even the Chinese who are known to be having a close relationship between the North Koreans didn’t even know this kind of information.

If we count from Kim Il Son, Kim Jon Eun would be the third generation of the Heritage System. This system might be too old for the time we are in right now. Until the Japanese army colonized Korea, the Lee family was operating the country with the Heritage System. Therefore, Korea has been using the Heritage System for a long time. This system is organized by a family and some of their relatives. Many of them stand at the top of many divisions so they get most of the power. Because they have the power, they try to make everything work so they get the benefit. They only think how they would gain the profit and doesn’t think about how the people of their country gains profit. Therefore, the problems of the citizens wouldn’t be solved. As a result of that, North Korea has problems like lack of food and nuclear weapons. Another example would be the Germans. The East Germans who joined into one with the west are behind as well. So as a result, the heritage system holds back the country from developing.

電子版投稿者: T.Sasajima

October 20th, 2010 at 8:18 am (PDT)

小論 「スウェーデン・アカデミーが世界変革を試みる意図とは」

without comments


小論
スウェーデン・アカデミーが世界変革を試みる意図とは
篠島 匠人


 アルフレッド・ノーベルは遺言にこう残している。「換金可能な私の全財産は…安全な有価証券に投資された資本で持って基金を設立し、その利子は、毎年、その前年に人類のために最大の貢献をした人たちに、賞の形で分配されるものとする。」2010年、その主たる目的は無くなり、人類に貢献したというよりは、世界の国々、社会に対する最大の功労者が受賞されるようになった。ノーベル賞の5部門ははスウェーデン王立アカデミーによって決められている。スウェーデンが世界的な賞の地位を利用し、世界全体をスウェーデンを始めとする西欧社会そのものの理想にあわせようとしていることは明らかだ。

 今年ノーベル文学賞を受賞したのはペルーの小説家、バルガス・リョサ。ニューヨーク・タイムズは彼の受賞報道で、「スウェーデン・アカデミーはリョサ氏への授与を決めたことで、政治的な介入を再び行った」とコメントを残している。リョサ氏は1990年代にペルーの大統領選挙に立候補した経験を持ち、以来ペルーで積極的に活動を繰り返している。ラテンアメリカでは自由といった基本的な問題は解決出来ていないと彼は話す。彼は今回の受賞で再び政治介入を行うことを決意する。その後ろ盾となって幇助するのは、全世界を西欧社会の価値観に統一しようと望むスウェーデンである。こうしてラテンアメリカを西洋的な政治体系に改革しようと試みている。現在のノーベル賞では文学が文学として評価されない。従って他のノーベル賞候補者、例えば村上春樹が文学賞を受賞する機会は失われた。

 今年のノーベル賞自然科学部門はいずれも、基礎研究というよりは基礎「技術」を認められて受賞している。物理学賞は炭素新素材を開発したオランダのアンドレ・ガイム氏、米露のコンスタンチン・ノボセロフ氏に送られ、医学生理学賞はロバート・エドワーズ氏の開発した体外受精・不妊治療の技術が選ばれた。化学賞は有機化合物の合成法を開発した米リチャード・ヘック氏と、日本人の鈴木章、根岸英一両氏に贈られる。それまで、受賞した人の功績は技術開発ではなく、素粒子論の発表や中間子の発見に見られる、理論の研究や新発見を探し当てるなどした純粋科学だった。それはアカデミーの選考基準が後の人類の学術発展や技術にどれほどの影響を与えたかで決められたからだ。今、その基準は人類ではなく世界の国々の経済、社会的な発展に対する貢献となったため、その後の発展が見込まれる基礎科学は重視されなくなっている。世界に与えた影響が、受賞を決定する。自然科学3部門での技術開発による受賞は当然だ。

 今年のアジア系受賞者を見てもスウェーデン側の意図が見て取れる。先の鈴木章氏、根岸英一氏は科学者として受賞した。対して、中国国籍を保持する初めての中国人受賞者は作家・詩人の劉暁波氏、平和賞としての受賞である。日本が化学賞、中国が平和賞として受賞した差は、スウェーデンの中国に対する警告ととれる。民主化と人権の促進を進めようとする彼の受賞に中国政府は強く抗議した。ウォール・ストリート・ジャーナルでは「経済大国となった中国が世界とならぶ地位を得るには、基本的な人権において責任を果たすのは必然だ」とのスウェーデン・アカデミーの声明を発表。それは、人権が確立された西欧民主社会を、政治体制が根本的に違う中国共産圏に強要させる為に受賞させたものだと中国は警戒している。中国の「ノーベル賞は西洋の政治的な道具となり、我々の司法制度に挑戦をしかけている」という指摘は必ずしも暴論では無い。

 ノーベル賞は世界を西欧的価値基準で統一する手段として利用されるようになっている。西欧社会が望む方向へ社会を変えようとする活動。全人類が直接その恩恵を受ける事のできる技術開発や政治制度の改革。現代世界においては、いかなる賞であっても、価値を決めるにあたって政治判断を免れることはできない。逆手をとって、スウェーデン並びに西洋諸国の民主社会が望む通りの世界を技術や声明で提唱し、有言実行してしまえば、スウェーデンに目をつけられてノーベル賞の受賞が叶うのだ。

電子版投稿者: T.Sasajima

October 19th, 2010 at 8:12 pm (PDT)