グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

without comments

【生徒作品】 中山 慧大 7歳

「動物の体の中で、人間のぞうきを作って、それをいしょくに使うことをしちゃ、だめ。」

 しんぞうが悪い人がいたら、まずしんぞうのないブタのじゅせいらんを作る。じゅせいらんっていうのは、ブタの赤ちゃんのたまご。そのじゅせいらんに、人間のさいぼうを入れる。それをふつうにママぶたの体の中で育てる。そしたら、しんぞうのないブタのしんぞうの場所に、人間のしんぞうが育って、人間のしんぞうをもつブタが出来る。で、そのしんぞうを、しんぞうの悪い人のしんぞうとこうかんする。
 これが、日本のせいふのもんぶ科学しょうが2018年から研究進めてやりたいって言ってること。ぼくは、これ、ひっどいと思う。日本にせいふにもんく言いたい。人間は、しぜんをこわしてばっかりで、しぜんをどんどんかえちゃって、ばか。ぼくが大人になったときのみらいの地球はいったいどうなってるんだろうって心配になる。
 ぼくのお母さんだって、しんぞうが悪いから、お母さんを助けたいけど、だからって、ブタをころしたり、どうぶつの体をこわしたりするのは、ひどい。ぜったいだめ。動物は人間のおもちゃじゃないし、工場でもない。ジェネシスでは、人間は動物をしはいするように言われるけど、やりたいほうだいやっていいってことじゃない。人間と動物は同じ。そして、人間は神様じゃない。人間はもうすでにこわしすぎなのに、それをわすれてる。もうがけをこえてる。もうげんかいだってこと。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

September 11th, 2017 at 2:02 pm (PDT)