【生徒作品】中村 美桜 13歳

【生徒作品】中村 美桜 13歳

「アンネフランクの友達エバ・ショロスのミッションは何か?

「アンネ・フランクの日記」は、ホロコーストから逃げるために隠れて暮らしていたユダヤ人の少女の生活ぶりが書かれている切ない日記である。

彼女はまだ子どもなのに、残酷な出来事に晒され、最後は強制収容所に連れて行かれて亡くなった。彼女の短い人生の後半は隠れて暮らすことに費やされ、そして彼女の日記が、まだ明日も続くかのような形で終わってしまうのを見ると、ホロコーストで犠牲になった人達の人生はナチスによって奪われてしまったことがわかる。

私たちはこれを見て、ホロコーストの様なことが二度と起こらない様にと強く思わさせられるので、アンネの日記は今でも、世界中に強いメッセージを届けている。

当時、彼女と同じように隠れ家での暮らしを送っていた、アンネの友達だった女性、エバ・ショロスさんは、今いろいろなところでスピーチをしたり、三つの回顧録を出版し、アンネフランクと同じようなメッセージを広げようと思っている。

彼女はアンネフランクと Nazi 軍から隠れていて、アンネフランクがつかまった少し後に捕まってしまい、10ヶ月ほど アウシュヴィッツに収容されていたという。彼女はアンネとちがい、幸運にも生き残ったが、その10ヶ月間の辛い体験のことがトラウマとなり、40年間、そのことについて何も話すことができなかった。

しかし彼女はたくさんの人々がアンネフランクの日記にどんどん影響されているのを見て、彼女はアンネのように自分の経験を人々に伝えることにした。彼女は自分の経験を伝えることで、決まった人種や、特定の宗教の人達を排除するような行動が絶対に起こらないようにしたいと言う。

私はアメリカの日系人ノーマン峯田さんのことを思い出す。彼は、2001 年 9 月 11 日にニューヨークでテロが起こった時にブッシュ政権の運輸大臣だったが、国外から入ってくる人を人種によってスクリーニングすべきだという意見が強かった中で、人種のプロファイルで人々をスクリーニングすることは絶対にやってはいけないことだ主張した。そして、自分が子供の頃に日系人収容所に入れられた時のことを話し、イスラム系の人達への差別が起こることを防いだ。

彼と同じようにエバ・ショロスは未来の命を助けようとしているのだ。彼らは自分たちが実際に差別や、トラウマになるような苦しみを経験したので、そのまちがいを次の世代には味あわせてはいけないと、人を助ける為につかっている。
だからエバ・ショロスのミッションは、自分の経験した恐怖体験によって人々を、起こるかもしれない偏見と差別、迫害の悪夢から救い出すことなのだ。そしてまた彼女は、アンネの友達として、アンネフランクの日記に書かれたメッセージを、七十年後の人々に届けている。