グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘谷 法之’ Category

Essay “The difference between Japanese and Japanese-American after The Pacific War”

without comments


Essay
The difference between Japanese and Japanese-American after The Pacific War
Noriyuki Tani


The Pacific War between America and Japan started with Japan attacking the Pearl Harbor. In 1954, America dropped the atomic bomb in Hiroshima and Nagasaki, ending the war in the Pacific Ocean. Japan has two special days in remembering this war: the anniversary of the end of World War 2 and Hiroshima and Nagasaki Atomic bomb Memorial Day. The atomic bomb killed thousands of people in Hiroshima and Nagasaki. However, there was an attack that America launched that had as much casualty as Hiroshima and Nagasaki. The Great Tokyo Air Raid had as much casualty as Hiroshima and Nagasaki. The people who were affected by the atomic bomb’s attack have special treatment, while those who were affected by the Air Raid do not. There is no such thing as a memorial day for the Air Raid. However, a person’s name who was put into an internment camp became a memorial day. The reason why the person was able to make a memorial day was because he believed that America was wrong, and the victim of the Air Raid cannot make a memorial day because they are under the influence of “American Imperialism.”

The Great Tokyo Air Raid is infamous compared to Hiroshima and Nagasaki. “It is important to learn Hiroshima and Nagasaki because it showed the world how strong and dangerous an atomic bomb was” is the reason for why Hiroshima and Nagasaki is learned in World history. The Great Tokyo Air Raid is also an important history because it was a 2 hour long bombing, which killed thousands of people. The survivors of the air raid must get the Japanese and American government’s attention, and get more people to recognize the air raid.

“Fred Korematsu Day of Civil Liberties and the Constitution,” named after Fred Korematsu, is a special day. Fred Korematsu was a man who refused to go into the internment camp during World War 2. During the Supreme Court decision of U.S. v Korematsu (1994), the Supreme Court ruled that putting someone into an internment camp was legal. After 39 years, this ruling was overturned, and America paid $20000 to each internment camp survivor. This day, “Fred Korematsu Day,” was established because Mr. Korematsu was persistent and determined to get the right decision.

The survivor of the Great Tokyo Air Raid did not ask for an apology from America. If the survivors demand an apology from America’s government, then a memorial day would possibly be established. When MacArthur came to Japan, the Japanese people did not have any problem with him in Japan. These people were already influenced by the “American Imperialism.” The victim of the air raid must move and act in order to have a memorial day, just like Mr. Korematsu.

電子版投稿者: T.Sasajima

January 30th, 2012 at 6:02 pm (PDT)

小論 「太平洋戦争後の日系人と日本人の違い」

without comments


小論
太平洋戦争後の日系人と日本人の違い
谷 法之


 第二次世界大戦、日本はアメリカのパールハーバーを攻撃し、アメリカとの太平洋戦争を始めた。そして1954年、広島と長崎での原爆投下で太平洋戦争は終わった。戦争から半世紀以上、日本には終戦記念日と原爆記念日がある。しかし、原爆並みに被害を加えたアメリカの攻撃がある。それが東京空襲であり、死者は十万五千人以上と考えられている。その被害者たちは原爆被害者たちと違い特別な扱いは無い。それに対して戦争中アメリカに住んでいた日本人は酷く扱われていた。後にその扱いが間違っていたことが認められ、記念日が出来た。空襲を受けた日本人は特別な「日」を持たないが、日系人は持っている。それは日系人が敵の近くにいたことと、日本人が「アメリカ帝国主義」に負けた事である。

 東京大空襲は原爆並みの被害を出した。しかし、日本では記念日としてない。それだけでなく、世界の歴史の中では「東京大空襲」は無い。広島と長崎の原爆は歴史上あるが、大空襲はない。「広島と長崎は原爆の恐ろしさを主張するために歴史にある」という考え。しかし、二時間という時間で同じぐらいの死者を出した空襲も恐ろしい歴史である。空襲の被害者となった日本人たちは世界、特にアメリカへ怒りを飛ばすべきである。どちらかというと、日本政府にすべて任せているようである。死者の残った骨は家族と一緒の墓に入ることはない。ただ「処理」されたということだけである。この原爆と空襲の扱いの違いはおかしい。

