グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘趙 アダム’ Category

【生徒作品】趙 アダム 10歳

without comments

【生徒作品】趙 アダム 10歳

エッセー「白鳥は悲しからずや空の青海の青にもそまずただよう」

「白鳥は悲しからずや空の青海の青にもそまずただよう」は若山牧水がしぬまえにかいた短歌です。この短歌には白鳥がはいっています。それでしらとりは悲しいのです。なぜなら、海が青くて空もあおいところに、一羽のしろいとりがとんでる。それで、とりは、かなしくてさびしいのだとおもいます。

どうしてかなしくてさびしいのかは、白鳥だけがしろくて空と海ぜんたいあおくて一わのしろいとりがとんでいる。ぼくが白鳥だったらかなしいきもちがする。どうしてかというと、自分だけがほかの色で自分のまわりのものはぜんぶ青いからかなしくなる。
もっとかんたんに言うと、自分だけがでんわをもってなくてじぶんのまわりの人みんなは電話をもっていたら、じぶんは、かなしくてさびしくなる。

ぼくも、こんな気持ちになったことたくさんありました。こんなきもちになったら、その日はずっとかなしいおもいをする。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 30th, 2014 at 10:46 pm (PDT)

【生徒作品】趙 アダム 10歳

without comments

【生徒作品】趙 アダム 10歳

詩「私の人生には、いくつも免疫がひつようだ」

ぼくの人生には、いくつも免疫がひつようだ
たとえばエボラウィルスにかかった人が
エボラから免疫になるように
ぼくもめんえきをたくさんつくろう
たくさんつくったら、できないと思ってたことができるようになる
こわかったことがもうこわくならない
ぼくの人生には、たくさん免疫にならないとだめなことがある
たとえばはじめてじでんしゃにのるときに
バランスができないからなんかいもたおれる
でもなんかいもおちたらまなんで
さいごには、じでんしゃにのれるようになる

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 30th, 2014 at 10:44 pm (PDT)

【生徒作品】趙 アダム 10歳

without comments

【生徒作品】趙 アダム 10歳

短歌「野菜のアイデンティティ」

野菜あじ
肉あじになる
うそバーグ
野菜じゃなくなる
肉とそっくり

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 30th, 2014 at 10:42 pm (PDT)

【生徒作品】趙 アダム 10歳

without comments

【生徒作品】趙 アダム 10歳

短歌「血に飢えた人」

血のあじを
つけた植物
ハンバーグ
パトリク・ブラウン
はつめいしたよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 30th, 2014 at 10:41 pm (PDT)

【生徒作品】 ◆ 趙 アダム ◆ 10歳

without comments

【生徒作品】 ◆ 趙 アダム ◆ 10歳
短歌集:

「九月」
九月だよ
すずむしないてる
ねてるとき
だれもきこえない
ざんねんですね

「季節は変わる」
九月だよ
もうすぐ十月
はやかった
きせつはかわる
おもしろいです

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2014 at 7:37 pm (PDT)

エッセー 「俳句とツイッター」

without comments


エッセー
俳句とツイッター
趙 アダム


ツイッターは、はいくとおなじじゃない。りゆうは、コンピューターでかくから。でも、はいくはてでかく。はいくは 5・7・5 、でもツイッターはちょっとだけかく。

電子版投稿者: T.Sasajima

October 1st, 2011 at 8:26 pm (PDT)

短歌 「ハニーサックル」

without comments


短歌
ハニーサックル
趙 アダム


はにさくる
いいにおいです
きれいだな
はなはちいさい
たべるとあまい

電子版投稿者: T.Sasajima

August 22nd, 2011 at 2:08 am (PDT)