上畠さんの作品

小論 「日本人である素晴らしさと、日本人である危険」

小論 日本人である素晴らしさと、日本人である危険 上畠 啓暉  日本人である素晴らしさがあると同時に、日本人である危険もある。  今の世界には、“新日本人”というニュータイプの日本人がいる。この“新日本人”というのは、日本人の地を持たない日本人である。自分たちの国の国籍を捨て、日本人として帰化するのである。“売国奴”や“裏切り者”という汚名をつけられても、それを甘受し、新たな日本国民となったのである。彼らは日本の魅力を理解しているから、日本の国民になりたいと思った。そして実際になっている。日本の血が流れていても、日本の魅力が分かっていなかったり、日本という国を嫌っている人がいっぱいいる。そういう意味じゃ、新日本人のほうが日本のことをもって知っており、日本に対しての愛国心が強いのかもしれない。ペマ・ギャルポもその“新日本人”の一人である。インド難民であったペマ・ギャルポを受け入れてくれた国だから。ペマ・ギャルポにはアメリカに行くという選択肢もあったが、日本を選んだ。多くの日本人が知らない日本にいる一万人のペマ・ギャルポのような難民の事だって知っている。体質が日本人的になってくるぐらい日本がすきなのである。  これだけペマ・ギャルポがすきになる日本であるが、素晴らしさと危険がある。生長の家総裁の谷口清超は「美しい国と人のために」の中で、“日本では大調和の広く深い心を持った国である。それ故、国内の人々が仲良く暮らし、お互いに親切である。”といった。実際に東北地方太平洋沖地震が発生したときも、東北の人たちはお互いを助け合い、ほかの地域では被災地の野菜などを販売して復興支援をしている。日本は自然とも調和して生きてきた。日本は昔から自然とともに生きてきており、日本の伝統的な建築方法や生活様式にも自然と調和して暮らす知恵が詰まっている。日本人は人だけではなく、自然を大切にする心を持ち、調和してきたのである。  だが日本人はアイデンティティを無くす傾向がある。日本は島国であるから、ほかの国と隣接していない。日本に住む日本人はほかの国の人たちと触れ合う機会が少ない。だから自分を客観視する機会も少なく、「日本人ってなんだろう」と考えることもなく、自分が誰だか分からないまま成長してしまう。だから海外に行ったら、海外から人が着たら、その文化に向いてよろめいてしまう。そしてその結果、自国をだめにしてしまい、その国を偉いとしてしまう。 

小説 「ヤンキー、実はヲタクだった。」

小説 ヤンキー、実はヲタクだった。 上畠 啓暉 第一部: 序章  ヲタクは1970年代に日本で誕生したサブカルチャーのファンであり、独特の行動様式や文化を持っている。だが他分野の知識や社交性に欠けているため、自分たちと同じような趣味や関心がなければあまり話せない。そして漫画やアニメ、コスプレ、フィギュアなどのに深い関心を持ったマニアである。だから萌えや秋葉系などといったキーワードと強く結ぶつけられる。彼らは毎日のように秋葉原を訪れ、自分たちが好きな漫画やアニメのフィギュアなどのグッズを買いに行ったり、自分たちが好きなアキバ系アイドルに会いに行ったりしている。ファッションも自分たちが好きなキャラクターやアイドルがプリントされているTシャツやバッグを身にまとっている。恋愛に関しても、普通の3次元の女の子には一切興味を持っておらず、アニメの中の2次元の女の子や2.5次元と呼ばれるフィギュアやアイドル声優にしか興味を持っていない。そして給料やお小遣いでもらったお金はほとんど全部、自分たちが好きな秋葉系のものに注ぎ込んででいる。こういう特性を持っているせいか、世間一般的に「気持ち悪い」というイメージが強く植えつけられている。現代は特に若い層からそのヲタクたちは気持ち悪がられている。  今回の主人公、日村和夫は、このヲタクのステレオタイプにぴったし当てはまる人物だ。日村和夫は身長は181cm。高校に毎日通う高校3年生であり、二日に一回、秋葉系の友達と秋葉系のキャラクターがプリントされたシャツとバッグをまとい、秋葉原に行っていた。そしてメイドカフェに行ったり、アキバ系アイドルのライブに行ったり、お小遣いでアイドルやキャラクターのフィギュアを買ったりする。こうして二日に一回はアキバ原で日が落ちるまでアキバ系の娯楽を楽しんでいた。学校の周りの生徒たち、特に女子たちは日村を見るたびに気持ち悪いといい、日村を小ばかにしている。この情報だけ見ていれば、「ヲタクとしてのレベルは相当高い」と思うのが普通だろう。だが、日村和夫は365日この「レベルの高いヲタク」でいるわけではない。このヲタク系日村和夫は正真正銘の本物の「日村和夫」なんだが、日村和夫にはもうひとつのヲタクとはかけ離れた世界で活動している顔があったのだ。そのかけ離れた世界で活動している日村和夫は別の名前を使っている。その名は「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」。この日村和夫扮する「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」というのは東京の暴走族、東京リーゼント部隊、の総長である。「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」が束ねているこの東京リーゼント部隊というのは東京では最も強いとされており、ほかの暴走族じゃまったく太刀打ちできないとされている。そんなすごい暴走族の総長であり、がたいも大きいため、「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」に手を出そうとする奴はいない。二日に一回は東京リーゼント部隊の総長としての役目を果たしている。ただこの「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」、ケンカのノウハウが一切ない。なぜなら普段は学校中の生徒に気持ち悪がれるヲタクだから。身長は生まれつき高いだけ。筋肉はあまりないから、厚の服を着ているだけ。フィジカルの強さはゼロといってもうそではない。  当然、ヲタク友達は自分がヤンキーである事は明かしていない。そして当然、ヤンキー仲間にも自分が本当はヲタクである事は教えていない。ヲタク友達にヤンキーである事を明かしたら、友達ではなくなってしまう。そしてヤンキー仲間にヲタクである事を明かしてしまえば、馬鹿にされるだけでは収まらないであろう。ヲタクの上に喧嘩もできないとわかれば、ボコボコにされる事は間違いなし。だから本来の自分である「日村和夫」としてはヤンキーとしての自分を何が何でも隠し通さなければならないし、「鬼塚隼人(通称スーパーリーゼント)」としての自分は自分がヲタクであるという事とケンカが一切できないという事を何が何でも隠さなければならない。