 日系人のフレッド・これまつは戦争中、日本人ということで酷く扱われていた。1944年、US v Korematsuでのアメリカ最高裁判所の判決は「捕虜収容所に日本人を入れることは合法である」であった。この判決から39年後、アメリカはこれまつ氏への酷い扱いを謝罪し、収容所にいた生存者たち一人一人に二万ドルものチェックアメリカは出した。そして2011年、一月三十日を「フレッド・これまつの日」と認定された。これは非人間的扱いを受けたこれまつ氏への日である。このような「日」が出来たのははこれまつ氏がアメリカ政府への強い反発と非道徳を主張したからである。

 東京大空襲の被害を受けた日本人たちはアメリカへの謝罪を求めていない。だから「東京空襲の日」のような記念日は存在しない。被害を受けた家族が日本政府へ、そしてアメリカ政府へ謝罪を要求すれば記念日は作れることになるだろう。マッカーサーが日本に来た時、日本人が強い反発をしなかったのはすでに「アメリカ帝国主義」に支配されていたからである。「アメリカは遠い敵」という考えがあった日本人。アメリカへの反発は無かった。記念日を作るには、これまつ氏のように自分から動かなければいけない。

電子版投稿者: T.Sasajima

January 29th, 2012 at 6:04 pm (PDT)

エッセー 「貴方が今までスペリングビーにでなかったのはなぜ」

without comments


エッセー
貴方が今までスペリングビーにでなかったのはなぜ
谷 法之


 私はスペリングビーに参加した事が無い。ましてや学校のスペリングビーにさえ参加したことがない。それはただ単にスペリング自体が下手だったからであり、参加するレベルに達していなかったからである。

 小学校・中学校の時に英語がとても下手だった。下手と言っても書くもの、読むもの、理解できるレベルは学年レベルの物であった。下手と言うのは他の人と比べると下手だったということである。成績はAであったが英語のクラスは一番苦手のクラスであったため、あまりモチベーションを持っていなかった。それに高校になってよく書くことになり、それまでにあまり文章を書くことは無かった。言葉とよく親しくなったのは高校に入ってから。スペリングビーの年齢制限を越えたころになる。

 このころは英語よりも日本語のほうが達者だった。今では同じぐらいになるまで英語がうまくなったと思う。やはり高校で「上」のクラスを目指したことが良い方向へ行った。英語がうまくなるにはモチベーションが必要だった。

電子版投稿者: T.Sasajima

September 4th, 2011 at 2:10 am (PDT)

小論 「福島原発20キロ圏外強制非難は民主主義の原理に反するか」

without comments


小論
福島原発20キロ圏外強制非難は民主主義の原理に反するか
谷 法之



 2011年の3月に起きた東北沖大震災の被害はとても大きなものであった。福島第一原発が放つ高濃度の放射能によって原発の周りに住む人たちは避難生活を送っている。避難生活で私物が少ないため、「実家」へ戻る人たちが次々と出てきている中、日本政府は国民の安全のためと「立ち入り禁止」地域を定めた。原発から半径3キロの場所は「一時帰宅禁止」区域、半径20キロは「警戒区域」と二つの区域を作った。この辺りは放射能の影響が一番強い地域のため、日本政府は立ち入り禁止地域にした。この判断を行ったのは政府であるが、その判断に反対する人たちが不満を出している。「あの家は、あの土地は、わしらの人生そのものだった」という男性のように、自分の家が命と同じぐらい大切なものであったという発言をする人たちが後を絶たない。強制避難を行ったのは安全のためであったが、民主主義の日本としてこのような「強制避難」、「戻った人には罰金」という考えを出した政府は民主主義の原理に基づいているのか。この判断は民主主義として間違っている。

