グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘中山 泰汰’ Category

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

「ロボット時代の私」

 僕はロボットに仕事を取られないためにはユニークな所や、ロボットには分からない美や気の力が必要だと思います。
 僕はロボット時代にいます。ロボットが少しずつ人間を超えて行っている。イーロン・マスクやマーティン・フォードはロボットは人間を超えると言っている。これはありゆる事なのだ。今、僕たちの世代はさらに難しい。これから、僕たちが大人になるころには、ロボットも発達していると思う、人間かそれ以上の頭脳を持っているロボットが出来るのです。この時にロボットに仕事を取られないようにしなければ、人間もこのままではロボットに負けます。このため、ユニークな所や、ロボットには分からない美や気の力が必要です。
 ユニークな所と言えば、簡単です。ロボットというのは出来るだけ人間のように似たように作られた物なので、他の人間とは違う所があれば、ロボットと違う所があるという結論に達する事が出来ます。
 次に、ロボットにはわからない美の力です。美の力とは、俳句の力、短歌の力、芭蕉の力、一輪挿しの力、作法の力、断捨離の力、茶道の力、などがあります。日本では俳句や短歌には力を感じます。俳句や短歌は絵です。言葉の絵です。その絵をいう事でイメージが頭に浮かんでくる。このイメージはみんな違うイメージであり、これもまたアイデンティティーがあって、ユニークさがあります。ロボットには美は感じられないし、俳句も短歌も作れません。一輪挿しの力もそうです。アメリカみたいに何輪も花束をもたないで、一輪だけ。これに美しさがある。ロボットにはこのような美しさはわからない。ロボットにとっての美しさは家中を消毒する事です。作法の力とはロボットみたいにいつも同じ歩幅でガチガチ動くのではなく、まるで、スライドするような動き方であり、無駄がありません。江戸時代の人を着物を着ていて、ぜんぜんずれなかったのもこの理由です。断捨離の力は作法の力とちょっと似ている所があります。両方無駄がありません。断捨離とは無駄な要らない物はどんどん捨てるのです。シンプルになる。シンプルな物に美を見る人間の力は複雑な脳のロボットに分かるはずがありません。茶道の力は、お茶の力と同じ事です。アメリカの人はただダイエット・コークをいっぱい買って、何本も一気飲みするのがすごいと思っています。そればっかり飲んで太りまくる。そして、太りまくって、飲みすぎたと思ったら、ダイエットしようと思って、ダイエット・コークを飲んで、大丈夫だと思う。だけど、ダイエット・コークは逆にちょっと物足りないからもっとのみたくなって、また結局太る。茶は違う。茶道の力があるから。お茶を回して、みんなでほんの少しだけ飲む。これもロボットがわからない美という物です。
 そして、気の力とは生きている力の事。ロボットに気は分からない。生きていないから。
 このように、僕はロボットに仕事を取られないためにはユニークな所や、ロボットには分からない美や気の力が必要だと思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

January 8th, 2018 at 12:17 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

「もしも僕が他の動物だったら」

僕は動物になりたいな
と僕は思った
人間はいやだな
飛べないし、模様がないし
毎日ぼくはそれを思った
そしたらある日
ぼくは地面に赤い物を見た
なんだろう
拾ってみるといきなり
目の前に天使が現れた
願いのルビーを見つけましたね
願いをかねえてあげましょうと
言ってきた
僕は考えた
シマウマはどうだろう
模様があって面白いな
と言ってみた
願いをかなえてあげましょう
僕は自分をみた
あらら
これじゃあ牢屋に入れられた人みたい
やっぱりやめた
僕は考えた
ライオンはどうだろう
金色のたてがみがあってかっこいいな
と言ってみた
願いをかなえてあげましょう
僕は自分をみた
あらら
これじゃあたてがみが目に入る
やっぱりやめた
僕は考えた
サイはどうだろう
つのがあって強そうだな
と言ってみた
願いをかなえてあげましょう
僕は自分をみた
あらら
これじゃあつのがじゃまで食べられない
やっぱりやめた
像はどうだろう
長いはながあって簡単にものを取れそうだな
と言ってみた
願いをかねえてあげましょう
僕は自分を見た
あららこれじゃ長すぎて鼻を引きづっちゃう
やっぱりやめた
鳥はどうだろう
自由に飛んで気持ちよさそうだな
と言ってみた
僕は自分をみた
いいじゃない
よし飛ぶぞ
といった
そして飛ぼうとしたら
おっと転んだ
飛べないぞ
天使は笑った
数年後にちゃんと練習したあとできるようになるよ
やっぱりやめた
やっぱり一番いいのは自分になることだ
僕の願いは
自分自身になる事だ
と言った
すごく賢明な選択ですね
天使はそう言って
ルビーを持って天に舞い上がっていった

