【生徒作品】 大薮 絢季羅 7歳

【生徒作品】 大薮 絢季羅 7歳 「アシモフの話す石を読んで」 アシモフの話す石に出てくるシリコンでできたいのち、シリコニーについて考えた。 シリコニーの肌は油っぽく、なめらかでグレイだった。動きはおそくて石の中にあなをほってすすんでいた。肌の下にはきんにくはなくて、うすい石のいたがいくつもかさなっている。そのかたちはたまごのかたちで上はまるくて下は平らだった。下には足のようなものがついていた。 このシリコニーの下がわには穴があいていて、その穴からくだけた石をとりこむ。とりこんだ石灰岩やSiO2がシリコニーのさいぼうをつくる。あまったシリカが穴から白い石になってでてくる。つまり、石灰岩やSiO2はシリコニーのえいようで白のはうんちだ。 シリコニーの大きさはふつう2インチだけどキャプテンのシリコニーは12インチあった。ロバートQのキャプテンのシリコニーはうちゅうの本のことをおぼえていた。石なのにおぼえることも、はなすことも、心をよむこともできた。石なのに生きている人みたいだ。 シリコニーはウランからでてくるガンマせんをみみからきゅうしゅうして、エネルギーにした。ガンマせんは人間のさいぼうやDNAをこわす。だからガンマせんは人間のさいぼうやDNAをこわす。だからガンマせんをたくさんあびると人間や動物はしんでしまう。うちゅうでばくはつがおきたり、かくばくだんがばくはつすると、ガンマせんがいっぱいでる。だからもしシリコニーがこのうちゅうのどこかにいるとしたら、人間はシリコニーのことをけんきゅうして、シリコニーでつくったガンマせんをきゅうしゅうするスーツをつくればいいとおもう。そうすればほうしゃのうもこわくない。Facebook

【生徒作品】大薮 絢季羅 7歳

【生徒作品】大薮 絢季羅 7歳 「ごんべえのおてつだい」 むかしあるところに、ごんべえという名前のちのめぐりのわるい男の子がいました。 ごんべいはよくあばれてものをこわすので、お母さんに「ものをだいじにしなさい。しずかにしなさい!」とよくいわれていました。 ある日となりまちのおばあちゃんからてがみをもらい、おばあちゃんのいえにおてつだいをしにいくことになりました、 そうじやおてつだいをして、ごほうびにアイスクリームをもらいました。 ものをだいじにしなさいといわれていたので、ごんべいはアイスクリームをだきしめてかえりました。 アイスクリームはとけて体中ベトベトになりました。 おかあさんはびっくりして 「そういうときはかたてでもってはやくはしってかえるんだよ」といいました。 つぎの日またおばあちゃんのいえにいっておてつだいをして、そうじをした。 こんどはおなべにスープをもらいました。 ごんべえは、須^ぷをなかにいれたおなべをかたてでもってはしってかえりました。 いえについたときには、おなべの中にはスープはほとんどなかった。ほとんどこぼれてしまった。おかあさんはびっくりして、あきれて、これからはおばあちゃんのいえには私がいくといいました。 つぎの日おかあさんがおばあちゃんのいえにいくことになった。 教はいえでパーティがあるからケーキを5こやいていた。 おかあさんはごんべえにるすのあいだしずかにまっていなさい。といいました。 ピンポーン とベルがなりおきゃくさんがきました。 ごんべえは、おとをたてないように、ケーキをドアまでならべて、ケーキのうえをあるいてドアまであしおとをたてないようにいきました。Facebook