小説 「スパイ」

小説 スパイ 山本 遥香 「はっはっはっはっは。やっぱり今の時代、楽が一番だよな。」 今から約3年前のこと。三村卓也はまだN社働いていた。自分の家庭があって、毎日必死で家族のために働いた。毎日疲れて帰ってきてもこどもの寝顔を見るたびに安らいだ。お金に目がくらむようなやつでもなかった。そんなある日、ことは突然変わってしまった。        いつものように朝起きて朝食を食べ、お弁当をもらって出勤すると、なぜか社員は皆泣いている。一歩一歩自分の机に近づくたび心臓が高まる。エレベーターは階段を使ったほうが早いぐらいゆっくりだった。やっとついたと思ったら机の上にはダンボールがおいてある。何が何なのか状況が理解できなくて隣の斉藤さんにいわれてやっとわかった。 「私たち、今から荷物をまとめてすぐに会社を出なきゃいけないの。これからすぐに警察が来る。三村さんも早く荷物をまとめて出たほうがいいよ。」 「え??なんで?」 「実は上のほうの人たちがお金を悪いように使ってたらしくて、今まで会社がうまくいっていたように見せかけて、本当は去年あたりからどんどん会社の株も下がってたらしいの。」 斉藤さんは泣きそうになりながらもこの状況を説明してくれた。頭がガンガンして目の前がぐるぐるする。今考えられるのは・・・家族の事だけ。これからどうしよう。こんなこと妻にも言えない。まだ子供も5歳だし、もし実家に帰るなんて言い出したらどうしよう。何もかも失ってしまったらどうしよう。 荷物をまとめ終わっても頭の中はそのことでいっぱいだった。

小説 「俺は誰だっけ?」

小説 俺は誰だっけ? 上畠 啓輝 Introduction  スパイとは、国家そのほかの団体が秘密にしている情報をひそかに、あるいは虚偽、買収などの手段を用いて探知、収集し、対立関係にあるほかの国家や団体の利用に供する者である。スパイはどこのどいつがやっているかなんてわからない。でも顔が割れてしまえば、自分の情報がいきわたって、自分も、家族も、友達も危ない目にあってしまう。だから目的を果たすために、「自分」を自分じゃなくする。自分の名前を変え、自分の性格も変え、自分の顔なども変えたりする。偽の家族も作ったりもする。ターゲットに近い何も知らない一般の人と”付き合い“、その人もターゲットも騙す。その関係は一ヶ月続けば、何年も続くこともある。これを指令が出るたびに行う。次々と新しい「自分」が出来上がっていく。でも数多く存在するスパイの中では、頻繁に「自分」をコロコロと変えていくうちに、本当の「自分」が誰だかわからなくなっていく者もいる。本当の自分以外でいるときは、その存在しない人の名前は自分の名まで、その人の過去は「自分」の過去だということを頭に叩き込んでいる。その存在しない人として長い間生活しいるから、どんどんその日が本当の「自分」だと思ってしまう。でもまたその後また新しい自分が出てきて、「自分」だと思い始めていた自分がいなくなってしまう。これが何回もおきている間、本当の「自分」の存在を覚えとかないんといけない。本当の「自分」と、偽者の「自分」を両方の全部の情報を覚えておくことが、ストレスとして蓄積してしまう。そして、なんかしらのショックを受け、すべての記憶が消えてってしまう。それで完全に自分を無くしてしまうのである。この話は、「自分」を無くしたスパイの話である。

