エッセー 「日本は危ない」


エッセー
日本は危ない
府川 耕大


 日本の小学生に大人になったらなりたいものと聞くと、男子の上位はスポーツ選手で女子では歌手、タレントが上位に上ってきた。日本の男子の将来の夢はとても可笑しい。トップ10位中、スポーツ選手が三つ選択された。スポーツ選手は給料も高いし、格好いいと思っている。けれどプロのスポーツ選手になれる確率は十万分の一より少ない。将来なれない職業を目指している子が多い。学者、博士、お医者なども選ばれたが、それ以外は脳ではなく、体を使う仕事である。体を使う仕事は誰でも出来る。学歴の無い人やロボットでも行える事である。

 体を使う仕事は男子だけではなく、女子でも多い。食べ物屋さん、歌手、お花屋さん、デザイナーなどが選ばれている。頭を使う仕事は先生と看護師である。女子では殆どの職業が他人をうれしくさせる職業である。けれどこういう職業は誰でも出来ることで、給料もとても低い。日本の子供達は、学歴のいらない職業を目指している。よく勉強し、高く目指す子供が少ない。良く勉強した結果、出来る仕事をやりたがっていない。彼らはもうチャレンジ精神が無くなっている。