生徒作品『草間彌生は精神病院に住んで、絵を描いている 』筒井 桜 12歳

芸術にはガイドラインがない。ルールがない。自分が自分で、描きたいことをそのまま 描きだすのが芸術。多くの人々は、芸術というのはちゃんと絵を描くのが上手ではないといけ ないや、芸術的のセンスを持っていないといけないというステレオタイプな考え方を持ってい る。だが実際に言えば、芸術というのは誰でもできる事である。ただそこから、どのように自 分の作品を広げていくかが難しい。  草間彌生は91歳で彼女の水玉の絵を描き続けている。彼女の絵は水玉がメインのフォー カスとなっている事で有名。彼女の絵は、全て彼女が幻覚を経験し初めてから始まった。内側 の自分とコープするために芸術を使っている。そしてその芸術に興味を持った人がたくさんい たから今でも有名。草間彌生は今、精神病院に住んでいる。そこで絵を描いている。精神病を 持っている人たちは他の人と「Fit in」しようと思わないから芸術で優れていると私は信じる。 精神病で苦労するのは大変なことである。そして芸術はその自分の中にたまりこもっている感 情や考えことを絵に表せるのだ。  芸術家になるためのガイドラインというのを無くして、自由に絵を書いたりし始めた ら、芸術の世界はきっとものすごい変わる。そしてその芸術を見るのを楽しむ私たちは、芸術 というのはどういう物かというのをちゃんと理解しないといけない。草間彌生が世界中の人々に見せてくれたように、芸術というのは誰でもできる。  

生徒作品『芸術と精神病の関係』大沼 圭 8歳

この記事で草間やよいさんは水玉の絵を描いている。草間やよいさんは小さい頃からせ いしんびょうにかかっている。せいしんびょうは喋らないものが喋るように見える病気。 草間やよいさんは91歳で水玉を使って喋らないものが喋る絵を描いた。それがたくさ ん売れて、喋る花という草間やよいさんが描いた絵が3Dである。草間やよいさんは多 分病気にかかってない人たちに見えないものを書いているから画家に向いていると思う。 多分その絵を買っている人は、自分が見たことないから買っていると思う。僕は人が違 うのがいいと思う。なぜならみんな同じだと人の絵なんか買わないと思う。僕はこの記 事の途中なぜ水たまりで絵を描くのだろうと思った。この記事では水玉は自分と戦った ものだから使うと書いてある。この病気はいい病気だと思う。多分病気のせいだと思う。 なぜなら普通そんなことをする人はいないから。僕は画家だったらこんな絵を描けない と思う。僕はやっぱり病気の方はいいかもしれないとおもう。でも病気だとひどい目に あうから病気の方が嫌。僕は草間やよいさんみたいにせいしんびょうかかったら嫌な目 じゃなくていいことが起きると思う。     

生徒作品『草間彌生は病気 でも絵を書いている』大沼 一 11歳

 弥生草間は貧しい家に生まれ、幼いころか ら草花やスケッチに親しんでいた。だが少 女時代から統合失調症にかかり、繰り返し てやってくる幻覚や幻聴から逃れるために、幻覚や幻聴を絵に書き留めた。統合失 調症は、およそ100人に1人弱がかかる病気 だ。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」とい うイメージがあるが、こころの働きのほとんどの 部分は保たれて、多くの患者は回復している。 この病気は高血圧や糖尿病などの病気と同じ ように、早期発見や早期治療、薬物療法が大 事だ。統合失調症の原因は、今のところ明らかではない。人生の出来事例えば、就職や結婚 などの変化が、発症の原因となることが多いそ うだ。ただ、それらは発症の原因であっても、 本当に原因ではないと医者は考えている。統 合失調症の症状は幻覚と妄想。幻覚や妄想は 統合失調症だけでなく、ほかのいろいろな精神 病気でも症状ではあるが、統合失調症の幻覚 や妄想には特徴がある。幻覚と妄想をあわせ て「陽性症状」と呼ぶことがある。幻覚は、実際 にはないものが感覚として感じられることだ。 統合失調症で最も多いのは、聴覚についての 幻覚。例えば、誰もいないのに人の声が聞こえ てくる、ほかの音が混ざって声が聞こえてくると いうのが幻聴だ。 草間さんは水玉(Dot)を使う絵を書くことが多い。そのなかにDot Paintingを書くこ とが多いそうだ。Dot Painting は自分を絵 にした芸術だ。そのDot Paintingには小さい女の子が怖がって、手に頭をおいて震えて いる絵のまわりにDotをたくさん書いた絵 だ。統合失調症のことをもっとよくわかって、 精神病気は僕が思っていた以上その人に影響 があるとわかった。僕の家族で精神病気にか かった人がいるその人はいつも僕の祖母と泣 きながら話していた。精神病気は肉体的にえ いきょうはないかもしれないけど、精神にすご いダメージを与える。今、草間さんはアメリ カの病院にいる。そこで、絵を書いている。精神病の人がうまく芸術をかける理由 は、その人たちは人と違う世界を見ている から。彼女は病気でもなんでも絵を描く自 信がある。くさまさんに絵を描くことを止めさせることはできない。