マックニャーニ花さんの作品

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳

【生徒作品】マックニャーニ 花 12歳 エッセー 「字のないはがき」を読むとなぜ涙が出るのか マックニャーニ 花 「字のないはがき」の最後の所を読むと、涙が出ました。「字のないはがき」は終戦の時の話です。 この話の中の女の子は向田邦子です。この、向田邦子の父親は、家の中では暴君でもしたが、反面テレ性で自分の気持ちを素直に洗わせない人でもありました。家では、妹や母にも激しく怒ったり、叩いたりもしましたが、手紙の中では、理想的な父親を演じていたようでした。戦争の間に、向田邦子の妹達は田舎の方へ疎開していました。一番年上の向田邦子だけは両親と一緒に家にのこっていました。一番年下の小学校一年の妹が田舎へ行く前に、父親は、たくさんの(父親の宛名が書いてある)葉書をあげ、元気だったら丸を書きなさい、と言いました。これは、父親が年下の妹を心配していたからです。妹が行った最初の日には、大きい、赤い丸の葉書が届きました。けれども、次の日には、小さい丸とばつが書いてありました。妹は寂しくなったのです。そのうちに、手紙が来なくなるようになりました。心配したお母さんは、妹の様子を見に行きました。すると、小さい妹は、百日咳にかかっていて、頭はシラミだらけで一人で寝かせられていました。だれも、妹を助けていなかったのです。妹が帰ってくる日、家の中には、妹に元気を出させるために、庭で育てていたカボチャをいっぱいならべて待ちました。痩せてますます小さくなった妹がかえって来たとたん、その厳しいはずの父親が裸足で庭に飛び出して、妹を抱きしめながら大声で泣きました。この所で私は涙がでました。 父親は家の中ではいつも暴君で厳しい人だったみたいです。けれでも、家族から離れて住んでいる娘達の事はいつも心配しているようです。とくに、一番年下の妹がひどい病気にかかって、帰って来た時に、大声をだして泣きながら妹を抱きしめている所に、父親の愛情が感じられました。これは、父親がテレ性で、いつもどんなに娘達の事を心配していたかが見えて、父親がどんなに苦しい思いをしていたのかが分かりました。その父親の深い愛情を理解した時に、私の涙もこぼれました。Facebook

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳

【生徒作品】 ◆ マックニャーニ 花 ◆ 12歳 エッセー「この秋にやる事が有る」 マックニアニー 花 私は、この秋から六年生になりました。現地校では小学生ではなく、中学生です。だから、私は小学生の時よりも、もっと努力して勉強しなくてはいけません。 でも、グロスマンアカデミーでは、私はもう10歳の時から中学生でした。その間、勉強も宿題も大変でしたが、私はまだ中高生から落ちていません。この秋にやる事は、漢字をもっと学び、漢文の意味も理解できるように成りたいのです。私は、昨日、9/6にグロスマン先生に授業料の小切手をわたす時、約束しました。私とタイラーは今月もがんばって勉強するという事を。。。そして、「よろしくお願いします!」と言いました。私はこの秋こそ、グロスマン先生の期待にそって、がんばって行きます。 もっと漢字を学んで、漢文を理解するには、国語と漢文の時間にふざけないで、ちゃんと聞いて読む事に集中しなければいけません。だから、私は来週から、きちんと、グロスマン先生が言っている事を聞いて、ノートもとって、目標を到達ためにがんばります。 私はこの秋にやる事は、漢字をもっと学んで、漢文の意味ももっと理解できるようにがんばる事です。絶対に努力して、目標を到達です!Facebook

