【生徒作品】中村美桜 14歳

「天気予報、ブラックホールと地球」

今日:晴れで47−99F

木:曇りで47-92F

金:曇り49-88F

 

毎日毎日の天気

毎時間の気温がどうか

人間の意識は地球の小さいことに集中している

私たちの視点はミクロだ

 

今の地球の気温は平均的に少しずつ高くなっていて

地球は温暖化している

過去と未来の気温の予測を立てて

科学者達はマクロな視点で予想を立てる

 

しかし考えて見て欲しい

今人間が見ているものは

いずれはなくなってしまうのだ

地球の気温は

1000年後には再び氷河期に変わって

温暖化のように地球が40度になるようなことは夢になる

紫外線や日焼け

晴れだ曇りだという問題もなくなり

いつかこの太陽系はブラックホールに飲み込まれてしまうのだ

 

そのブラックホールも最後にはなくなり

私たちはただのエネルギーになる

いつか私たちは

私たちの太陽そしてこの世にある偉大なものと同じく

エネルギーとしてなくなってしまう

私たちの日々のミクロな暮らしというのは

その大きな渦のような流れの中にある

 

それでも毎日天気を確認し

気温や天候に一喜一憂しながらしか

人は生きられない

 

太陽系の大きな流れの渦を

明日の天気ですら

私たちは変えることはできないのだから