 突然避難しなければいけない状況になり、津波から逃れようと必死に逃げた人たちは精神が不安定な状態である。そして、心の不安を安らげるためにも心が安らげる所へ行こうとする。その安らぐ場所が実家、自分の家である。その家に帰れない人たちは毎日がストレスになる。戻れない理由が安全ではないという事よりも、国が帰るなと強くメッセージを出しているからである。それがさらにストレスになる。避難生活という慣れない生活に精神的に対応出来ず、老人で病院へ行く人たちも出てきている。政府は結局個人個人に被害を加えている。

 人の運命は他人が決めるのではなく、一人一人が自分で決める。政府は家に帰るなという命令を出して、もうすでに人生は支配されている。この支配はすでに民主主義の政治にはなってはならない状況である。政府は「家に帰りたい」という人たちを帰すべきである。ただ、避難地域に住む間は支援や医療的サポートは無いであろう。自分の意志で動くことによって自分の運命を決める人もいれば、生きるために支配される人もいる。

 政府が警戒区域を作り、だれもその地域に入れないのは国民の安全のためである。なにより、もしその地域で死人が出ても、政府は毎日確認するために人を派遣しない。必要以上に問題を増やさないためにも、政府は今最善の計画を実行している。ただ、政府だけの判断のため、反対の声が強く政府を攻撃している。今の日本政府は民主主義の原理に反するが、国民の安全のためにという理由で強制避難を行っているだけである。

電子版投稿者: T.Sasajima

September 2nd, 2011 at 2:10 am (PDT)

Essay “The rapid growth of artificial intelligence and my self-defense”

without comments


Essay
The rapid growth of artificial intelligence and my self-defense
Noriyuki Tani


In the recent years, computer has evolved and grew tremendously. The first computer made was so large that it filled a room, and it was impossible for a person to move it. The recent desktops are light enough so that it is possible to carry it. The laptop that was created is light enough to carry, along with screen and keyboards so that it could function without any aid from outer energy source. With the evolution of computer, an artificial intelligence, AI, developed, and AI is now smarter than human now. The effect that the AI has to human is that AI could initially stop the human’s evolution.

In a television show called “Jeopardy,” where people answer multiple genres of question, humans lost to an AI. This show does not only require basic knowledge, but knowledge of celebrity and their gossips and other miscellaneous knowledge. It was impossible for a computer, or even a super computer, to have a vast amount of knowledge and know which fact is needed. Watson, the super computer that won in “Jeopardy,” showed that an AI is capable of not only mathematics, but language also. At this point, humans lost to a computer with knowledge and information. This was because the computer was able to store and have a huge amount of facts that is merely impossible for human to know. It is not that computer has new knowledge, but humans are giving knowledge to the computer.

AI now has jobs that were once human’s job. Computer now provides the location of an object that someone desires, and brings it to the person who needs it. These labor type works are now computer’s job, and even top paying jobs could be computer’s occupation. The jobs that computer will be doing in the future are jobs that use information and machineries. Computers are use right now in order to store and use information. In the future, computers will not just use the information, but independently think and judge based on the data they have. The works that humans can only do are types of work that use moral and human rights, or in general decision making work. The current super computer is able to produce more than one answer depending on the question given. However, the computer will not be able to make a “correct” answer based on moral and value, since they do not have feelings and emotions. Humans are able to make these decisions because they have feelings and emotion. .

The difference between the most human computer and the most “human” human is communication. Super computers are now able to communicate like human. However, there is a flaw in their way of communicating. Computers tend to talk with fewer words compared to humans. Rather, they try to talk with least words as possible. In a Turing test, a judge was made to judge whether he/she was talking to a human or a computer. The judge chose the most “human” computer and the most “human” human in this test. In “The Atlantic,” March 2011 issue, there is an article that was written by a person who was awarded the most “human” human in the test. Brian Christian, the author, said that during the test, he increased the amount of conversation. “I’d elaborate a little on my answer, or add a parenthetical, or throw a question back at the judge – just as we offer and/or fill audible silence when we talk out loud.” By doing this, he was able to make the conversation online natural and tried to make it as if he was talking to the judge in person. Humans tend to talk more than they need to, but computers do not. Because Christian typed more words than the computer, the conversation between Christian and the judge was a human – human conversation, rather than computer – human conversation.

