グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「ファインマンがこのすみれを見たら」

ファインマンがこのすみれをみたら、これを美しいと思うんだよ。ファインマンは、これをじっくり見るために、すみれをつんで観さつする。おし花にする。葉っぱ1まい、花びら1まいをよーく観さつする。
 花びらの色が美しい。だって、はちが花ふんを運んでくれるように、色ではちをよんでいるから。花の真ん中をさわると、そこにみつがあって、さわると少しべたってする。そのみつがあるから、はちがくる。べたってするから、花ふんとまぜて、だんごにして、巣に運べる。花ってそこまで考えている。はちの一番好きな花の色は、黄色、白、むらさき、青。
 葉っぱの緑は美しい。光合成をする。光合成すると何が起きるかというと、太陽の光を使って、たんすいかぶつを作って、さんそをふううーーーって出す。そのさんそを人間がすって、ぼくたちは生きてる。ぼくたちが代わりににさんかたんそを出す。そしたら、そのCO2をすみれがすう。たんすいかぶつは、すみれのせを大きくしたり、花をさかせたり、たねを作ったりするエネルギーになる。
 ハートの形の葉っぱをよーく見ると、ようみゃくがある。美しくてかっこいい。このようみゃくがどうしてあるかと言うと、根っこですった水とかえいようを送ってあげるためです。それから光合成でできたえいようを送り返すこともしている。すごい!上行きと下行きで1このルートを2回使う。すごい!
 根っこは長くて曲がっててひげみたいで、太い根っこが何本もあって、その先からとんがった細いのがハリセンボンみたいにいっぱいある。細いのが、じゅわーーと土から水とえいようもらって次に送る。真っくらな土の中でいのちをみつけてすいあげて、くきを通って上の葉っぱとか花まであげる。うちゅうみたい。美しい。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

December 3rd, 2017 at 9:20 pm (PDT)