生徒作品 『海馬とラーメン』大沼一 11歳

海馬とラーメン

海馬は僕だ

脳の中

たった二つの

きゅうりちゃん

人生記憶

記録する

僕の全部

入ってるんだ

初めて飲んだ

コーヒーも

初めて食べた

ラーメンも

初めて行った

日本旅行

全部海馬が

覚えてる

生まれた時から

細胞が

死んで行くのだ

海馬では

毎日数万

死んで行く

使ってなければ

海馬死ぬ

だけどどんどん

細胞が

増える人いる

ロンドンで

なぜ増えるのか

ロンドンの

タクシードライバー

難しいテスト受けるよ

ロンドンの

全ての道と

信号を

覚えるテスト

すごいんだ

海馬の天才

作れるよ

どんどん覚えた

情報を

毎日使えば

海馬くん

どんどん太るよ

ホモ・サピエンス