生徒作品 「アフリカのコバルト鉱山で働くコンゴの子供達と私」清水さくら 10歳

アフリカのコバルト鉱山で働くコンゴの子供達と私

携帯やパソコンを今使っている人は数え切れないほどいる。その携帯やパソコンを動かすのに欠かせないのはコバルトだ。世界のコバルト生産量の50%はコンゴから取られている。コバルトをとって掘るには、地面の中深くまで行きコンゴでは何もマスクや安全のためのものなどをつけなくて奥深くで危ない場所で掘っている。そして落盤や窒息で死んでしまったり、コバルトを吸い込んで肺の病気にまでもなる人が大勢いる。しかも、その中には 13歳くらいの子供たちも学校に行かずに一緒に危ない中で働いている。コバルト鉱山で働く人たちは他に仕事がないからコバルトを掘るしかない。その中、私は子供たちが掘り出したコバルトの入っているパソコンでこの表現を書いている。コンゴの子供たちは学校にも行けない間私は勉強をして暮らしている。だからパソコンなどが使えるのは危険な環境でコバルトを掘っている子供たちのおかげだから、感謝しないといけない。

アフリカのコバルト鉱山で働く子供とシリコンバレーで勉強する私はつながっているということを忘れてはいけない。

だから、私はもっと勉強をしてこの子供たちが学校に行けるようになるにはどうしたらいいのか考える人になる。コバルトを使わない電池を私は作れるようになるかのがいいのか。人が危険な鉱山で働いたり、死んだりしなくてすむようなロボットを作れる人になればいいのか。そうではないだろう。そうすると彼らの仕事がなくなるのだ。アフリカを豊かにすること。アフリカの子供達に教育を受けさせるお金のあるアフリカの国を作ること。それを考えていたら頭が痛くなるけれど、できないことではない。