グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

Archive for the ‘生徒作品’ Category

【生徒作品】清水亮翔 12歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 12歳
「玉ねぎガスと土星のガス」

玉ねぎのガスは
人々を泣かせる
催涙ガスを出す
皮を取っても催涙ガスは
出ない
でも切ったり
潰すと
細胞が開き
催涙ガスが出る
有機物のガスである

土星もガスを出している
カッシーニーは
土星がガスを出していると
見つけた
そのガスとは
炭化水素である
しかしこれは
玉ねぎのガスのように
有機ガスではない

玉ねぎだけではない
牛のゲップも
有機ガスである
牛のゲップには
メタンが含まれている
これは地球温暖化を
進めると言われている

地球には
有機ガスがある
しかし土星にはない

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 23rd, 2017 at 10:06 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「土星の1年は(365×29)日。ちきゅうの1年は365日。でも土星に生きものはいない」

ちきゅうも土星も
太ようのまわりを
まわる

ちきゅうは太ようのまわりを
1年で1しゅうする
土星は太ようのまわりを
29年で1しゅうする

ちきゅうは
何十おくの人間や生き物の
いのちをのせて
1年で1しゅうする

土星は一人
さみしくても
ずっと一人で
29年で1しゅうする

「ぼくたちもいっしょにいるから
さみしくないよ」
と タイタンやエンケラドゥスが
土星に言ったんだ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 23rd, 2017 at 10:04 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

without comments

【生徒作品】 中山 泰汰 10歳

「レゴの躓きとゴムバンド」

レゴは全然レゴが
売れなくなり、
1400もの人が仕事を
失うだろう。
レゴはやり方がある。
だから、レゴを作るには、
手順にそろわなければならない。
だけど、ゴムバンドはちがう。
手順にそう必要はない。
僕や慧大はそれで色んなふうに遊べる。
のばしたり、うったりして遊べる。
お母さんも使える。
一時的な髪留めに使える。
このように、自分で考えて使う物は、
いつまでもいつまでも楽しめる。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 22nd, 2017 at 9:10 am (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「レゴが売れないわけ、ぼく知ってる。」

レゴはデンマークのおもちゃのブロックの会社です
ブロックを説明書通りにつなげれば
スターウォーズのうちゅうせんとかが作れる
それが人気だった
スターウォーズで売れたから
またほかの映画でも、もうけようと思ったけど
そうはいかない
子供たちをコンピュータゲームに取られちゃって
よびもどすことも出来ない
アイディアは、アメリカの映画からもらうだけだし
作り方もこう作れって言うだけだし
子供たちがつまんなくなるのもそりゃ当たり前
ぼくだってレゴなんてとっくの昔にそつぎょうした
だって
説明書の言う通りにしなくちゃいけないなんてつまんない
自分で考えちゃだめなの?と思っちゃう
ぼくは、
レゴが売れないわけ、知ってる。
遊び方をおしつけられるの、子供はいやなんだよ。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 22nd, 2017 at 9:09 am (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「DACAはいしはまちがっている。」

Deferred Action for Childhood Arrivals(DACA)を、トランプがはいしすると言った。子どもの時アメリカにとうちゃくした人をメキシコに返すのをおくらせること。2012年にオバマが決めた。でもさいしょから、さんせいする人と反対する人がいて、元々むずかしい問題だった。オバマにさんせいする人は、
「子供のせいじゃないよ、大人がメキシコから連れてきたんだから、大人のチョイスで行こうって言ったんだから。こっちでがんばって勉強して悪いこともしてない子をもどすのは、かわいそうだし、いろんな人がいた方がアメリカのためにもいいよ。」
って言う。でも反対する人は
「この子たちは、小さいときにほうりつやぶってアメリカに来たんだから、帰れ。ドリーマーのせいで仕事がない。」
とか言う。自分がちゃんと勉強しなかったのに、ドリーマーのせいにする人がそういうこと言う。
 ぼくは、トランプがDACAはいしするって言うのは、まちがいだと思う。
1、 アメリカは昔インディアンだけが住んでたけど、そこにイギリスからたくさんいみんが来てインディアンをころして追い出して自分の国を作った。アメリカは元々いみんが作った国。ワシントンもリンカーンも、インディアンじゃない。だから、ドリーマー達を追い出すのはへん。自分だってどっかから来た人の子ども達だったんだから。
2、 トランプはいっつもオバマに反対する。オバマがだめって言うことはトランプはいいって言うし、その反対もそう。トランプは、自分はオバマよりいい大とうりょうだって言いたい。そして、vote されたい。そればっかり考えてる。それが理由のDACA反対だから、だめ。
3、 大とうりょうのオバマがドリーマー達にしたやくそくは、国がやくそくしたってことと同じ。いっしょうけんめい勉強してきた子にはチャンスをあげるよって言った。なのに、トランプはそのやくそくをかんたんにやぶる。大人は、やくそくやぶるって、子供に見せてる。それはだめ。なさけない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 22nd, 2017 at 9:09 am (PDT)

