【生徒作品】 中村 美佳 5歳

「ハイドロカーボンてなに?」

トーマスはエドワードにきいた。

エドワードはこういいました。

「うーん。ドロドロのすみこのことじゃない?」

 

エドワードはヘンリーにききました。

「ハイドロカーボンてなに?」

ヘンリーはこういいました。

「カーボンだから、たんそのことじゃない?」

 

ヘンリーはゴードンにききました。

「ハイドロカーボンてなに?」

ゴードンはいいました。

「ハイドロだから、すいそじゃない?」

 

ゴードンはジェームスにききました。

「ハイドロカーボンてなに?」

ジェームスはこたえました。

「すいそとたんそをまぜたやつかな」

 

ジェームスはパーシーにききました。

「ハイドロカーボンてなに?」

パーシーはこういいました。

「たんかすいそのことだよ!」

「たんかすいそってどんなもの?」

「さあ、ぼくはなまえしかしらない」

 

パーシーはトービーにききました。

「たんかすいそってどんなもの?」

とトービーはこたえました。

「くるまからでわるいガスだよ。空気をよごすんだよ」

 

トービーはベルにきいた。

「ハイドロカーボンはなんで空気をよごすのかしってる?」

ベルはこたえました。

「ハイドロカーボンはじめんにねむっているオイルのことだよ」

ベンも言いました。

「オイルがなかったらぼくたちはいきていけないんだよ」

「ハイドロカーボンのせかいは、私たちがいきるためにつかうエネルギーのことなんだよ」

さいごにエミリーもいいました。