【生徒作品】 中山 慧大 7歳

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「ぼくの真実は、このうちゅうにたった一つしかない物語であることである。」

 ぼくには、ぼくだけが分かっていることがある。これはグロスマン先生も分からない。お父さんもお母さんも、Mrs. Barnea も知らない。ガリレオも、ファインマンも、これは知らない。
 けんを持ってるおばさん。ぐるぐる回りながらおどってる。くだものをぬすみながらおどる。これ、ぼくが今考えているストーリー。
 ぼく、お月見に作るだんごが好き。好きすぎて、お月見以外にも何度も何度も作ったから、どうやって作るか知ってる。5センチくらい大きいだんごを作るのは、ぼくだけ。1こ食べたら、5こくらい食べた気分になる。おなかいっぱいになる。
 ベーコンレタスいためスペシャルは、ぼくとお兄ちゃんの得意メニュー。お父さんとお兄ちゃんはしおたくさん入れるけど、お母さんとぼくはしおいっぱい入れるのすきじゃないから、ぼくが作るしおがうすいのは、お母さんのお気に入り。なんでスペシャルかというと、たまごをとく時に、牛乳をたくさん入れるからです。そうするとたまごをフワフワにいためる事が出来る。
 2階のまどのヒヤシンスは、ぼくが毎朝新しい花がさいたかどうかチェックする。ピンクの小さい花は6まいあって、その花が今さいて、いっぱいくっついてて、前を通るだけですっごくいいにおいがする。水さいばいだから、お水がなくならないように、見てあげないといけない。
 ぼくには、あるブッシュの下にきちがある。でも場所は言えない。それはひみつだから。下は土と草になってて、ねっころがると、だれにも見えない。かたのところに土がついちゃって、お母さんに、これどうしたの?って聞かれたけど、知らないって言った。
 ぼくは走るのが早い。お兄ちゃんのお友達の5年生にだって勝つ。ぼくは「なんでもモーター」ってよんでる。自分がロケットになってるってそうぞうして、ういーん!!!!って走る。走るのすきで、昼休み中校庭を走ってたこともある。10周くらいでおなかがいたくなってきた。ローラとアビーが、さいしょそんなにできるかなって感じでぼくのこと見てたんだけど、本当に10周走ったとき、うわすごって言った。おなかがいたくなってゆっくり走ってたら、アビーが来てくれて、さらにもう2周いっしょに走った。だいじょうぶ?ってアビーが言って、走った。アビーはなかよしだったけど、2年生になったらちがうクラスになった。このごろは、男の子とばっかり遊んで、女の子と遊ぶことがあんまりなくなったけど、アビーとは、まだ今でも話す。
 今まで1かいだけホットランチ食べたことある。みんな食べてるからいいなって思って、お母さんにおねがいしてお金入れてもらったけど、待たなくちゃいけないし、ならばなくちゃいけないし、昼休み遊ぶ時間が少なくなるし、もうだめだって思った。取り方が分かんなくて、おなかがすいて、ないちゃった時、アッシャーが、連れて行ってくれて、ここで取るんだよって教えてくれたから、アッシャーとその時からなかよくなれたのは、すごくよかった。
 きのうブックセールで買った A Treasury of Curious George みたいに、ここに書いたのは、A Treasury of Keita Nakayama みたいな感じ。ぼくのお話のコレクション。このお話は、ぼくにしか書けない、ぼくだけが知ってる、ぼくだけの物語で、たった一つしかない。うちゅうにたった一つだけ。これがぼくの真実で、ここにいる理由。