【生徒作品】大藪一肇 5歳

without comments

【生徒作品】大藪一肇 5歳
「あき」

あきはあるくとおとがする

くっくっく
かりかりかり
きっきっき

したにおちたはっぱのおと
ふむとそういうおとがする

はっぱのいろはちゃいろになった
はっぱはえだからおちちゃった
じめんにね
おちたはっぱは、かりっかり

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 19th, 2017 at 6:12 am (PDT)

【生徒作品】 大沼 一 9歳

without comments

【生徒作品】 大沼 一 9歳

「レゴのつまづきとゴムバンド」

デンマークのおもちゃ会社、レゴ
利益が出ていないから
これから大幅な人員削減をする
アメリカやヨーロッパでの売り上げが下がっている
それは、レゴへの魅力が下がっているから

レゴは決まった形をしたブロックを積んで遊ぶおもちゃ
でも、その決まった形が問題
僕たちの頭の中は決まった形では作れない
レゴの箱には、箱の絵柄のものを作るためのブロック
それに作りかたの紙が入っている
作り方にそってできた箱の絵と全く同じもの
それって楽しい?

僕は去年、輪ゴムでよく遊んだ
紙を色んな形におって、輪ゴムを使って飛ばして遊んだ
輪ゴムを丸めて紙の先につけ、おもりにした
紙をかける部分の輪ゴムを2重にしてみた
紙の折り方を変えてみた
作り方なんてなかった
家の輪ゴムを全部使った
お母さんは嫌がったけど
自分で考えて試した
没頭できて楽しかった

決められた形のものは、決められた形にしかならない
輪ゴムや、紙、落ち葉で作る絵は、決められた形がない
だから、僕の創造力を掻き立てる
鉛筆1本あれば、僕は何時間でも好きな絵を描く
絵を描いている時、僕の頭の中は自由だ

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 16th, 2017 at 5:13 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「私の体内とけい」

パラパラパラ
私の体内とけいは
すなどけい
そのすなは
たんぱくしつから
できている

あさおきると
パラパラパラ
上のたんぱくしつすなが
少なくなると
おなかすいたな
と私はかんじて
なにかをたべると
くるっとかわり
またパラパラおちる
まただんだんなくなり
よるごはんをたべて
くるっとまたまわって
またパラパラおちる

あさおきると
またパラパラパラ
上のたんぱくしつのすなが
少なくなると
ねむいな
と私はかんじて
ねると
くるっとかわり
またパラパラおちる
またねて
くるっとまたまわって
またパラパラおちる

このすなどけいは
私の生まれる前
おかあさんのおなかにいるときから
くりかえす
いのちのすなどけい

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2017 at 10:03 pm (PDT)

【生徒作品】清水さくら 8歳

without comments

【生徒作品】清水さくら 8歳
「日本人と英語」

日本では
えいごをしらない
人がいる
それでいいんだ
日本人たち

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 12th, 2017 at 10:01 pm (PDT)

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「動物の体の中で、人間のぞうきを作って、それをいしょくに使うことをしちゃ、だめ。」

 しんぞうが悪い人がいたら、まずしんぞうのないブタのじゅせいらんを作る。じゅせいらんっていうのは、ブタの赤ちゃんのたまご。そのじゅせいらんに、人間のさいぼうを入れる。それをふつうにママぶたの体の中で育てる。そしたら、しんぞうのないブタのしんぞうの場所に、人間のしんぞうが育って、人間のしんぞうをもつブタが出来る。で、そのしんぞうを、しんぞうの悪い人のしんぞうとこうかんする。
 これが、日本のせいふのもんぶ科学しょうが2018年から研究進めてやりたいって言ってること。ぼくは、これ、ひっどいと思う。日本にせいふにもんく言いたい。人間は、しぜんをこわしてばっかりで、しぜんをどんどんかえちゃって、ばか。ぼくが大人になったときのみらいの地球はいったいどうなってるんだろうって心配になる。
 ぼくのお母さんだって、しんぞうが悪いから、お母さんを助けたいけど、だからって、ブタをころしたり、どうぶつの体をこわしたりするのは、ひどい。ぜったいだめ。動物は人間のおもちゃじゃないし、工場でもない。ジェネシスでは、人間は動物をしはいするように言われるけど、やりたいほうだいやっていいってことじゃない。人間と動物は同じ。そして、人間は神様じゃない。人間はもうすでにこわしすぎなのに、それをわすれてる。もうがけをこえてる。もうげんかいだってこと。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 11th, 2017 at 2:02 pm (PDT)