【生徒作品】高瀬幸一 7歳

「Paper Helicopter」

まずぼくは、かみヘリコプターをつくるためのせつめいしょをよんだ。たてとよこが7.5cmのおりがみと15cmのおりがみでつくった。けど14こもつくったのにかみヘリコプターをつくれなかった。上を1かいおってもできなかった。上を2かいおってもできなかった。上を3かいおってもできなかった。まえにおってもできなかった。うらにおってもできなかった。上をまえうしろにおってもできなかった。ほかにも1回ずつやりかたをかえたのにできなかった。

だからぼくは考えた。おりがみはしかくでみほんのかみはながしかくだった。だから、おりがみをはんぶんにきった。そしたら1回めでせいこうした。うれしかった。

まず、ぼくがかみヘリコプターの2つにきったはねのところをもって、手をのばしておとした。ひくいばしょでやったら赤いヘリコプター1は、とちゅうでまではそのままおちて、とちゅうからくるくるまわっておちた。赤2はふつうにとまらずどんどんいった。みどり1は、とまらずぐるぐる大きくまわりながらヘリコプターもぐるぐるまわっておちた。みどり2は、ずっととまらずにいって、じめんについてからも1しゅうまわった。

たかいばしょからは赤1、いっしゅんとまったと思ったらうごいていた。赤2は、はんぶんまっすぐいってとちゅうでまわりながらまわった。みどり1はまっすぐいったけど、たまにまわりながらまわる。みどり2はまわりながらまわっていたけど、とちゅうでバランスをくずした。

けっかは、ぼくがやろうとしていたのは、はねのぶぶんがふとすぎたからしっぱいしたということ。きれいにくるくるまわるとしっぱいした時とくらべてゆかにつくまでの時間がながい。

どうしてくるくるはねがまわるのか?ぼくははねがかんけいしていると思った。だから、はねをはんぶんのながさにきってじっけんしてみた。けっかはくるくるまわったけど、まえよりもはやくゆかについた。ぐるぐるまわる力がはねにあるからだと思う。