小説 「スパイは死ぬ」

小説 スパイは死ぬ 南原 セリーナ  五年前。首吊り自殺があった寒い十一月三十日。真太は天国へ行った。  監察医務院で仕事を一区切り終わらせ、紅茶を飲みながらソファに寄り掛かっていた時に電話が鳴った。  「はい、もしもし清水です」  「清水、杉原区もみじ町に今すぐ来い。首吊り自殺だ」  「はい、わかりました。今すぐ行きます」  電話を切って、ふとため息をついた。  「今日も死を出向きますか。それじゃ、行って来ます真太」  机に置いてある私と真太が写っている写真立てにささやいた。コートとかばんを持って、駐車場の奥に眠っている車に駆け付けて、エンジンを回した。五時の空は夕暮れが照らすオレンジ色で薄く滲んでいて、悲しみを訴えるような静けさに私は心を寄せていた。真太もこんな世の中の惨めな姿に嘆いているだろうね。人は人を憎み、恨み、怒りながらも冷めた関係にしがみ付く。信頼を心無く捨て、偽りの人生を送っている人間に腹が立つ。自分の都合いいことばかり言っていながら行動が矛盾している人間に腹が立つ。生きることに対して中途半端な生き方をしている人間に腹が立つ。こんな世の中だからこそ私は監察医として死体の中に秘めている真実を精一杯追究しようとしているのかもしれない。

小説 「誇り」

小説 誇り 府川 周平  母から叱られ以来僕は一度も部屋を出ていない。部屋の鍵をしてから既に三日が過ぎた。いつもの三食が必要で腹は奥から泣いている。精神的追い込まれ自分自身も泣きたいところだ。部屋に篭り始めた初日は散々父母から怒鳴られていたが今は注目されてなく、一言も喋ってくれない。いつも一緒だった弟も話しを聞いてくれない。時計をちらりと見た。夕方6時半だ。今頃皆は夜飯を食べているだろう。やはり父と母も僕の行動に対しあきれてしまったのだと思う。だが僕はその事実を無視し、自分の人生だけに集中することにした。両親には十六年も育ててもらい僕は心から感謝している。だがその事を取り消してしまう行動を親は取ってしまい、僕は正直発狂した。そして決心した。二文字の言葉だ。家出。まるでドラマのようだ。今夜はいつもと違う。長い針が十二、小さい針も十二になる瞬間、窓を開け、網戸を破り外に飛び出し、社会への第一歩を自信持ち掴む。布団をもぐり中で転がりながら暇つぶししていると足跡が聞こえた。うるさく大きい足跡だった。自分に「父さんか…」とため息をつきながら囁いた。彼はドアを叩き「お前いつまでそこにいるつもりか。母さん心配しているぞ。」と言った。彼を信じられない自分がとても恥ずかしい。僕は無視が出来ず彼に言い返した「嘘つき。父さん大嫌いだ。」無意識に出てしまった言葉は父の心を突き刺しただろう。静寂が雰囲気を変えてしまい遂に父さんが吐き出した「分かった。何回も謝っても許してくれない息子は必要ない!」僕は無表情のまま彼の言葉を聞いた。父は不満でリビングに下がった。家出の準備を続け時間をつぶした。

小説 「心のミッション」

小説 心のミッション 篠島 結衣 はじめ  私の世界が変わった時は、私の母が「リア、私の事務室に来て。」と言った時だ。私はまだ10歳で、学校が終わった後に母の事務所にいたのだ。彼女はまだ仕事があったので、私は待っていた時に、彼女は私の名前を呼んだ。  私が彼女の事務室に入ったときの気持ちは今でも覚えている。彼女の部屋はものすごく大きくて、寒くて、よく見れないほど暗かった。ドアを閉めた時の瞬間は恐かった。「ママ?」私の声は小さくて弱かった。すると、いきなり電気がついた。私の母の顔が見えるようになった。  「あ、リアちゃん。こっちに来て。」彼女は自分の机の前にあったいすを私にすすめた。私は時間をかけて歩いて、そのいすに座った。彼女のつくえが高かったのか、私のいすが低かったのか、どっちだったのかは分からないが、とても私の高さでは母の顔は見えにくかった。私の母の机には、いろいろな紙やペンなどがきちんとおいてあった。彼女の名前のプラークがピカピカで、大きな字で「ルーナ山田:テレーンエイジェンシー」と書いてあって、その下に「諜報員」と書いてあった。  「ママ、諜報員てなに?」私は聞いた。すると私の母はほほ笑んだ。 「それは私のことなのよ。私はスパイなの、ヒミツなんだけどね。私はこのヘッドクォーターのボスなのよ。」私はこれがとてもかっこいいと思ったので、喜んで、 「ママ、うらやましいな!」と言ったのだ。すると母は驚いて、「本当?よかった!その話をしたかったのよ。」と言った。彼女は立ち上がり、私のとなりに座った。  「私のHQでスパイになりたい?」とまじめな顔で母は聞いた。 彼女はヘッドクォーターをHQと呼んだ。 私は喜んで「うん!」と言った。  こうやって私の人生が変わった。

