生徒作品『詩:三度目の正直と紅葉』筒井 桜 12歳

2020年の大統領選挙 ジョー・バイデンが勝った 彼は今まで3回立候補した 1988年に1回46歳で立候補し、 2008年にもう1度 そしてオバマ大統領の下で 副大統領として活躍した そして2020年になり 彼はチャンスを取って トランプに向かって行くことにした 日本には「3度目の正直」という ことわざがある 1回やっても、2回やっても そこまで行けないが 3度目は必ず、目指せるということわざ 最初の2回のアテンプトで 自分はレッスンを学ぶ それを3度目に入れたら それは必ず、3度目でできる 大統領に立候補するのは簡単のことではない 国の責任を誰に渡すかを決める時 ちゃんとアメリカを国として理解してないといけない バイデンは46歳の時、まだそれがわからなかった 2008年の時もわからなかった そして2020年が来てきっと彼は感じたのだ 彼の出番だと感じたのだ 紅葉は 秋が来て太陽の光をもらわない樹たちが シャットダウンして、葉っぱに水が行かなくなるから 枯れて、最後は木から落ちる 毎年、秋になると このプロセスが起きる 毎年、毎年、繰り返せす 木が、葉っぱに栄養をあげる必要がないといい 葉っぱは色が変わり、最後は落ちる セカンドチャンスも何もない 木の命令で落ちるのだ 木のコントロールで落ちるのだ 何もオプションがない 人間は3度も10回でも、100回でも 1度目にできなかったら 繰り返して、学んだことから頑張っていくことができて ラッキーである 自分の間違えから学んでいける 葉っぱは自分のコントロールもない  

生徒作品『ドイツの移民のトルコ人が、mRNAワクチンを成功させたことから、私が学んだ事』筒井 桜 12歳

ドイツのトルコ人の移民、Dr.Ugar SahimとDr. Ozlem Tureciはコロナのワクチンの競争 で今先頭にいる。この2人は一緒に、BioNTechという会社をたて今までずっとがんの治療を研 究していた。そして2020年が来て、この1月にワクチンを作り始めた。彼らのワクチンは、コ ロナにかかる確率を90%下げるという事を発表した。この会社は私たちのコロナの時代を終わ らせられるかもしれない。このワクチンは何万人もの人の命を救える。 私はこの情報を聞いて、1番興味を持ったのは、移民が大きい問題になっているドイツ で、この2人のトルコ人の移民は世界を救える発明をした。これは人々の移民の味方を変えれ るのか。科学がこれを変えれるのか。今、ちょうどコロナの感染者が多くなっている時にワク チンが出るのは世界中にみんなにとってとても大きな事。ドイツでも、移民にへの尊敬が少し でも上がるかもしれない。移民として生まれてきても、そこからの将来は面白い道を通ってい けるという事をこのニュースは証明した。 後、私がこれを読んで思ったのは、毎回このような大きい歴史に残る出来事が起きる と、それからベニフィットして出てくる事がある。コロナも、私たちを7ヶ月のロックダウンに 入れたけれど、それでこの2人のようにワクチンを発明して出てくる人たちがいる。自然が私た ちに投げ込んでいくのに、私たちは何か考えついて向かっていく。1回倒されて、次はもっと強 く帰ってくるようだ。それを繰り返して私たちは人間として進んでいっている。  

生徒作品『草間彌生は精神病院で絵を描いている 』大藪 絢季羅 10歳

草間やよいは精神病院で絵を描いている。芸術家はみんな精神的な病気を持ってい る。ゴッホやベートーベン、ピカソ、ロバートロウェル、エドバートバンチ、みんな精 神病を持っていると言われている。ほとんどの有名な芸術家は苦しんだことがあったり 精神的な病気を持っていたと言われていた。 常識から外れた人を精神病だとしているのが今の人間界。 ガリレオもそう思われただろう。常識とはなんなのか。人と違うことはよくないことな のか、白人至上主義と変わらないのではないだろうか。  虫の世界にそれはあるのだろうか。動物の世界にそれはあるのだろうか。常識という人 間の世界から外れた芸術家。そして発明家たちのおかげで私たちは今生きているのでは ないだろうか。長く長く残るもの。音楽の世界も、画家の世界も、発明の世界もその時 生きた時代では、頭がおかしいと言われ続ける。    いろんな人がいたっていいしい、いろんな人を受け入れる世の中であって欲しい。  心を表現できる人たちが芸術家だと私は思う。人の心を動かす人は、常識がないと言わ れるのかもしれない。  人間は動物や自然をもっと知らないといけない。機械で扱われたこの世の中で芸術さえ もパソコンで作るこの世の中できらりとヒカル人間はまだまだ生まれているのかもしれ ない。  酸素がないからと生まれたチューブワーム。毒の酸泉で生まれたシアノバクテリア。全 く両極端の生物が存在しているこの世の中。  草間弥生的な人がいるのだってうなずける。  人間はもっと自然を知るべきだ。いつの時代も世の中を変えたのは、変人と呼ばれる人 だった。  