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

January 8th, 2018 at 12:17 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 11歳

「Halfway down, Halfway upとは何か」

 僕は半分下で半分上の場所とは上を目指しているけどまだ上にいない、下でもない場所の事だと思います。半分下で半分上とは上でもなく下でもない場所。真ん中の場所。それは何ともいえない場所。このエッセーはそれがどこかを説明します。まず、半分下で半分上はどこでもないとは言えません。全部の半分だから、ふつう、つまり平均だとはちょっとちがう。だって、逆に一番他と違う。ぜったい一番ではないけど、びりでもない。ただ、一番をめざしている、真ん中なのだ。女の人はリーダーになれないというガラスの天井を壊すのも世界は半分下で半分上だ。この場合は最後までは行ってないけどもうそのプロセスははじまっているという事だ。もう一番上の物もあります。例えば重力波はあるのか。と言う質問ではもうほとんど上にいます。まだ一番下の物だったら、宇宙はどんどん大きくなっていて、いつか小さくなるのかなどはほとんど何もわかっていないのとひとしい。だから、今何かに夢中になっていて、誰かがどのくらい終わったかと聞いたら、半分下で半分上だというといいと思います。誰かがすごく頭がよかったら、天才まで半分下で半分上だねとほめる事ができます。半分下で半分上とはすごく難しいポジションですが、ゴールがあるからいい事がと思います。このように、ぼくは、半分下で半分上の場所とは上を目指しているけどまだ上にいない、下でもない場所の事だと思います。半分下で半分上とはすごく難しいポジションですが、一番になりたいというゴールがあるからいい事だと思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

November 12th, 2017 at 10:15 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「ゴキブリとゴキブリを悪者にした人間たち」

ゴキブリは害虫ではない。
ゴキブリを悪者にしたのは人間だ。
サバイバルのためにゴキブリはたまに人間の物を食べる。
だから、まるで悪者みたいにしてしまった。
そして「害虫」という変な侮辱的なカテゴリーに入れた。
ゴキブリは「害虫」なんかじゃない立派な虫だ。
人間が誕生するずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと前からいる。
恐竜の誕生するずっとずっとずっとずっと前からいる。
ゴキブリは三億年前からいるのだ。
人間はゴキブリの新しい物を発見した。
それはゴキブリがギンリョウソウと言う花を助けているという事だ。
ギンリョウソウの実を食べられるかわりにゴキブリはその種をまくんだ。
植物と虫が等しく暮らせる世の中が自然には出来ている。
人間も負けてはいけない。
ゴキブリと人間が等しく暮らせる世の中を見つけなければ。
人間はゴキブリを見たら、叫んでほうきでたたかない世の中を見つけなければ。
吾輩はゴキブリである
中山泰汰
吾輩はゴキブリである。害虫では無い。
どこで生まれたかは山の奥だ。
何でも緑のジメジメした所で食べ物を探していたのは記憶している。
吾輩はここで始めて花を見た。
然もあとで聞くとそれはギンリョウソウと言う花の中で一番親切な種族であったそうだ。
このギンリョウソウと言うのは時々我々に食い物をあげるという話である。
然しその当時は何という考えもなかったから別段優しいとも思わなかった。
但彼の花の近くに行ってスーといい匂いがしてきた時何だかうまそうな感じがあったばかりである。
花の前で少し落ち着いてギンリョウソウを見たのが所謂花というものの見始めであろう。
此時妙なものだと思った感じが今でも残って居る。
第一茶色いはずの背中が真っ白で丸で雪だ。
その後ゴキブリにも大分逢ったがこんな美人には一度も出くわした事がない。
しかのみならず顔の真中が余りに凹んで居る。
そうしてその凹みの中から時々ぷうぷうといい匂いを出す。
どうも可愛くて実に弱った。
これがギンリョウソウが出す実というものである事は漸く此頃知った。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 9th, 2017 at 4:18 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「レゴの躓きとゴムバンド」