The evolution of human will stop with the growth of Super Computer. Humans will rely on super computer, and human being will stop thinking. New research and ideas will not start without thinking. Humankind was able to evolve to this level because they questioned and solved the question. For self-defense, thinking and questioning is what will make human a “human.” Human will lose in math, but humans can win with language. Human must step forward everyday in order to win against Super Computer.

電子版投稿者: T.Sasajima

August 31st, 2011 at 2:10 am (PDT)

Essay “How will science change human being”

without comments


Essay
How will science change human being
Noriyuki Tani


Scientific advancements are made everyday, whether it is in medical science or research. Human, unlike other living organism, has evolved over the past years. Unlike animal, human are able to understand science and how it works. With science, human will become an “ultimate” organism. This “ultimate” organism is able to solve any problem.

Understanding geology will enable human to solve problem. By studying geology, human will know how Earth changed from its birth to now. Sierra Nevada, a mountain range in California, was once a forest. This fact was figured out by looking at the components of the clay in the region. With this method, human kind will be able to understand how Earth actually was when it was created, and will be able to figure out how it will change in the future. The “evolved” Earth can be pictured and calculated with geology. Human can apply the knowledge of geology and be able to understand when and where a natural disaster, like earthquake and volcanic eruption, will occur.

Medical science will advance human even further. Human will be able to live through any kind of disease by advancing medical science. Before the study of medicine and study of body, human were dying because of disease. People are able to live up to 100 years because of the development of medicine and medical science. Another example is that there are human made vaccines that can prevent disease. The future “human being” will be able to fight back any disease, and essentially live a life without suffering from it.

Neuroscience will be an important part of human evolution. Human have different brain compared to other living organism. For example, human brain can recover from its loss; if a part of a brain is lost, other parts of the brain will “restore and recover” the ability that was lost. The evolution of the brain is from reading and writing. By understanding how human’s brain evolved, human brain can advance even more. The possibility of making geniuses will increase tremendously.

Improvement of science will advance human. Those who are careless about science will be the ones that will be left out in the society. They will not be able to fight against disease, will be ignorant, and will be in trouble during natural disaster. Advancement in science will push humans into another kind of animal in the future.

電子版投稿者: T.Sasajima

August 29th, 2011 at 1:53 am (PDT)

詩 「Juxtaposition」

without comments



Juxtaposition
谷 法之


時代の流れに生きる人間たち
一つの時代で
大正と昭和と平成の人間が生きる
大正生まれの98歳の映画監督
昭和生まれのノーベル化学賞受賞者
今の時代は
世界の人たちが集まりやすい
上海で日本ラーメンを作る中国人
難民として日本に来たミャンマー人
民主主義を主張して政府を倒すエジプト人たち
アメリカ大統領の新しい「変化」
影響は世界へ
だがすべてが良いことではない
先生が消えていく日本
国を混乱させるコンピューターの攻撃
数年で
世界は大きく動く

電子版投稿者: T.Sasajima

August 28th, 2011 at 1:48 am (PDT)

エッセー 「生命のカラクリ」

without comments


エッセー
生命のカラクリ
谷 法之


 地球に存在する生命はじつに面白い仕組みで出来ている。長生きする方法を知っている生物や、数週間の命の生物などがある。環境によって変化する生物も存在する。このような変化を行う生物たちはじつにおもしろい生物たちである。

 セミにも多数の種類が存在する。殆どのセミの命は数週間だけなのに、ある種類のセミは十三年も“冬眠”状態で生き、十三年たって目覚めて死ぬ長寿のセミがある。そのセミはちょうど今年目覚める。いっせいに目覚めるこのセミたちは他の生物に食われる前に自分の子孫を残すことによって永遠に“生き延びる”事が出来る。そのためだけに生きるセミ、とても面白い。

 人間の体の中もまた不思議で、とくに脳が一番不思議な体の一部である。脳の一部がかけても、周りの組織がその欠けているところを補うことが出来る仕組みになっている。自然に治療してしまう人間の体は他の動物と違う特別な何かを持っている。人間は見られない進化をいつの間にか行っていた。頭だけでなく体もいつの間にか変化していた。

