グロスマンアカデミー 生徒作品ブログ

Grossman Academy Students Opinion Blog

【生徒作品】清水亮翔 12歳

without comments

【生徒作品】清水亮翔 12歳

「アインシュタインはなぜエンジニアにならなかった」

アルバート・アインシュタインは1879年にドイツのウルムという小さな町でユダヤ人の家に生まれた。お父さんはヘルマンという温和な実業家で、お母さんのバウリーネは、物静かで、ピアノに興味があった。お父さんには、ヤコブという電気技術の弟がいて、数学に関心を持ち、若いアルバートについ良い影響を与えた。

天才的な人は、幼い時から優れた才能で大人を驚かし、そのため神童などと言われる人もいる。しかし幼い頃のアインシュタインは、喋り始めるのが比較的遅かったので、周りの人が心配していたという話がある。しかも自分が話したことをもう一度繰り返していう癖があり、いうことがたどたどしく、そのためか、かんしゃくの発作を爆発させることもあったそうである。

そして彼は考えるのに時間がかかったが、物事を突き詰める性格に育っていった。例えば、彼が4歳か5歳の時、お父さんから方位磁石を見せてもらった。磁石で遊ぶ子供は世の中にたくさんいるが、それがアインシュタインに与えた驚きは衝撃的だった。磁石を移動させて回転させてみたりした時、その針は常に一定の向き(北)を刺そうとする。

普通の人だとなぜ北に向くのかと思わない。気づいた人がいたかもしれないが、その不思議さについて考えぬくことができなかった。しかしアインシュタインは違う。彼はなぜ磁石が北に刺すのかと疑問に思った。そしてここで終わるのではなく、その疑問をアインシュタインは追求した。

アインシュタインが疑問に思ったのは、磁石だけではない。また、光についても、重力についても、普通の人が気づかないでいたことに気づいた。

アインシュタインは、「人は幼い時から見慣れているものをみても驚きませんが、見慣れているものが全く矛盾する動きをしたりすると、大きな驚きを受けます。このような驚きによって考え方が開けるのだ」といった。

アインシュタインがエンジニアになぜならなかったというと追求したいからである。エンジニアは、何かものを作る。しかしアインシュタインはその反対であり、すでにあるものを掘り出し、追求したかったからであると考える。

電子版投稿者: グロスマンアカデミー

July 16th, 2017 at 12:52 pm (PDT)