レゴは全然レゴが
売れなくなり、
1400もの人が仕事を
失うだろう。
レゴはやり方がある。
だから、レゴを作るには、
手順にそろわなければならない。
だけど、ゴムバンドはちがう。
手順にそう必要はない。
僕や慧大はそれで色んなふうに遊べる。
のばしたり、うったりして遊べる。
お母さんも使える。
一時的な髪留めに使える。
このように、自分で考えて使う物は、
いつまでもいつまでも楽しめる。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 22nd, 2017 at 9:10 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「ホモサピエンスは不十分な能力しか持てない事が幸運だった」

 魚は暗闇の中で生き抜くすごい力を持っている。ホモサピエンスにはぜんぜんない能力を動物は持っている。人間には飛べない、あまり潜れない、速く走れない、夜によく見えない、聞こえない、見えないものがいっぱいある。だけど、ホモサピエンスが不十分な能力しか持てない事が、我々ホモサピエンスにとっての幸運だと思います。
 魚は暗闇の中でくらいから人間が作る電気よりはるかにすごい、自分の電気を作っている。魚をおびき寄せるため、交尾をするためなど、色々な理由がある。水面の底2マイルよりも下にいる魚を調べてみると、76%が自分の電気を出していました。そういう物をホモサピエンスは持っていない。だけど、ホモサピエンスはそれを持っていないから幸運なのだと思います。人間が発達できて、賢くなれたのも、特別な事が出来なかったからだと思います。人間はそのような物を持っていないから、自分から作らなくてはならなく能力ではなく脳が進化を遂げ、物を作れるようになったのです。最初に弱かったから、今強いのです。逆に言えば、最初強かったら、どんどん退化して、だめだめになってしまうでしょう。
 この論文の最初の所に、人間には飛べない、あまり潜れない、速く走れない、夜によく見えない、聞こえない、見えないものがいっぱいあると述べましたが、実は、それは人間が進化した脳で全部解決出来ました。人間は飛べなかったから、飛行機という物を作って飛べるようになった。人間はあまり潜れないから、潜水艦などを発明した。早く走れないから、車を作った。夜によく見えないから懐中電灯を発明した。聞こえないから、小さな音をキャッチする機会を作った。見えないから、望遠鏡を発明した。このように、人間は出来ない事があったから、出来るようになるために脳が発達したのです。
 このようにホモサピエンスは不十分な能力しか持てない事が幸運だったのです。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 4th, 2017 at 11:01 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「今いるところで頑張る」

それがみんなのしないといけない事
誕生日だって国だって自分では決められない
だけど後の人生は自分が決める
チューブワームだってそうだ
熱い環境でも黙って生きる
今いる所で生きている生き物なのです
だから今いる所で頑張る
自分がそこで頑張れば
いい人生になるかもしれない
忘れてはいけない
後の人生は自分が決める

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

May 8th, 2017 at 12:43 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「お正月」

 これは中山泰汰が書いた詩のお話で、和歌山県に生まれた昇という名前の貧乏な家庭の男の子がどうやって自分を温かくするのかを考える話です。
 この5,7,5,7のパターンの詩をぜひ読んでみて下さい。


お正月
こたつがないよ
どうしよう


それを試そう
出来るかな
近所の周り
走ったよ
雪が積もって
こけるんだ
近所のおじさん
ぶつかった
ここで走るな
怒られた
こたつがないと
言うてみた
家でやらんか
吠えたくり
カンカン怒って
おじさんは
家に帰って
行ったんだ

あれを試そう
家帰り
テーブルの周り
走ったよ
温まらない
狭い部屋
僕と母さん
ぶつかった
なにやってるの
怒られた
こたつがないと
言うてみた
部屋でやらんか
吠えたくり
カンカン怒って
母さんは
ぶんぶんミカンを
投げてきた

どれを試そう
僕の家
それで寒い
僕の家
机の周り
走ったよ
短距離だから
寒いまま
僕の教科書
滑ったよ
僕の教科書
ふっ飛んだ
こたつがないよ
それならば
勉強するか
他にない
僕寒いんだ
言ってもね
だれも分からん
分かってよ

これを試そう
出来るかな
挑戦問題
試したよ
あれ分からない
考える
脳がふっとう
考える
目が回ろうが
考える
なぜか体が
温まる
勉強すれば
ふっ飛ぶよ
寒さ寂しさ
ふっ飛ぶよ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

January 10th, 2017 at 9:35 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「トランプ大統領誕生を僕はこう見る – 移民達の恐れ –」

