【生徒作品】大沼一 10歳

「4月25日のアルマナック」
4月25日、太陽は午前6時19分に出てきて、午後7時55分に沈む。
翌、4月26日、太陽は午前6時18分に出てきて、午後7時56分に沈む。
26日の日の出は25日の日の出より1分早い。
日の入りは1分遅い。
なぜだろう。
それは、地球が太陽の周りをまわっているから。
地球は傾いている。
だから、季節がある。
今は、春。
だんだん夏に近づいていく。
夏に近づくほど、太陽が地球に当たる面積が大きくなる。
だから日の出は少しづつ早くなる。
でも、夏から秋に近づくと、太陽が当たる面積が小さくなる。
だから、秋に近づくと日の出は少しづつ遅くなる。
4月25日、月は午後3時37分に出てきて、午前4時12分に沈む。
4月26日、月は午後4時41分に出てきて、午前4時47分に沈む。
月は地球の周りを回っている。
月は1ヶ月で地球を1周する。
25日から26日にかけて、日の出と日の入りは遅くなっている。
つまり、26日の昼の方が25日の昼より長くなっている。
おそらく、27日の昼は、26日の昼より長くなるだろう。
6月20日まではこうやって少しづつ昼が長くなる。
そして、夏至の6月21日は、昼と夜の長さが同じになって、
それ以降は、少しづつ昼が短くなり、夜が長くなる。
地軸が23.4度傾いているから起きる季節の移り変わり。
傾きに感謝。
地球からは太陽と月以外にも見える惑星がある。
4月25日の空。
午後3時37分に月が東から出てくる。
僕は学校から帰ってきて、宿題をしている時間。
午後7時55分に太陽が西に沈み、空が暗くなる。
この時間も、僕は大抵宿題をしている。
すると、木星が東から午後8時55分に出てくる。
僕は歯磨きをして、シャワーをしている時間だ。
そのあと、金星が、西の空に午後10時5分に沈む。
この頃、僕はベッドに入る。好きな本を読む。僕が一番好きな時間。
その後、東の空に土星が輪っかをつけて午前12時47分に出てくる。
この時、僕は夢の中。
最後に火星が午前1時40分に東の空から出てくる。
ぐるぐる回る。
太陽を中心に、
今日も僕たちは回る。