グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘府川 耕大’ Category

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳

小論
会社は再生しないと死ぬ。なぜか。
府川耕大

今世界的なブランドを含み、沢山の企業が死に始めている。世界中誰でも知っているマクドナルドやコカコーラも、倒産の危機を感じている。時代が変わるごとに、消費者も変わり、彼らの求める商品なども変わる。数十年前にはマクドナルドの様なファストフードチェーン店は、値段の手頃さなどにより、とても人気であった。健康に悪いという事実は無視され、人々はファストフード店で食べ物を注文し続けた。けど今になって、ファストフードチェーン店への考え方も変わっている。ファストフードチェーン店の食べ物を健康に悪いと世界中に広がり、ファストフードチェーンは悪いイメージを持ち始めた。その結果マクドナルドなどのファストフードチェーン店へ訪れる客の数は減り、企業の利益も下がり始めた。コカコーラも同のように、社会がコカコーラのようなソフトドリンクは健康に悪いと広めた結果、ソフトドリンクの消費量も減り、全体的にソフトドリンク企業の利益も下がった。

時代が常に変わり、消費者の求めている物も変わる結果、企業もその変化に対応して合わせなければいけない。富士フィルムのように、会社は長年生き残るには、常に再生しなければいけない。会社名にフィルムと書いてあるように、80年前に富士フィルムは写真フィルム会社として始まった。けれどこの80年の間に技術は進化し、デジタルカメラなども開発された。もし富士フィルムは会社名のように、写真フィルム会社のみとして営業したら、もうすでに死んでいるだろう。時代の変化により、カメラもデジタル化した時に、富士フィルムはその状況に対応しデジタルカメラの開発に力を入れた。21世紀に入ると、富士フィルムはカメラ以外にも化粧品や薬品への市場にも飛びついた。マクドナルドやコカコーラのように、時代が変化していても、会社自身は変化しないような会社は絶対いつか死ぬ。会社は生き残るには、富士フィルムのように常に変化している時代に対応して、再生しないといけない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2014 at 10:18 pm (PDT)

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳


家畜の哀れな一生とその肉を食べる人間と人間が何もしなくなる時代
府川耕大

人間の目からは
家畜の
大きさ
太さ
重さしか
見る事が出来ない
家畜に対しての
不道徳な行動は見れなくて
最終的の
肉だけを気にする
悪人だ

生活の楽のため
便利な機能が増え
世の仕事全てを
自分の代わりにやってくれる

自分の得だけを考える
21世紀の人間は
自己中の道へ進んでいる

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2014 at 10:17 pm (PDT)

【生徒作品】府川 耕大 17歳

without comments

【生徒作品】府川 耕大 17歳

エッセー
「字の無いはがき」を読むと涙が出る。なぜか。
府川 耕大

自分の感情を表現するには、口から出さなければいけないと言う人が多い。けれど言葉から表現しなければ、相手に伝わらないという考えは思い違いである。言葉で感情を上手に表現する事が出来ない人は、決して感情を表す事が出来ない訳では無い。言葉は使わないと直接に相手に伝わらないかもしれないが、文字を使って感情を伝えることも出来る。
向田邦子がまだ家族と一緒に暮らしていた時、彼女の父親は一切愛情や尊敬を表さなかった。けれど彼女が学校のため家を離れて、父親とはがきを通して言葉でつながる事になって後、彼らの間に良い関係が生み出された。彼女の妹も同じように、父親とはがきを通して思いを通じた。妹の場合は言葉でも文字でも感情を表現する事が出来なかったから、代わりに単なるばつとまるで表現した。はがきに現れるのはただの線に見えるかもしれないが、その線には深い意味を持つ。その時の感情により線の太さや大きさも変わり、その線から妹の思いが伝わる。外からは単なる線としか見えないかもしれないが、本当は深い意味を持つ、妹の感情の線である。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 18th, 2014 at 8:04 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳

without comments

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳

エッセー
人生の意味を見つけた人は早く大学に入るだろうか
府川耕大

小学校、中学校、高校そして大学と言う組織化されてしまっている教育システムは、決して良いシステムでは無く、変化をもたらす人が必要とされる。絶対高校の後、絶対大学に行かなければならない事は無く、反対に高校を卒業しないと大学に入れない事も無い。この組織化されてしまっている教育システムにを変えるには、新しい光が必要とされる。
小中高では一番基本的な教育を学ぶが、大学は専門学問を学ぶための場所であるから、自分の道をすでに探る事が出来た人は早く大学に入る事が出来る。一般の人は高校まで受けた教育から自分の好みや興味を見つける事で、将来の道を作り大学の専門を決める。高校生に成ってやっと自分の進みたい道を気付く事が出来る人がいれば、高校に入る前にすでに進みたい道を見つける事が出来る人もいる。まだ若い頃に自分の人生の意味を見つけることが出来る人は少ないかもしれないが、彼らには早く自分のたどり着きたい目的に着くために、普通の人達よりも早く大学に入る優位を得る事が出来る。周りの人と同じ目的を持ち、ただの年齢の差で差別されるのはいけない事がある。大学に入る条件には年齢などは入れてはいけなく、自分の人生の意味を見つけた人には、大学は門を開かなければいけない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:33 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳

