グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘清水 さくら’ Category

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「アリゾナのフェニックスはもうドライバーのいらない車が走っているのに、北朝鮮は何をしている?」

アリゾナ州フェニックスでは
自どううんてん車が
まちを走りはじめた

テクノロジーが
人間をうんてんから
かいほうして自由にした

人間は
バックシートにすわって
何でもできる
本をよんだり
絵もかける
作曲したり
小せつもかける
クリエイティブになれる

でも同じ地球上で
北朝鮮は
テクノロジーをつかい
ミサイルをかいはつして
人々をこわがらせる
テクノロジーが
はかいやきょうふのために
つかわれている時
自由やクリエイティブも
なくなる

テクノロジーを
何のために
つかうかは
人間しだい

自どううんてん車と
ミサイルとかくへいき
どっちも
同じ地球上で
人間がつくったもの

でも
みらいは
こわすものではなく
つくるもの

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 19th, 2017 at 7:36 pm (PDT)

【生徒作品】 清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】 清水さくら 8歳
「日本人しか気づかないこと」

イグ・ノーベル賞を日本が11年れんぞくでじゅしょうした。その中から私が好きだったものをえらんで、日本人しか気づかないことを考えた。

私が好きだったイグ・ノーベル賞は、私が生まれた年の2009年の『パンダのふんからぶんりした菌で生ごみげんりょう』だ。

なぜこれをえらんだのかは、私は生ごみを食べたりしない。だからすてる。もし私がパンダの菌をもっていたら、生ごみをへらせて、地球のかんきょうにもやさしいから。

なぜ日本人がこれに気づいたのか考えた。日本人はむかしから菌のすごさやつかいかたを知っていた。

たとえば、なっとう、日本酒、かつおぶし、しょうゆ、みそなど、目に見えない菌の力を利用して、生活をゆたかにしてきた。

そんな「菌」となかよしの日本人だからこそパンダのふんからぶんりした菌に注目して、それを何か役に立つことにりようできないかと考えていたと思う。

パンダのおなかの中には、生ごみを分かいできる菌がいる。もしかしたら、それはパンダがササの葉っぱをたくさん消化するためにもっている菌かもしれない。

日本人もずっとむかしから海そうを食べてきたから、日本人のちょうにしかいない海藻を分かいする菌をもっている。
ふんを使ってゴミをへらすなんて一石二鳥だし、地球にやさしいはっけんは、「菌」や「自然」となかよしの日本人だからできたと思う。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 12th, 2017 at 6:54 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「私たちはどこから来たのでしょう。私たちはだれなのでしょう。私たちはどこへ行くのでしょう」は何を言っているのか?」

「私たちはどこから来たのでしょう。私たちはだれなのでしょう。私たちはどこへ行くのでしょう」をかいたポール・ゴーギャンさんは何を言いたいのか考えた。

まず私たちはどこから来たのかを考えた。138おく年前ビックバンがおき、原子がばらまかれ、あつまって地球ができて海や森ができた。森にどうぶつができた。とり、うさぎ、へび、さるとかライオンとかたくさん。そのなかにいる「さる」がだんだんしんかしてあるくようになって人間になった。

つぎに考えたのは、私たちはだれなのでしょう。
私たちも地球もうさぎ、へび、さる、とり、ライオン、ぜんぶのどうぶつは全部原子でできている。だから私たちは星くずだ。

さいごに考えたことは、私はどこへいくのか。
まず私がしんで、また原子になりいろいろなものになる。
たとえば、木や犬やとりやみみず。何でも自由になり、さいごにしぜんの森とか海とか星にもなれる。

私が2009年2月にカリフォルニアで人間として生まれることも自分できめて生まれたわけでもない。そして清水家にあきとの妹として生まれたことも、いつ、どうやって死ぬかもきめられないし、わからないし、なぞだらけ。

どのようにしてビックバンがおこったのかはむずかしい計算でせつめいできるけど、なぜ宇宙や私はそんざいしているのか、わからないから生きることは面白いし、なぜと考えつづけることが生きるということだとゴーギャンは言っていると思う。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 4th, 2017 at 8:56 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「秋ふかき となりは何を するひとぞ」

フューフュー
つめたいか風が
ハラハラハラと
はっぱをおとす
のこったはっぱたちは
木やえだに
さよならのあいさつをする
となりのきくもきれいだな
となりは何をしているのかな
だんだんくらくなるのが
はやくなってきたなー
こんやも一人
本でも読もうか
酒でものもうか
よるのしずかさの中に
虫のこえがきこえてきた
となりの人も
きいているのかな

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 4th, 2017 at 8:45 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「りこうなウサギ」

ウサギはすばやくうごき
どうじに右と左を見れるんだ

ヘビやフクロウから
にげるため
ジグザグにはしったり
クルクルまわったり
てきのうごきを
よそくしてうごける

そのせいで
車のとおりみちで
車にひかれてしまうこともある

りこうなウサギの
りこうすぎ

人間もりこうすぎるから
国家や国旗をつくったり
しゅうきょうをつくりだし
せんそうしたり
人をころし、自さつしたりするのかな

ウサギは生きのこるために
すばやくうごき車にころされる
でもなかまや
自分をころしたりしない

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 23rd, 2017 at 8:30 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「ハロウィーン」

ハロウィーンは
かぼちゃでつくる
ランタンの
ろうそくの火が
うつくしい秋

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 23rd, 2017 at 8:23 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「人を殺す人は、なぜ不幸せなのか」

先月、ラスベガスのカントリーミュージックのコンサートで音がくを楽しんでいた人がおおぜいじゅうでうたれてしんだり、けがをしたりした。

はん人は、お金もあって好きなように生きていた。なのになぜ見ず知らずのたくさんの人たちをじゅうでころして、自分もしんでしまったのか?