生徒作品『詩:爆弾発見のネズミとパンデミックが終わらないアメリカ 』大藪  絢季羅 10歳

爆弾発見の賢いネズミ マガワと言う名のそのネズミ ゴールドメダルを取りました    ネズミに与えたそのメダル 意味があるのかないのかは ネズミに聞くとわかるかも    ネズミはきっと必要ない    さてさてマガワと言うネズミ 一体何をしたのかと どうしてメダルを取ったのか   1979年カンボジア 64,000人が怪我をした 鉱山に埋まった爆弾で 64000人が怪我をした    人間爆弾探そうと 頑張ること4日間 ネズミのマガワは30分 マガワの助けた人の数 数えきれない人の数    今人間はウィルスで 20万人が死んでても それより人はすごいのだと まだまだ勘違いをしているぞ    マガワを見ればわかるだろ 虫も大きい動物も  みんなお外でいきている 人間だけが家を建て 寒さに弱く暑さに弱く 雨にも風にも弱いんだ    ネズミは汚いところでも  どこでも耐えて 生きていく    目を覚ませ人間たちよ  利口なのは自分たちでなく 他の動物だといういことを    目を覚ませ人間たちよ 生き物は 生きるための進化を続けてきた 生き物は 違うところがあるから素晴らしい    目を覚ませ人間たちよ 同じじゃないと差別をし 同じじゃないと下に見て 醜い争いしてるうち […]

生徒作品『草間彌生は精神病院に住んで、絵を描いている 』筒井 桜 12歳

芸術にはガイドラインがない。ルールがない。自分が自分で、描きたいことをそのまま 描きだすのが芸術。多くの人々は、芸術というのはちゃんと絵を描くのが上手ではないといけ ないや、芸術的のセンスを持っていないといけないというステレオタイプな考え方を持ってい る。だが実際に言えば、芸術というのは誰でもできる事である。ただそこから、どのように自 分の作品を広げていくかが難しい。  草間彌生は91歳で彼女の水玉の絵を描き続けている。彼女の絵は水玉がメインのフォー カスとなっている事で有名。彼女の絵は、全て彼女が幻覚を経験し初めてから始まった。内側 の自分とコープするために芸術を使っている。そしてその芸術に興味を持った人がたくさんい たから今でも有名。草間彌生は今、精神病院に住んでいる。そこで絵を描いている。精神病を 持っている人たちは他の人と「Fit in」しようと思わないから芸術で優れていると私は信じる。 精神病で苦労するのは大変なことである。そして芸術はその自分の中にたまりこもっている感 情や考えことを絵に表せるのだ。  芸術家になるためのガイドラインというのを無くして、自由に絵を書いたりし始めた ら、芸術の世界はきっとものすごい変わる。そしてその芸術を見るのを楽しむ私たちは、芸術 というのはどういう物かというのをちゃんと理解しないといけない。草間彌生が世界中の人々に見せてくれたように、芸術というのは誰でもできる。  

生徒作品『芸術と精神病の関係』大沼 圭 8歳

この記事で草間やよいさんは水玉の絵を描いている。草間やよいさんは小さい頃からせ いしんびょうにかかっている。せいしんびょうは喋らないものが喋るように見える病気。 草間やよいさんは91歳で水玉を使って喋らないものが喋る絵を描いた。それがたくさ ん売れて、喋る花という草間やよいさんが描いた絵が3Dである。草間やよいさんは多 分病気にかかってない人たちに見えないものを書いているから画家に向いていると思う。 多分その絵を買っている人は、自分が見たことないから買っていると思う。僕は人が違 うのがいいと思う。なぜならみんな同じだと人の絵なんか買わないと思う。僕はこの記 事の途中なぜ水たまりで絵を描くのだろうと思った。この記事では水玉は自分と戦った ものだから使うと書いてある。この病気はいい病気だと思う。多分病気のせいだと思う。 なぜなら普通そんなことをする人はいないから。僕は画家だったらこんな絵を描けない と思う。僕はやっぱり病気の方はいいかもしれないとおもう。でも病気だとひどい目に あうから病気の方が嫌。僕は草間やよいさんみたいにせいしんびょうかかったら嫌な目 じゃなくていいことが起きると思う。