 トランプが大統領になってから何十万人もの不法移民が不安になっている。トランプが大統領になったら、もしかしたら、アメリカから追い出されるかもしれないのです。
 例えば、11歳の時ホンジュラスから不法に入って来た27歳のビアンカさんの話。ビアンカさんは、1日に10時間カイロプラクティックで働く。同い年で同じように不法移民の夫のバイロンさんが2012年にライセンスなしで運転して捕まった時、ビアンカさんは子供1人と一緒に家族でいったんホンジュラスに帰りました。だけど、彼らは、真夜中に銃声で起きたり 、ギャングメンバーに脅されたりしたから、アメリカに戻って亡命を申請することにした。オバマ大統領は延期アクションポリシーで、不法移民であっても犯罪者でなければとりあえず滞在を延期してあげようとしたけど、連邦裁判所にブロックされた。このビアンカさんは、不法にアメリカに入って、追い出されもせず、合法とも認められていない何十万人もの人達の一人です。「トランプが大統領になれば、私は、またホンジュラスに追い戻されるのかしら。」とビアンカさんは不安で不安でしょうがない。何十万人もの不法移民が同じように不安で不安でしょうがなく、同じように「トランプが大統領になれば、私は、また故郷に追い戻されるのかしら。」と思っている。だけど、そしたら、まさかの展開です。トランプが大統領になったのです。何十万キロも苦労してやっとアメリカに着いて、やっとアメリカで働けるようになったのにまた戻されるのはすごくつらいし、悲しい。オバマ政権下でアメリカにいられる事になったけれども、トランプが大統領になったらもう追い戻されるかもしれない。なぜなら、トランプの移民政策は、メキシコとアメリカの間に大きな壁を作って、中南米からの不法移民を一斉に追い出す事だから。
 まるで夏目漱石の草枕のようだ。オバマ大統領は優しいけど、移民達にやさしい政策は議会に反発されて、「情に棹させば、流される」のようになっている。トランプは「意地を通せば窮屈だ」のようになっている。草枕で夏目漱石が書いた通り、不法移民にとって「とかくに、人の世は住みにくい」になっていくと思います。そして白人至上主義のトランプが大統領になることは、僕がアメリカで生活していくことも不利にするかもしれない。僕は、有色人種だからだ。そして、僕の両親は日本から来た移民だからだ。(不法移民でも、避難民でもないけど)。
 トランプは貧しい人、有色人種にもやさしいように選挙選で見せかけていたけど、本当は金持ちに都合のよい政策を考えているし白人至上主義だから、非白人は差別されるようになるかもしれません。トランプを支持する人がアメリカにたくさんいることが今回わかったからです。だから、彼はヒットラーやムッソリーニのように独裁者になると思います。それも、ヒットラーが率いたドイツがユダヤ人を虐殺したみたいに、これからのアメリカは白人以外の人達を差別すると思います。アメリカの将来は世界にも大きく関係する。そして選挙の結果は、一人ひとりにその影響がやってくるから、僕も気を付けて、もっと新聞を読まないといけないと僕は思います。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

December 13th, 2016 at 1:05 am (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 9歳

「ツリー・キングダム」

ツリー・キングダム
僕たちみんなで考えた
放課後の僕たちの王国
王様は僕
女王様はさくら
二人の軍隊長は慧大と亮翔
ひろたかは暴れん坊の弟子
桜、美桜、美奈、美佳は本人達がまだ何になるか決めてない
みんなで力を合わせて王国作る
宇宙船だってあるんだぞ
さくらはエンジンとワープとブラックホールとホワイトホールとステアリングだ
慧太は銃の玉とすごく小さな見えない玉の白丸ヨクトを撃てるんだ
亮翔はミサイル防衛、ミサイル、核爆弾、鍵を持っていて
ゲットした物の責任を持っている
僕はみんなが争っている時に止めるんだ
武器もいっぱい
敵を捕まえ
兵隊やコックにする
王国に入るためのパスワードだってあるんだよ
ごめんね
パスワードは
言えません
今の敵はティッシュだ
敵を捕まえたり、倒したりする時は
人間がとても出来ない事が一つ出来るようになる
ティッシュの場合は
手から火を出せるようになる
そして王から授かった秘密の文書に
書いてある事を全部コンプリートすると
アイテムがもらえる
ティッシュの場合は
飛べるこながもらえるよ
ツリー・キングダムは強いんだ
みんな一緒だから
強いんだ!

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

October 23rd, 2016 at 1:30 pm (PDT)