詩「鵜と鮎と人の哀しさ」


鵜と鮎と人の哀しさ
小泉友貴哉


面白く
鵜を利用
鮎を取り
人間甘い汁を飲む
哀しき関係
人は
自己中心的なり