グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘木下 まりの’ Category

Essay “Necrosis of Reason”

without comments


Essay
Necrosis of Reason
Marino Kinoshita


Georg Wilhem Friedrich Hegel, a German philosopher from the 1800’s, summed all the philosophical problems of the world with one well-thought answer. He believed that the concept of “no idea” was an endless, unchanging validity of the void of form and that the essence of history was simply a matter of development.

North Korea is an untamed animal. Barbaric, rampant, and unyielding to any of the rules of general society this beast is out of control. Before the 36th Parallel was established, China has been an older brother figure to their Korean neighbor. After the divide, China, Beijing in particular, remains in North Korea’s corner, siding with their decisions and aiding them throughout, but now, even the head of legislature, Wu Bangguo, views their friend as “a spoiled child.”

With the loss of one ally, a gain follows – Iran. The two nuclear powers have traded advanced missiles and created weapons so destructive that they have proved more powerful than US officials have publicly acknowledged. Their neighboring Islamic nations and their leaders have expressed fear toward Iran’s nuclear programme. King Abdullah of Saudi Arabia has repeatedly urged the US to attack and end the continuation of Iran’s weapons. Bahrian King Hamad bin Isa al-Khalifa has taken a similar stance on the topic, informing the US of nuclear dangers.

History is progression, but we regress. This nuclear-obsessed generation will be remembered by decades later (if there is a future) as the time dedicated to the lesser good – humanity in reverse. North Korea’s every step toward bombs and missiles keeps the world a step back from peace.

電子版投稿者: T.Sasajima

December 16th, 2010 at 9:12 pm (PDT)

小説 「ボーダーの直ぐ外」

without comments

小説
ボーダーの直ぐ外
木下 まりの



Palestine

やさしい黄色の地平線が鮮やかな青にしみ込む空。シルトの上に金とバラ色を混ぜあった、空に浮かぶ川。太陽が寝ているうちに自分たちのベッドから体を起こす数々のムスリムたち。国は一つになって、朝のファハールを言う。

「アラーアカバー、アラーアカバー、アラーアカバー、アラーアカバー」

四回響く始まり。

「アシャハヅ アラー イァハ イッァーラ、アシャハヅ アラー イァハ イッァーラ」

人間は神の上にくることはない。みんな跪いて拝む。

「アシュ ハヅ アンア ムハマダー ラスゥァ、アシュ ハヅ アンア ムハマダー ラスゥァ」

神のメッセージはモハメドにしか送られてない。

「ハヤ アラス サラー、 ハヤ アラス サラー。ハヤ アラ ファラー、 ハヤ アラ ファラー」

拝みに来れば、福が来る。

「アサラツー カヤルン ミナナウム、 アサラツー カヤルン ミナナウム」

ファハルならではのヴァース。

「アラフー アカバー、 アラフー アカバー」

もう一度。

「ラァ イラハー イラァハ」

アラーは地球の中のものよりも上。


Abdul

古いリボルバーを携帯している男の子が、パレスチナのぼろの道路を歩く。穴の開いた白いTシャツに、プリントがとっくにはげた短パン。知らない兵隊のドッグタグを首にかけている。目はずーっと真っ直ぐを見て、なにがあっても振り向かない。どこにいくか判らないまま歩き続ける。地平線に向かっていく火の玉を見ずに歩く、影は前に伸びていくけれど目線は落とさずに歩く。歩いて、歩いて、歩いていく。左足のサンダルのストラップが切れたのに気づいて、道路から離れ結びなおす。太陽は地球と触れ合い、パレスチナは一つの紅に染まる。

Read the rest of this entry »

電子版投稿者: T.Sasajima

September 5th, 2010 at 12:04 pm (PDT)