私はドクタースースの「グリンチ」を思い出した。
人間もクリスマスも大きらいなグリンチは、フーヴィルの街にすむ人たちがクリスマスをたのしみにして、うかれているのが気に入らない。

だからグリンチはフーヴィルの町からクリスマスをぬすんで人々をかなしませようとした話だ。

ラスベガスのはん人もグリンチのように、人々がコンサートをたのしんで、いい気分になっているのをほうっておけなかったのだと思う。

りっぱないえもお金もたくさんもっていたけど、もっと大切なものをもっていなかったから、自分がしあわせとかんじることができなくて、人がしあわせそうにしているのをこわしたくなってしまうのかもしれない。

お金があってすきなように生きていても、しあわせと思えない人がいるということがわかった。きっと自分をふしあわせだと思いこんでいて、お金もいえもあってしあわせだとかんがえられないのかもしれない。自分で自分をたすけて、自分をしあわせにするのは自分しかいないのに。

じゅうで人をころす人がいなくならないのは、ガンコントロールをしないからではなくて、ガンコントロールをしなくても、人々が人をころしたいと思わなくなる社会や国をつくるほうが大切だと思う。

そして一人ひとりが自分やまわりの人たちがしあわせになる努力をして、ふしあわせだと思いこむ人がいなくなるようにしないといけない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 15th, 2017 at 8:19 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「ふじ山のちょう上のけんきゅうで私が大切だと思うけんきゅうとその理由」

なつのふじ山のちょう上では、かがくしゃたちがいろいろなけんきゅうをしている。
その中で渡した1ばんきょうみをもったけんきゅうは、空気中の水じょう気からのみ水をつくるけんきゅうだ。

今、コンゴ、ナイジェリア、エチオピア、中国、インドなどの世界中の多くの人が安全なのみ水をのめなくてこまっている。

そして、水がげんいんで「コレラ」や「せきり」などのびょうきにかかって死んでしまう子どもがたくさんいる。

だから、もし水じょう気からのみ水がつくえたら、たくさんの人が助かると思う。
それだけではない。アフリカの国などでは、水を汲みために朝早くおきて、何キロもあるいて、まい日水をいえにはこぶために1日のほとんどをつかわないといけない人もいる。

しかも、水くみのしごとは、ほとんど女せいや子どものしごとになっている。もし、水じょう気から水がつくれるようになって、水くみのひつようがなくなれば、女せいもしごとができるようになるし、子どもも学校へいけるようになるから、もっとゆたかになれるとおもう。

だから、水じょう気からのみ水をつくるけんきゅうは大切だとおもう。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 8th, 2017 at 7:24 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「種まくゴキブリ」

ゴキブリは
みんなのきらわれもの

人間たちよりさきに
地きゅうにすんでいるのに
世界中の人間の数より
ゴキブリの数の方が多いのに
キモチワルイ
キタナイ
あっち行け
ってきらわれる

でも人間にも鳥やネズミにも
できないしごとを
モリチャバネゴキブリは
森でしているんだ

それはギンリョクソウの
小さな実をたべて
種をはこぶこと

ギンリョクソウは
「いつもありがとう」
とゴキブリにいった

ゴキブリも
「こちらこそ
おいしい実をいつもありがとう」
とギンリョクソウにいった

ギンリョクソウはしっている
ゴキブリは
キモチワルくも
キタナくもない
自ぜんの中で
みんなたすけあって
つながって
生きていること

自ぜんの中で
人間だけだよ
ゴキブリを
キモチワルイ
キタナイ
っておもっていうの

人間だって
自ぜんの一部で
みんなつながっていうってこと
わすれちゃっているのかな?

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 8th, 2017 at 7:16 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「土星の1年は(365×29)日。ちきゅうの1年は365日。でも土星に生きものはいない」

ちきゅうも土星も
太ようのまわりを
まわる

ちきゅうは太ようのまわりを
1年で1しゅうする
土星は太ようのまわりを
29年で1しゅうする

ちきゅうは
何十おくの人間や生き物の
いのちをのせて
1年で1しゅうする

土星は一人
さみしくても
ずっと一人で
29年で1しゅうする

「ぼくたちもいっしょにいるから
さみしくないよ」
と タイタンやエンケラドゥスが
土星に言ったんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 23rd, 2017 at 10:04 pm (PDT)