グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘村上 悠太’ Category

【生徒作品】村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】村上 悠太 11歳
短歌:スイスイとピヨピヨ

スイスイと
クロール泳いだ
夏休み
ピヨピヨ子あひる
立派に泳ぐ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

December 7th, 2017 at 8:24 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】 村上 悠太 11歳
詩「日本人はアイボ、ドイツ人は古民家の修繕」

日本人
アイボをアップグレード
アイボは犬型ロボット
ロボットは学習する
飼い主の気に入ることを
記憶するのだ
新しいものをつくる
日本人
ドイツ人
古民家を磨く
古民家は生き返る
光る原石を見つけ
昔の景観がもどる
カール・ベンクスさんは
取り壊されそうだった古民家を救う
ドイツ人
新しいものを作り続ける日本人と
古いものを大切にするドイツ人
古民家の中で留守番する
アイボ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

December 4th, 2017 at 3:02 am (PDT)

【生徒作品】村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】村上 悠太 11歳
詩「芭蕉の句 ”秋深き隣は何をする人ぞ” の詩」

芭蕉はね
寂しい気分だ
葉っぱが赤い
秋の真ん中
寂しい時に
隣で騒がしい
気になるのは当たり前
葉っぱが赤い時
寂しくて
ほかの人がやっていることが
気になるのだ
葉っぱが赤い時は
秋の始まりでもなく
冬に入りそうな時でもないのだ
秋にはね
おいしい物がたくさんあるけど
寂しい時は
ほかの人が気になる

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 7th, 2017 at 5:23 pm (PDT)

【生徒作品】村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】村上 悠太 11歳
随筆「Year of the big thawで、宇宙人 (stranger) を受け入れている農民を書いた作者の宇宙人への思い」

 僕は、Year of the big thawを読みました。この物語では、この物語に出てくる農民が宇宙人を受け入れました。僕はここでは、作者(Marion Zimmer Bradley)は差別のない気持ちだと思います。
 Year of the big thawは、サイエンスフィクションです。このお話は、I が赤ちゃんを見つけました。その赤ちゃんのお母さんは死んじゃって、お父さんはすごく弱っていて赤ちゃんも弱っていたのでIはMarthyという友達のところに連れていってその赤ちゃんの世話をしてあげようとしたけど、お父さんがかまわないでといった。そのあと、死んでしまう直前お父さんは、文章が途中で区切れたりしたけど、「I dying, We come from planet- star up there- crash here」といいました。それは、何かに祈っているようでした。Iは、絶対に赤ちゃんを育てることに決めました。そして、Iが「Our father which art in heaven」といいました。それを言い終わったら、お父さんは死んでいました。ここの場面で、宇宙人を受け入れました。
 僕は、この物語に出てくる農民が宇宙人を受け入れたところを見て、作者が差別のない気持ちだったと思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 7th, 2017 at 5:19 pm (PDT)

【生徒作品】村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】村上 悠太 11歳
詩「暁の明星と宵の明星へ。私のあいさつを送ります。」

暁の明星と
宵の明星へ
僕は挨拶をする
朝だったら
おはよう
昼だったら
こんにちは
夜だったら
こんばんは
地球とほかの惑星は
兄弟なのだ
朝だと金星や
火星がいるよ
夜だと土星や
木星がいるよ
もしほかの惑星に
宇宙人がいたら
言葉が通じなくて
こんにちはも言えなくなる
困っちゃう
でも、気持ちはあるから
通じればいいな!

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 7th, 2017 at 5:17 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 悠太 11歳

without comments

【生徒作品】 村上 悠太 11歳
短歌:レッドウッド

大きいな
レッドウッドは
赤いのだ
思い出すのは
パロアルトの木

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 27th, 2017 at 9:39 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 悠太 8歳

without comments

【生徒作品】 村上 悠太 8歳
エッセー「ミミズは、いだいである」

ミミズは、いだいです。いだいとは、立派ということです。ミミズは、たくさん立派な事があります。
 一つ目は、穴を掘ることです。ミミズが穴を掘ると、土がやわらかくなって、水が通って、植物がよく育ちます。
 二つ目は、体が切れても、また生えてきて生きることができます。自分の体を自分で治せます。
 三つ目は、うんちは、たくさん栄養があることです。
僕は、げんち校でミミズを箱に入れて、学校全体で集めたいらない食べもののカスを入れました。3ヵ月ぐらいしたら、72lbのミミズのふんができました。それを、クラスのガーデンにばらまきました。他のクラスにもあげました。
外にあるガーデンは、ミミズのおかげでもあります。「ミミズは地球の腸である」とも言われていました。ミミズと人間は、助け合っています。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

June 24th, 2015 at 5:34 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 悠太 8歳

without comments

【生徒作品】 村上 悠太 8歳
小論「ガウスの頭はきのうてき」

子供のガウスの頭はきのうてきでした。きのうてきとは、自分で観察して、考えることです。
 ガウスがキャナルがどこに行くか知りたかった時おじさんに「キャナルの水はどこに行くの?」と聞きました。つぎに、「ぼうをキャナルの中に落としたら、海に行く?」とききました。「もし石などに引っかかったり男の子が家に持って帰ったら?」と聞きました。「そしたら、海に行かない。」とおじさんが言いました。
 水が海に行くことは、ぼうも一緒に海に行くとガウスが考えたところがきのうてきです。
 次に、ガウスが工夫した1から10の和を求めるのは、このやり方で計算します。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
+ + + + + + + + + +
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
11 11 11 11 11 11 11 11 11 11
11+11+11+11+11+11+11+11+11+11=11*10
11*10=110
110/2=55
1から10の和は、55です。
僕は、ガウスの考え方でかんたんに計算ができます。この計算のやり方は、足し算の答えが全部11になるのを見つけたのがすごいです。
 ふつうに1+2+3+4+5+6+7+8+9+10をするのは、むずかしいです。
 ガウスの頭は、きのうてきです。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

June 24th, 2015 at 5:33 pm (PDT)

【生徒作品】 村上 悠太 8歳

without comments

【生徒作品】 村上 悠太 8歳
「桃の実と自由」

桃の実は
自由がほしい
悲しいな
自由になりたい
枝からはなれる
他の所に
行きたいよ
時間がたつのを
まってるよ
花から実だよ
実は赤くなる
赤くなったら
落ちていたいよ
でも自由になれる
それでうれしい
丸いから
ころがるよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

June 24th, 2015 at 5:29 pm (PDT)

【生徒作品】村上 悠太 8歳

without comments

【生徒作品】村上 悠太 8歳
俳句

太陽を
みれば水素が
わらう夏

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 10th, 2015 at 8:10 pm (PDT)