生徒作品 「海馬とラーメン」清水亮翔 14歳

海馬とラーメン

僕たちが

行動したり

僕たちが

何か発言

するときは

海馬の迷路を

通るのだ

情報なんだ

海馬では

料理をするよ

環境で

海馬が変わる

ロンドンの

運転手は

通常の

人たちよりも

細胞の

数が多いんだ

 

ラーメンは

中国の

海馬を通り

日本へと

たどり着いた

ラーメンだ

麺は同じだ

でもだしは

具材もスープも

別物だ

日本に来ると

独特の

海馬が待ってて

ラーメンも

日本の海馬の

作品だ

世界のヒットは

日本でできた