グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘清水 さくら’ Category

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「土星の1年は(365×29)日。ちきゅうの1年は365日。でも土星に生きものはいない」

ちきゅうも土星も
太ようのまわりを
まわる

ちきゅうは太ようのまわりを
1年で1しゅうする
土星は太ようのまわりを
29年で1しゅうする

ちきゅうは
何十おくの人間や生き物の
いのちをのせて
1年で1しゅうする

土星は一人
さみしくても
ずっと一人で
29年で1しゅうする

「ぼくたちもいっしょにいるから
さみしくないよ」
と タイタンやエンケラドゥスが
土星に言ったんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 23rd, 2017 at 10:04 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「私の体内とけい」

パラパラパラ
私の体内とけいは
すなどけい
そのすなは
たんぱくしつから
できている

あさおきると
パラパラパラ
上のたんぱくしつすなが
少なくなると
おなかすいたな
と私はかんじて
なにかをたべると
くるっとかわり
またパラパラおちる
まただんだんなくなり
よるごはんをたべて
くるっとまたまわって
またパラパラおちる

あさおきると
またパラパラパラ
上のたんぱくしつのすなが
少なくなると
ねむいな
と私はかんじて
ねると
くるっとかわり
またパラパラおちる
またねて
くるっとまたまわって
またパラパラおちる

このすなどけいは
私の生まれる前
おかあさんのおなかにいるときから
くりかえす
いのちのすなどけい

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2017 at 10:03 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「日本人と英語」

日本では
えいごをしらない
人がいる
それでいいんだ
日本人たち

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2017 at 10:01 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳

「チキン・まき・ロール」

えっ!
コーヒーやさんに
のりまき!?

シカゴのスターバックスで
チキンまきロールが
うられるらしい
すしブリトーだって

ブリトーはメキシコ生まれ
すしは日本生まれ

ブリトーはトルティーヤでまき
すしはのりでまく

もうカリフォルニアロールみたいに
うらまきでのりをかくしたりしない
のりはどうどうとしっかり
チキンややさいをつつむんだ

「くろいけどびっくりしないでたべてみて
おいしくて えいようまんてんだから」

のりまきは はずかしそうに
でもうれしそうに言ったんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 4th, 2017 at 10:16 pm (PDT)

【生徒作品】 清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】 清水さくら 8歳

「おいのもり、ざるもり、ぬすっともりはなぜあわもちがすきなのか」

どうしておいの森、ざる森、ぬすっと森はあわもちがすきなのかかんがえた。

まずさいしょにおいの森にいたオオカミ9とうが火をつけて、こどもたちとおどったりキノコやくりをやいてたべていた。だからこどもをかえしてくれたおれいにあわもちをあげた。

あるさむいふゆ、こんどはざる森にいた山男がのうぐをとってざるの中に入れていた。山男はのうぐをかえるかわりにあわもちをちょうだいと言ったから、かわりにあわもちをあげた。

またあるさむいふゆ、たくさんとれたあわがぬすまれた。だからくろざか森に行くと、もっと、もっと北に行ってみろと言うからもっと北にあるぬすっと森のほうにいくと、まっくろな手のした大きな男が、自分でどうしてもあわもちが作りたかったからぬすんだと、いわてさんがいった。

それでかえってみたらあわがちゃんとおいてあるから、おれいにすこしあげた。

では、なぜおいの森、ざる森、ぬすっと森はあわもちがすきなのかは、あわもちは人間たちの森へおれいのきもちだからだとおもう。

ずっと前によんだ「オツベルとぞう」でもおつべるがぞうにあたえるえさがだんだんすくなくなっていって、そうをうまくだましてはたらかせた。そしてぞうがなかまに手がみをおくってオツベルはおそわれた。

人間たちが森やぞうへのかんしゃの気もちをわすれて、自分たちだけがとくをしようとするのはいけないということ。
あわもちを人間がくれるということは、、人間たちが森たちにちゃんとかんしゃしていて自分たちのこともリスペクトしてくれていると森たちは感じることができるから森たちはあわもちがすきだと私は思う。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 2nd, 2017 at 7:17 pm (PDT)