エッセー「一人で考えて、感じて、する事」

エッセー マックニアニー花 一人で考えて、感じて、する事 私はよく一人で考えます。車の中にいて外をまっすぐ 見ている時、前を見ているのだけど、窓の外に木が見えた ら、なぜかその木を目で追っています。どうして、私は、前 を見続けないのだろう? 私はよく一人で感じます。それは心配することです。 例えば、日曜日の朝に山に登りに行くと計画します。そうす ると、私はとても不安になります。今日お家に帰った後、宿 題を終わらなかったら、どうしよう...。 私だけが感じて考えてやることは、本を読む事です。 私はどんな本を読むのかを悩む時は、おともだちに尋ねま す。また、私のお友達も本がものすごく大好きだから、たく さんの本を読んだ後、私に聞いてくれます、 「この本おもしろいよ。読む?」 私は図書館に行っておもしろい本を探したら、その本を借り ます。それを読んで好きだったらそのシリーズをかります。 私は感じます、本当に面白い本を読んだらその本の世 界にいる気分になります。その本を終わったら、その本の中 で終わった事をまた思い出してその事を考えます。

ショートショート「私と私のお友達、ココちゃん」

ショートショート マックニアニー花 私と私のお友達、ココちゃん ここどこ? どうして毛があるの? 「ああっ!」石がうごいている。なーんだ、赤ちゃん の像さんなんじゃない。それにしても、たくさん毛が 生えてるなあ。 「あなたの名前はなあに?私の名前は公子です。?」 「パオーン。」そうだ、像さんだから話せないんだ。 私があなたの名前をきめる。ココちゃんにする。ココ ちゃんは迷子の像さんのようだね。だって、赤ちゃん なのに一人でいるもの。しかも、暑くて動けない。 「よし、ココちゃん、あなたを川に連れて行ってあげ る。いっしょに泳ごう!」 その像さんは、私のことばで少し元気になって、一生 懸命についてきた。川についた。私は暑かったから服 をきたまま冷たい水にはった。ココちゃんは、すでに うれしそうに泳いでいた。私はココちゃんのうしろに いって「バシャン!!」と水をかけた。ココちゃんと 私は水遊びを二時間ぐらいした。そして、私はお腹 がすいたから石をつかって魚をとって食べようと思 った。でも、むずかしくてできなかった。その後、コ コちゃんは何をしているか見ると、ココちゃんはいな くなっていた。五分経ったらココちゃんはかえってき た。長い鼻でもっていたのは、たくさんの木の実だ った。  お腹いっぱいになった後は、かくれんぼうを長い間し て遊んだ。するとその時「パオーン」という音が聞こ えてココも「パオーン」と鳴き返した。ココちゃんの おかあさんだった。私はココちゃんにバイバイと言 うと、ココちゃんとココちゃんのお母さんも「パオ ーン」と言った。そのあとすぐに気づいた。……私も 迷子だった。だけどその後すぐに私のお母さんの声が 聞こえてきた。私は目をさました。おもしろくて、か わいい、夢をみていたのだった。

