グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘カシペ パトリシア’ Category

詩 「折り紙」

without comments



折り紙
カシペ パトリシア


雨にまけず
風にまけず
夏にまけず
折り紙のことだ

雨がびしょぬれにする
風が引き裂いても
夏より弱くても
折り紙はのこっている。

気持ちがあったり
何も言わなかったり
単純だたり
とても折り紙的だ。

子が使う
両親が使う
おばあさんも使う
それが折り紙

本物の代わりに
紙を折って
好きな形に変わる
いい物だ

しかし世界の人々は
その気持ちが入っている
折り紙を捨ててしまった。
でも、ごみではない。

世界の人々が
折り紙になりたくないのだ。
人のために折れるから
折り紙になりたくない。

感じている折り紙を
捨ててきてしまったけれど、
絶対にごみではない
神様みたいだから

「雨にまけず」の折り紙よ。

電子版投稿者: T.Sasajima

June 1st, 2011 at 10:54 pm (PDT)

詩 「人間の弱さ」

without comments



人間の弱さ
カシペ パトリシア


時間の手が短くなる。
星の灰色の体が
不思議な真っ黒になる。
お日様がまだ来ない。
けれど、お月様は
私のとなりにいる。
「すみません」と言いたかったのに
「ごめんなさい」と
急に言ってしまう。
どうしてだろうか。
お月様は何も答えない。
感謝して涙が出てしまう。
時間の手がまた切った。
お月様が私のそばに
忠実に残ると涙が落ちる。
「すみません」とそつと言って
お日様を探してみる。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 21st, 2011 at 7:12 am (PDT)

詩 「コンクールと自然淘汰」

without comments



コンクールと自然淘汰
カシペ パトリシア


月は地球をぐるぐる回っている。
魚の卵が一個しか生きない。
地球は太陽をぐるぐる回っている。
UCLAの大学に入学できる学生の
数をきびしく切っている。
車輪がぐるぐる回っている。
コンクールで一番強くて
勝とうとすな者はよく生きられる。
一億の漫画を出版すれば、
10冊の漫画が人気になれる。
しかし、月はぐるぐる回っている。
毎日小さいコンクールでも
大きいコンクールでも自然汰が、
生きているので、勝った者だけが
きびしい世界で残っていく。
車輪がぐるぐる回っている。
勝った者を集めて
もう一度コンクールやろう。

電子版投稿者: T.Sasajima

April 7th, 2011 at 6:14 pm (PDT)

小説 「戦争」

without comments

小説
戦争
パトリシア カシペ


私はジョンと申します。一年間ぐらい、ベトナムの戦争で戦いました。一年間ぐらい、私と私の家族を守ってみました。一年間ぐらい、さびしくなりました。友達がいません。遊ぶ時間がありません。戦争のなかまはそう思いませんのに、ばかさわぎの時間がありません。ちゃんと戦ってアメリカに帰りたいです。夜です。ほかの若い男の人は僕のそばにいます。私はジョンと申します。

今、黒い空が見えます。ベトナムの村は本当にしずかになりました。三人のなかまたちが何も話しません。みんなはこわいです。星があります。そのまぶしい星はアメリカ人の軍士を祈り求めます。このいい香りがある本田はアメリカ人と「逃げて」と言っています。その白くてやさしい月は私たちをあいびんします。今日の夜は静かできれいなに、みんなは自然を多とできません。自分となかまの命根を心配しています。誰も動きません。誰も深呼吸していません。みんなはかたずをのんでいます。この息苦しい気持ちはこわいです。それで毎日のとても黒い空はみんなの気持ちをちゃんと映しています。

この戦争はすめたくて兇暴です。今、私はベトナムの本田にいます。ベトナム人の軍士を探しています。去年アメリカ人たちはコミュニズムを止まるのためにベトナムに来ました。それに、私とたくさんアメリカ人の男がこの戦争に入りました。はじめに、この戦争はいいことだと思いました。戦争があるとアメリカ人はお金持ちになるはずです。仕事をできるしコミュニズムを止めるし戦争はいいことはずです。でも、今はそう思いません。このベトナムの戦争はただ意味のない戦争です。

Read the rest of this entry »

電子版投稿者: T.Sasajima

September 6th, 2010 at 1:55 am (PDT)