【生徒作品】 マックニャーニ 太羅 13歳

【生徒作品】 マックニャーニ 太羅 13歳

「地球上で起こるすべての現象は、連鎖反応の結果かもしれない」。という仮説を証明しなさい。
マックニャーニ 太羅

地球上で起こるすべての出来事や現象、発生は連鎖反応の結果である。ドクタースースはこの仮説を絵本にして、われわれに面白い考えを与えてくれた。「How Officer Pat Saved the Whole Town」のお話では、ドクタースースは、かにさされて悲鳴を出すような小さな問題は、町全部を滅ぶ大変な問題になれることを見事に書いた。もちろん、問題であろうが、喜びであろうが、この世に存在するものや考えすべてはオリジナルではない。

オリジナルではない?それはどういう意味なのだ?つまり、われわれ人間と、このように存在するものすべては発明者ではなく、革新者なのである。発明者と革新者の違いとは、発明者はオリジナルを作れるものであり、革新者はオリジナルのものを取って、そのオリジナルをもっとよくするものである。

オリジナルというものはない?そんなばかな。では、こう考えてみよう。人間の世界では、すべてのものはアイデアで作られている。でも、人間の頭の中にあるアイデアは自分が作ったものではない。そのアイデアは、もう存在しているものを見て観察し、ちょっと変えて、自分のだとごまかしているものなのだ。ダ・ヴィンチはこの仮説を証明するいい例である。ダ・ヴィンチは自然と外のものを観察し、その観察から人間らしい、天才のようなアイデアを作った人だ。

人間が作ったものだけではなく、生き物すべてもオリジナルのコピーである。われわれすべてはオリジナルの革新なのだ。もともと進化とは何なのだ?進化とは生き物をもっとよくするためのプロセスである。

さて、この話のどこが連鎖反応と関係するのか?連鎖反応の最初にはオリジナルが必要なのではないか?そのとおり。われわれにはさっぱり知らない、地球の始まりというものがある。たくさんの人々はこの地球と宇宙の始まりを「神」となのっている。神、そして神だけがオリジナルなのだ。この宇宙のすべては神の一部、神のコピーだといっても間違ってはいない。つまり、過去、今、と未来のものは、宇宙の始まり、いわゆる神が起こした連鎖反応の結果なのだ。