without comments

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳
短歌集

「9月」

後少し
ゴール手前に
たどり着く
今年最後の
ラストスパート

「季節は変わる」

夏が終え
秋の寒気が
顔を出す
時間は変わり
季節も変わる

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:32 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳

without comments

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳
小論「Brain-netとは何か。脳―ネットの時代とはどんな時代か。」

世の中の殆ど全てがインターネット化されている現代の時代に、新たな時代が訪れ始めている。現代のインターネットは単なる、世界中の人達が情報などを入力したデータベースである。インターネットは世界中を秒の単位で回る事が出来るというすごい技術を抱えているが、将来はインターネットでは無く、脳を通して人の内部の情報を取り出す事が出来るブレーンネットが座を奪うようになる。

UCバークレーを始め、ブレーンネットの研究は広がっていて、新たなインターネットとして革命を起こす日に近づいている。ブレーンネットはインターネットと違って、脳から直接情報を取る事が出来る。人々の感情や考えを引き出して、情報化する事が出来る。このブレーンネットでITの情報交換だけが進歩する訳では無く、この新しい技術により医療分野にも役立つ事がある。脳から取り入れる事が出来る情報から、精神病などの脳に関わる病気の治療の開発にも貢献する事が出来る。

現在最も求められているITだけでは無く、同様に重要な医療分野にも貢献する事が出来る神経科学の研究は、世界を大きく進歩への道へ導く重要な鍵である。現在すでに進歩している技術に加え、神経科学から得る事が出来るブレーンネットを通すことで、現在以上の便利なオンラインシステムが出来るだろう。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 9th, 2014 at 12:13 am (PDT)

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳

without comments

【生徒作品】 ◆ 府川耕大 ◆ 17歳
詩「子供を産まない。国が無くなる。」

世に誕生し
大人に育ち
恋に落ちる
そして子供を産む

このサイクルで
人生の一周が終わる
けれど今は
子供を産まないで
一周完全に回る人が減っている
人生の意味が変わってしまっている

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 9th, 2014 at 12:12 am (PDT)

詩「自由と風に揺れるコスモスの花」

without comments

自由

誰も貰える物ではない

民主主義国でも

皆貰える訳ではない

想像内の切望である

頭の中の

風に揺れるコスモスの花である

電子版投稿者: kodai

August 15th, 2013 at 9:26 pm (PDT)

エッセー 「日本は危ない」

without comments


エッセー
日本は危ない
府川 耕大


 日本の小学生に大人になったらなりたいものと聞くと、男子の上位はスポーツ選手で女子では歌手、タレントが上位に上ってきた。日本の男子の将来の夢はとても可笑しい。トップ10位中、スポーツ選手が三つ選択された。スポーツ選手は給料も高いし、格好いいと思っている。けれどプロのスポーツ選手になれる確率は十万分の一より少ない。将来なれない職業を目指している子が多い。学者、博士、お医者なども選ばれたが、それ以外は脳ではなく、体を使う仕事である。体を使う仕事は誰でも出来る。学歴の無い人やロボットでも行える事である。

 体を使う仕事は男子だけではなく、女子でも多い。食べ物屋さん、歌手、お花屋さん、デザイナーなどが選ばれている。頭を使う仕事は先生と看護師である。女子では殆どの職業が他人をうれしくさせる職業である。けれどこういう職業は誰でも出来ることで、給料もとても低い。日本の子供達は、学歴のいらない職業を目指している。よく勉強し、高く目指す子供が少ない。良く勉強した結果、出来る仕事をやりたがっていない。彼らはもうチャレンジ精神が無くなっている。

電子版投稿者: T.Sasajima

May 24th, 2012 at 8:55 am (PDT)

俳句 「若葉」「竜巻」

without comments


俳句
若葉
府川耕大


若葉から
大人の葉まで
冒険や


竜巻
府川耕大

竜巻で
家無くしても
僕は立つ

電子版投稿者: T.Sasajima

May 23rd, 2012 at 8:52 am (PDT)