【生徒作品】 清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】 清水さくら 8歳

「白人し上しゅぎとたようせい」

白人し上しゅぎの人は
自分のたちがいちばん
えらいんだ
すぐれていると
思い込んでいる

そういう人は
自分はむ知むきょうようですと
自分で言っているみたい

せかい中の文明もげいじゅつも
はつ明やたべものも
いろいろな人しゅの人間が
作ってきた

そして自ぜんから学んだ
いろいろな生きものが
おたがいたすけあって
生きていて
すぐれているとか
すぐれていない生きものは
ないってことを

む知むきょうようだから
きっとこわいんだ
「自分たち白人の国が
ほかの人しゅに
うばわれてしまう」
といって

べんきょうをして知ってほしい
たようせいのない社会や国は
ゆたかじゃないし
よわいこと

そして何よりも
1ばんこわいこと

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 2nd, 2017 at 6:32 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「私はよむ」

私はいろいろなことがよめる
本もよめる
木もよめる
太ようもよめる
ともだちも空気もよめる
何もかもよむ

目だけでよむのではない
あたまと心をつかうんだ

目でよく見て
あたまで考えてよく知って
心でかんじる

そうすれば
しぜんときこえてくるんだ
本や木や太ようや
友だちや空気のこえが
かいてなくてもきこえるよ
かいてなくてもよめるんだ

私はよむ
何もかもよむ
未来もよむ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

August 13th, 2017 at 11:10 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳

「うばすて山をよんで心にのこったこと」

 私がうばすて山をよんで心にのこったことは、むすこにしょうわれた母おやがかえりにむすこがまよわないようにえだをパチパチとおってしるしをつけていたばめんです。これからすてられる自分のことよりもむすこのことを考えていることがわかるからだ。

 むすこも母おやを山においていかずにだれにも見えないようにゆか下にかくした。

 むすこと母おやはおたがいおもいやっていて、じゅげむにでてくるおやこのじょうあいがうばすて山にもある。

 もう1つ心にのこったことは、とのさまがだした3つのなんだいを母おやがかんたんにといたことだ。この国には60さいいじょうの人はいないから、だれもなんもんをとくことをできなかった。でもこの母おやは長く生きていてけいけんと知えがあるからとくことができた。とのさまもそれで取りよりを山にすてるのはまちがいだときがついてルールをかえた。

 年よりは国をすくうことさえできる。

 今、日本では高れいしかがもんだいしだといっているけど、ほんとうは大チャンスのはずだ。お年よりのもっている知えやけいけんをいかして、日本をもっとゆたかにできるチャンスだからだ。日本人ももういちどうばすて山をよんだほうがいいとおもう。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 16th, 2017 at 12:33 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳

「夏の空に私が見つけたもの」

青い空に
クレヨンでかいたみたいな
ひこうき雲

だんだんうすくなっていく
ひこうき雲のその先に
日本のおじいちゃんと
おばあちゃんお
かおを見つけたよ

1年に1どだけ
夏になると会えるんだ
おりひめとひこぼしみたいに
1年に1どだけ

また来年までまっててね
元気でいてね
私もアメリカでがんんばるよ

もういちど空を見上げたら
ひこうき雲は
きえちゃった

でも私の目にも心にも
おじいちゃんとおばあちゃんは
のこっている

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 16th, 2017 at 11:40 am (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「ダリアとどく立きねんび」

7月4日
アメリカどく立きねん日に
私のバックヤードで
ダリアの花がさいた

春にうえたきゅうこんは
ぐんぐん ぐんぐん
上に上に
どんどんどんどん
高く高くのびて
私のせより高くなった

そして7月4日
私のあたまの上で
大きな 大きな
ピンク色の花をさかせた

まるで
「アメリカどく立きねんび おめでとう」
と言っているみたいに
そして夜空にさいた
花火みたいだった

でも1776年
アメリカがどく立したとき
市民とみとめられたのは
白人だけだった

もっと前からアメリカにいた
ネイティブインディアンや
アフリカからつれてこられた
黒人のどれいには
どく立も自由も
あたえられなかった

今もアメリカにのこる
人しゅやしゅうきょうの
さべつやへんけん

241さいのアメリカで
どく立きねん日の花火を
みながら
ダリアは
何を思っているのかな

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 8th, 2017 at 9:55 pm (PDT)