電子版投稿者: T.Sasajima

August 26th, 2011 at 2:03 am (PDT)

小論 「人工頭脳の急激な発達と私の自衛策」

without comments


小論
人工頭脳の急激な発達と私の自衛策
谷 法之


 この数年で、コンピューターはさらに進化してしまった。今のコンピューターと昔のコンピューターを比べると性能と大きさに大きな違いがある。昔のコンピューターは大きな部屋一つ分の大きさでとても人間が運ぶ事が出来るようなサイズではなかったが、今のコンピューターは数キログラムの重さで、それほど部屋のスペースを取らない。さらに、今はデスクトップのように持ち運びが出来ないコンピューターだけでなくコンピューター内にバッテリーを入れて、持ち運び可能なコンピューター、ラップトップが出てきた。コンピューターは今人間には必要不可欠な物になってしまった。しかし、ここである問題が出てきてしまった。それは人工頭脳の発達である。人工頭脳はついに人間を負かすことが出来るようになって、もはや“自然頭脳”は人工頭脳に負けてしまった。人工頭脳の発達は人間にどうゆう悪影響を及ぼすか。それは人間の進化とその可能性を消すという事である。

 アメリカのテレビ番組で“Jeopardy”というクイズ番組がある。このテレビ番組はただ知識だけでなく、その時のゴシップ情報などいろいろなメディアからの情報が必要なクイズを出す番組である。従来のスーパーコンピューターは元々計算のような数学的理由で作られた物が多い。しかしワトソン、”Jeopardy”で人間を負かしたスーパーコンピューター、は言語を専門とするスーパーコンピューターである。人工頭脳はこの時点で人間よりも賢くなった。そう断言するよりも、人工頭脳は人間より大量の情報を収容することが可能になり、なおかつ自分でその必要な情報を引き出すことが可能になったということになった。人工頭脳の知能は人間が与えた知能である。そのため、コンピューターが知能を作りだしたということは考えにくい。

 人工頭脳は人間の職を簡単に奪えるようになった。昔は人間が必要なもの(物理的、情報など)を見つけて提供していたが、今ではコンピューターがその必要なものを見つけて、さらに機械がその必要なものを必要なところへ持ってくるという時代になってしまった。このような簡単な仕事はとっくに機械とコンピューターに取られたが、今後さらに高度な仕事も人工頭脳に取られる。それは情報ベースの仕事や機械を使う仕事である。情報量が多い仕事ほどコンピューターは使われる。そして、その情報を提供するコンピューターは次に考え、最高の判断を出すレベルまでになるだろう。人間の仕事で消えないものは人間的判断が必要な仕事。それは人権や命の選択に関わる仕事である。そして、答えがはっきりとしていない問題を扱う仕事も消えないだろう。今のスーパーコンピューターは二つ以上の答えを見つける事が出来る。しかし、その答えが道徳的なものであるかないかは人間が判断する。道徳絡みの問題は感情が必要であり、コンピューターは感情を持てない。コンピューターは小説のような話を作ることも考えることも出来ず、また芸術を作ることも出来ない。

 人間に近いコンピューターともっとも人間な人間の違いはコミュニケーションである。スーパーコンピューターは会話を行う時、出来るだけ人間のようになるよう話す。しかし、その話し方には欠点があり、出来るだけ少ない言葉で話そうとするということである。チューリングテストというコンピューターがどれだけ人間らしいかを決めるテストで、審査する人が人間、またはコンピューターと話、どの話し相手が人間であったかを判断するテストである。そこで、「もっとも人間らしい人間」に与えられる賞がある。その賞をもらったブライアン・クリスチャンはこのテストに参加した時の事、コンピューターと人間の違いを”Atlantic”の三月号に書いた。彼はより人間になるために、会話数を増やした。テストはコンピューター越しで行われた。そして、人間がコンピューターで会話する時の独特の間を消すためにまるでその場で会話しているように早く回答、または話した内容をさらに深く話すなどということを行った。コンピューターは必要以上に話さないが、人間は話す。その点を使ったクリスチャン氏はより人間に見えたのであろう。人間である証拠は会話であり、より自然に会話することが人間である。人工頭脳のそれは無い。