小説 「多重人格」

小説 多重人格 中村 茉貴  一九三〇年、第一次世界大戦終了十一年後に世界大恐慌が起きた。戦争に破壊され、やっと立ち直り始めた国々の経済は激しくぐらつき、再び落下を始めた。 特にイタリア、日本、ロシア、そしてドイツのいずれも戦後にひどい扱われ方、蔑みをされたものの気分は最悪。そして彼らの復讐心に燃える心は、紙切れに書かれた平和を、少しずつ、だが確実に、灰へと変えてゆくことになる。  一九三三年、一月、ドイツ、ナチス等のアドルフ・ヒトラー、ポール・ヴォン・ヒンデンバーグ大統領により、首相に任命。その予定時刻に遅れ、かつ静かに始まり、次第に大きく、大きく、驚異的なまでに激しく、力強くなる声と手の動作は世界大戦後、勝者の欧州諸国、そして米国に侮辱された国民に希望を―彼に対する恐怖心を―与えた。  一九三三年、ヒトラー、全権委任法を通し、ナチ以外の勢力すべてを鎮圧。  一九三四年六月三〇日、長いナイフの夜事件発生。全権委任法で外の敵を鎮圧した後の内―つまり仲間の中の、自らの権力に驚異的な者の徹底排除。  そう、ここからが自分の本格的な出番だった。ヒトラー直属のナチ秘密警察所属、ミヒレ・メンシェンはふと思い出した。一九三八年、彼は食品を買いに出ていた。このただでさえ寒いない四月の、更に、曇った日、出歩いている人はそう多くない。ところどころ人を見かければ彼らはベレー帽、スカーフ、襟付きのコートに、まるで身を寒さ以上のものから守られるようにと、身をすっぽり埋めているのである。ベレー帽とスカーフの間から垣間見られる目は暗く、怪しく光り、家へ家へと急ぐ足の様に、絶え間なく動いていることはたやすく予想できた。  無理も無い。ミヒレはその栗色の髪をかきあげながら周りを見回した。目に飛び込んでくるものは決まっていた。子を抱くヒトラー、ナチの紋章である卍が中心にある白い円の中に描かれた赤い旗を持つヒトラー。その下には「Es lebe Deutchland―ドイツよ永遠に―」の文字が。他にも様々な「アーリヤ人―非ユダヤ系白人」の子供たちが楽しく遊び、学び、働く大人になる過程を描写するもの。街角に張られたありとあらゆるポスターが、そしてそこにヒトラーを含む目という目が、自分を見ている。  心なしか、一つのポスターのヒトラーと目が合ったとき、ミヒレは電撃を浴びせられ、そのままブラックホールに吸い込まれてゆくような感覚を味わった。彼はその自分の無意識な反応に苦笑し、まぁ、あのポスターは、俺が「仲間」と貼ったものだがな、と思った。  ―人間とはつくづく不思議な生き物だ― 不意に、ミヒレの頭の片隅で声がした。「そうだな」と彼は慣れたように気のない返事をし、歩き始めつつも周りを見回し、続けた。