【生徒作品】 中村美奈 10歳

【生徒作品】 中村美奈 10歳

「私がカリフォルニアに引っ越した日」

 私はシカゴで生まれて、そこに 6 ヶ月間いて、日本に引っ越して 6 年間松戸に住んで、そのあと 2013 年の 4 月 15 日にカリフォルニアに引っ越してきた。その日私が体験した色々なことを、私はいまも、はっきりと覚えている。
 まず、その日の夕方に日本を出たのに、その同じ日の朝にアメリカについて、私は空港でとっても長い列に並びパスポートなどをチェックされた。その空港で警備員が私の父に何か話しかけたが、私はなんて言ったのかさっぱりわからなかった。空港から外に出た時に、空がとても青くて、風が涼しくて、黄色いタクシーが三台並んでいたことを覚えている。私は新しい場所に来たことを感じた。
 タクシーでホテルに入ったら日本にあるホテルとは全然違くて、巨大に感じた。ホテルに入ったら色々なものが日本よりも大きかった。大きいのはベッドやテレビだけではなく、人もアメリカ人の方が大きかった。その日の夕方に、新しく住む家のオウナーとあうために、その家へ行った。そのオウナーはイスラエルの人で、その日は姉の9歳の誕生日だったので、ケーキを用意しておいてくれたが、そのケーキはとても甘すぎて私の家族はほとんど食べられなかった。その家はとても天井が高くて、プールもあって、日本で住んでいたアパートメントよりもとっても大きかった。
 その夜、私と家族はホテルの近くにあるピザのレストランに行った。もう9時頃だったので寒くて、レストランまで競争しようといって駐車場から走っていこうとして、私はタイヤをとめる石につまずいて思いっきり転んだ。膝から血が出て涙も出て、母がなぐさめてくれた。そのレストランでピザを食べながら、みんなでアメリカに引っ越したのを祝った。美桜の9歳の誕生日のお祝いもした。
 私がこの日のことを思い出す時、私の人生がリセットされて、新しくスタートしたように感じる。その後に英語やアメリカの生活になれるのに大変なこともあったけれど、私の人生のチャプター2は、私が6歳の時に始まった。とてもわくわくしたこの日のことを絶対に忘れないと思う。