グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】清水亮翔 12歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 12歳

「日本の昔話の『うばすて山』には何が書いてあるの?」

昔60歳を超えたら山に捨てるという国があった。どんな親孝行でもこれを守らなければいけない。そして、ある村に、とても親孝行の息子がいた。その母親にもその時がやって来た。
その晩息子は母親に、母親の好きなものをたくさん食べさせた。食べ終わった後、息子は母親を背負い、山へと向かった。山が深くなると、パチパチという音が背中のところから聞こえて来た。何をしているのかと聞きたかったが、母親を背負って、転ばないように気を配るだけで、精一杯だった。

とうとう、母親を置いていく場所に着いた。すると母親は、「私のことは暗示なくても良い。何より、お前の身が、一番じゃ。帰りに迷わぬように、枝を折って、印をつけて置いたからな。早く帰らねば、日がくれてしまう。早くいけ。早くいけ」と言った。それを聞いた息子は、どうしても母親を置いて帰ることはできなかったので、母親と家に帰った。誰にも見られないように、夜になるのを待って家に帰り、母親を床下に隠した。

それからしばらくしたある日である。息子の住んでいる国様が、隣の国から、三つの難題を突きつけられ、答えられなければ、隣の国が攻めてくる。その三つの難題とは、七つの曲がりが歩きの筒に糸を通せ、1人でなる太鼓を作れと灰で縄を萎えである。息子がいる村でも大騒ぎになった。そのため、息子は夜になると、母親にこのことを話した。するとお母さんは笑って、すべての難題の答えを言ってしまった。息子は母親に教えられたようにやってみると、きちんとできた。

早速息子は、村の長にそれを見せた。そして村の長は、すぐさま、殿様のところに持っていた。すると王様は驚き、こんな難題を解けるものなど、自分の国にはいないと、諦めかけていたからである。これでもう隣の国から攻めてこられないようになった。

殿様はこの難題をといた人に会いたいと言った。そして息子は、との様の前に連れて行かれた。すると息子は、これは自分の知恵ではないと言い、自分の母親のことを話した。
すると殿様は、初めて自分の過ちに気づいて、年寄りを山に捨てる決まりを、辞めることにした。それからは、どの国よりも年寄りを大切にする国になった。

この話には日本の昔話にしかない。年寄りを大事にするのは、日本である。もし年寄りの人が重たい荷物を抱えていたら、それを自分は助けないといけない。このような年寄りを大事にするということは、日本の昔話から伝わっていることがわかる。
しかもこの話には、自分より他人のことを考えるということが書いてある。母親はピンチの時でも、息子のことを考えた。自分が山に捨てられるというのに、枝を折って息子が迷わないようにその折った枝を地面に落とした。

もう1つこの話の中に、私たち日本人に伝えたいことがある。それは少子高齢化のことである。現在日本は少子高齢化という問題を抱えていて、子供が頑張っていて、お年寄りの方が多くなっている。この問題を日本人は悪い面で扱っている。しかしお年寄りの知識や経験を生かして、日本の経済をあげ、中国を抜かすかもしれないと考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 16th, 2017 at 12:38 pm (PDT)