【生徒作品】カシペ・パメラ 17歳

「ドイツ物語」 私の名前はアダビダです。ドイツに住んでいるイスラム人ナースです。35歳のドイツ人が殺されたときに、バーリンで住んでいました。昨秋にやっとナースになりました。そのときに怪我をした男の人が病院にきました。彼はベットにいました。「おはようございます。私はアダビダで、あなたのナースです。よろしくお願いします。」彼は私を見て笑った。 「汚い犬いらねぇよ。でていけ」顔を反対に向けました。私は無視しました。 「大丈夫ですか。暑いですか。水持ってきましょうか。」返事がなかったです。このひどい台度は二週間このままでした。あの日、彼から返事聞こえました。簡単の「ええ」をくれたけど、それにびっくりとと思いました。私は「何で返事しましたか」彼は返事しません。いつも通り、無視しましたけど、彼の熱いお茶がこぼれました。私たちは叫びました。「大丈夫ですか。今すぐに…」私は彼に手を伸ばして、ひっばたかれた。 「あっ、ごめん…」彼は言いました。私は顔をしかめて部屋から出ました。他のナースを読んでおその日彼に会いませんでした。 翌日、彼が立てました。彼は心配な顔しました。「ねぇ、昨日…」 「大丈夫です。気にしないでください」 「いええ、謝りたかったんだけど…」 「なぜですか。あなた、何も優しい言葉私に言いませんでした。なんで今日変わりましたか。」 彼は3秒静かでした。 「アダビダさんにばかりいじわるした方のに、アダビダさんは悪いこと決してしなかったから。」 私は笑って、彼にお茶をあげた。