生徒作品 「私の清潔感は日本人なみか」清水亮翔 14歳

私の清潔感は日本人なみか

4月の23日2019年にはグロスマンアカデミーの教室が閉鎖された。21年間のグロスマンアカデミーの歴史の中で、初めて起こったことである。なぜこのようなことが起きてしまったのか。そして僕はこの事件にどのようにして関わっているのか。

その前の週の日に、僕を含めて咳をしている風邪の人が教室に来ていた。しかしマスクをしてこなかった。つまりその人が咳やくしゃみをした時、すべてウイルスが空気中に広まってしまう。くしゃみや咳をした場合、その飛沫は4メートルとび、45分間空気中に留まる。つまり咳やくしゃみをした時、4メートル前にいてもその咳やくしゃみに入っているウイルスが飛んで行ってしまい、45分間そのウイルスが空気中に残っている。その空気で教室にいる先生や生徒が吸って、結果的に生徒と先生全員が風邪やインフルエンザにかかってしまった。

しかしこのようなことは以前にもあったことである。しかしそのときは教室を閉鎖するぐらいの影響ではなかった。なぜ今回教室を閉鎖するほどの事件になったのか。歳をとるとどうしてもその人の免疫力が落ちてしまう。そのため、21年前の免疫力と21年後の免疫力は違う。そして生徒もきちんと先生に風邪が移らないよう、もし風邪で具合が悪いようであればその日は休み、どうしても来たい場合であればきちんとマスクをしていくなどをしないといけない。

今日本でもインフルエンザや風邪にかかる人たちが多くなっている。昔日本が戦争中の時、食べ物があまりなかった時代、少し腐った匂いのする食べ物を食べていた。落ちた食べ物も平気に食べていた。当時の日本人はそんな贅沢なことを言うことはできなかった。このようにして日本人たちは、強い免疫をつけた。しかし今の日本人は、1日でも賞味期限が過ぎた食べ物は捨ててしまい、少しカビが生えていると、そのカビのところだけを取れば良いのに、その食べ物すべてを捨ててしまう。そして日本では除菌スプレーなどが流行って、菌すべてを悪者扱いにして、菌を殺そうとしている。

だから今日本人はインフルエンザや風邪にかかりやすいのだ。僕のおじいちゃんは戦争で戦っていため、どんなに賞味期限が切れていたとしても食べている。そのため僕のおじいちゃんが風邪になったことを一度も見かけていない。このようにしてウイルスとともに生きることで強い免疫力を持つことができる。

きちんと清潔感は持たないといけないが、菌全ては悪者ではない。実際私たちの腸内には100兆個と言う菌がいるのに、未だ菌は悪い存在だと考える人たちが多い。腸の中には善玉菌以外にも悪玉菌がいて、その両方の菌がいて成り立っているのが腸である。

僕の清潔感は昔の日本なみだと思う。部屋のゆかに落ちた食べ物は水であれって食べ、賞味期限が切れていたとしても食べる。そのようにして風邪になった時も、1日2日で直してしまう。しかしきちんと人の多いところではマスクなどをしないといけないのに、しなかった。そのところでは日本人の清潔感を持っていないと思う。