グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】 大沼 一 10歳

without comments

【生徒作品】 大沼 一 10歳

「日本人の学ぶ力をどうしたら復活させられるのか?」

 大野氏と上野氏が書いた「学力が危ない」には、日本の大学生はあまり勉強ができていないと書かれている。大学生たちは黒板に書かれていることをノートにうつす。でも、ノートに何を書いているかは理解していない。黒板に何も書かないで口で説明すると大学生たちはノートに何も書かない。テストのために学んだことをリビューもしない。多くの日本の大学生は答えのパターンを覚えている。なぜ答えがそうなるのかを考えないと書かれている。
 一方、同志社大学の中田教授が書いた「やさしい経済学」には、ドイツ、フランス、中国、アメリカと日本の専門能力、組織人力、マネジメント力を比べた。日本は全ての項目でアメリカより評価が低かった。
 昼間の晴れた空を見上げると青色だ。夕方の空を見上げると赤色。なぜだろう。こういう日々の不思議を考えて、理解することが勉強だ。日本の大学生たちはその勉強をしていない。小学生から周りを見回して、不思議なことを考えて、理解するような勉強方法をしないと、大学生になっても考える力を育たない。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

December 4th, 2017 at 10:25 am (PDT)