 人間の進化と進歩は人工頭脳によって止められてしまう。人間は人工頭脳に完全に頼りきり、自分で考えるということ事態を考えない。人間は新しい発見が出来なくなる。それは疑問を持たなくなるからである。人工頭脳という便利なものが出来て、頼ることになって考えなくなる。人間は人間独特の進化を止めてしまう。自衛策として、もう計算では人工頭脳には勝てない。そのため、人間的なものだけは無くさないことが大事である。考える、疑問を持つということが人間である象徴。毎日問題を考え、疑問を持つことがコンピューターに負けない自衛策である。天才になるためだけでなく、人間として存在するためにも、毎日進歩しなければいけない。

電子版投稿者: T.Sasajima

August 19th, 2011 at 2:10 am (PDT)

小論 「携帯のリスクと原発のリスク」

without comments


小論
携帯のリスクと原発のリスク
谷 法之


 現代の科学の進歩、新しいテクノロジーによって人間の生活はより快適かつ楽になった。3Dで見れるテレビや好きな音楽を常に身につけられるiPodなど、人間の毎日は快適になってきている。しかし、このような新しいものにもリスクがある。3Dのテレビの見すぎは目に悪い、iPodで音楽を長い間聴いていると耳の機能が低下するなどのように、そのようなリスクを背負っても人間はこの便利なものを使う。携帯と原発は便利なものになったが、ともにリスクを持つ。携帯のリスクが原発のリスクと比べて知られていないのは携帯が便利すぎるということとあまり表にでていないからである。

 原発に対しての議論が活発になったのは東北大震災の影響からである。福島第一原発内の核がメルトダウンして、高濃度の放射能を放出したことが世界各国でニュースになり、原発の是非を考え直している人がかなり増えた。福島原発から半径数キロの地域は立ち入り禁止地区になり、その地域に住んでいた住民たちは避難生活を送っている。この原発事故によって各国のトップは原発の使用を止める考えを表している。原発によって電気を大量に作る便利さを買われて今まで使用していたが、今ではその存在を消そうとしている。

 携帯の普及はこの数年でかなり高くなり、小学生の子供たちが携帯を持っている事はそれほど不自然でない時代となった。電話をポケットの中に入れられるという点が携帯電話の便利なところである。また、今の携帯はスマートフォーンと呼ばれ、携帯を使ってインターネットを使ったりゲームを遊ぶなどの機能を持った携帯は手放せない状態となった。日本では電子マネーを使う時のカードの代わりに使うものとなった。この携帯のリスク携帯電話を使うことでガンになる可能性があると最近の研究で分かったことである。可能性として出された結果であり、まだ確実ではない。

 携帯の是非を話さないのに原発の是非を話すのは携帯があまりにも便利になってしまったからである。小さい子供でも持っている携帯は人間の日々の生活に付着してしまったからである。他人との連絡方法として使われる携帯をいまさら止めるのは難しいことである。ましてや原発のように代わりになるものが無い(原発以外で電気を作ることは可能)ため、携帯のリスクを話すことはあまり無い。そして、携帯に対しての悪いニュースに関心を持つ人はあまりいないということが問題である。新しい携帯がでた時はその新しい携帯に興味を持つが、それ以外のことだとあまり関心を持たない人が多い。またニュース自体を聞く・見る・読まない人が多いため、リスクを考える人はあまりいない。原発のことに興味を持つ人が増えたのは日本の事故よってのものであり、大ニュースになったからである。

 携帯のリスクがもっと知られるには携帯によって体に害を及ぼした事件が出なければいけない。人々を引き寄せる出来事が起きて、やっとそのことに対して議論が始まる。見てみぬふりは便利になりすぎたこと。まだ確定でない研究結果で携帯を止める人はあまりいない。リスクを考えない人が多いから、携帯は無くならないが。原発には代わりのものがあるし、とても危険であるということから大騒ぎになっている。無知で電波を張っていないことはやはり危険である。

電子版投稿者: T.Sasajima

August 15th, 2011 at 2:07 am (PDT)