エッセー「クリスマスの日」

エッセー マックニアニー花 クリスマスの日 私の名前はマリです。メリランド州のボルティモアという町 の、古くて小さいけれど、暖炉がある素敵なお家に住んでいま す。今日はクリスマスの前の夜です。私は暖炉の前に1人で座 っています。パパとママはもう寝ましたが、私はまだ起きていま す。時計を見ると今は、夜の11時ごろです。私はプレゼントの ことはそんなに気にしていないです。もらったらうれしいけど、 私はあげる方が好きです。そして、私はわかっています。クリス マスはプレゼントの日ではありません。 私はまっ暗やみの部屋の中で、すずの音を聞いたと思いま す。本当に小さい音です。だけど確かに聞こえます。私は静かに たちあがりました。私はもうサンタクロースを信じていないけ ど、「もしかしたら…」と考えはじめました。すると突然に私は やねの上まで吸いあげられました。それから、ソリの中に落ちま した。その中では、もう五人ぐらいの子供達が楽しそうに遊んで います。前を見ると、大きくって、赤い服を着た、白い髪の毛と ひげをはやしたおじいさんが座っていました。『サンタ?!』と 私は思いました。私の隣に座っている女の子だけは、他の子供達 のようには遊んでいませんでした。 「私達はサンタクロースが住んでいるところにいくの」とその子 が言いました。 「あなたの名前はなに?」私は聞きました。 「セラー。私達、ソリの中に落ちた子供達は、皆サンタクロース を信じていないの。」 その後私は、話すのをやめました。私は考え始めました。こ れは夢なの?私はうでをつねりました。いたかった。夢じゃな い? 私はこれは絶対夢だと思いました。なぜなら、私は真っ暗な暖炉 の前でさっき時間を確認したばかりだからです。 私達がやっとサンタクロースのお家に着いた時、小人達がき ちんと並んでいるのが見えました。私達はソリから出ました。小 人達は私達を運んで、トナカイの上に乗せました。そして、後ろ をみたら、サンタクロースはもういないと気づきました。トナカ イにのって、空を飛び始めました。私は小人達が何をしているか はわかりませんでした。私達はもっともっと飛んでから、とまり ました。セラー達のトナカイもとまっていました。だけど私達の トナカイは皆ばらばらに止まっていました。そしたら、私達は早 く飛んで誰かのお家にとまりました。よく見ると、私は一人でし た。セラー達はどこにもいません。そしたらすぐに、私はその家 に吸い込まれました。私は何するかわかりました。どうしてかわ かりませんが、私はその子の家にプレゼントをおろしてお家から 出たのです。それから、次つぎと、私は家から家に飛んで行 って、プレゼントをあげました。最後の家にプレゼントをおいた 時、私はもっと元気になっていて、楽しいと思いました。 私はトナカイに乗ってサンタクロースのもとへ帰りました。 だけど私は帰りたくなかったです。私はどうにかして、トナカイ をとめようと思いましたが、とまりませんでした。すぐに、サン タクロースの家が見え始めました。すると、セラーや他の子供達 がすでにいました。だけどその子供達はぜんぜん楽しんでいませ んでした。 「やっと終わったよ」とか 「それは馬鹿だったね」とか 「たいくつだった」とか文句を言いました。私は、 […]

エッセー 「第十四回グロスマンアカデミー卒業式」

エッセー 第十四回グロスマンアカデミー卒業式 マックニアニー 花  「卒業式、卒業式、卒業式。」どきどきする。今日は、六月二十五日土曜日——パルアルトにあるグロスマンアカデミーの卒業式。四人の卒業生徒がいる。彼らは、谷さん、セリーナさん、ひろきさん、とカシペさん。私は楽しみだけど緊張する。嬉しいけど悲しい。これは、手作りの卒業式だ。  最初は、髪で作った折り紙をテーブルにつけた。次は、紙で作ったお花を部屋中に飾った。それから、風船を膨らませて、部屋中に飾った。その後は、色紙で作った輪飾りを壁や扉につけた。最後に皆で作ったくす玉を部屋の真ん中に飾った。  いよいよ卒業式が始まる。耕大さんの開式の言葉で始まった。私はドキドキした。もうすぐ私のスピーチの番だ。紙を見ないでキチンと言うつもりだ。「マックニアニー 花さん!」私ははやく立って、スピーチを間違えないで話した。「やった!」私のスピーチはおわった。皆が拍手をした。在校生徒達の言葉の後は、卒業生達も一人ずつスピーチをした。少しだけ悲しくなった。  他にも色々あったけど、私は歌を歌うのが嬉しかった。なぜなら、皆で一緒に歌を歌うのが楽しくて、好きだからだ。最後に、卒業生達がそれぞれパフォーマンスをした。セリーナさんは自分で作った曲を弾いた。私は悲しくなった。なぜなら、セリーナさんは大学に行ってしまうので、もう今までのようには会えないからだ。もちろん他の卒業生達とも会えなくなるので、さびしくなる。  この卒業式は楽しくて、悲しいセレモニーだった。卒業生の皆さん、「おめでとうございます!」私は悲しかったけど、心の中でなんども言った。最後に、卒業生のみなさん、「バイバイ!グロスマンアカデミーのこと、私達のことを忘れないで遊びに来てね!」