生徒作品 「声」大沼圭 7歳

ぼくは言いたいことがあると、声を出す。ぼくのうさぎは言いたいことがあると、声を出さないけど、音を立てる。たとえば、だれかにきてほしい時とか、おこっている時はバンと足をならす。うれしい時はぴょんぴょんはねる。ぼくがうさぎを何回ももちあげたら、うさぎはおこってぼくをかんで、ウーと声をだした。人間は声でコミュニケーションをする。うさぎは多分音でコミュニケーションをしてる。