小論 「アップルのスティーブ・ジョブス」


小論
アップルのスティーブ・ジョブス
府川周平


 34年前にアップルを創始したCEOスティーブ・ジョブが、今年の8月に辞任した。彼は7年前に癌と診断され、辞任を宣言した24日には「アップルのCEOである期待と責任を持てない状況になってしまった」とコメントした。アップルのカリスマが辞任してしまうと勿論会社の儲けや製品の質は下がってしまうが、スティーブが素晴らしい出来で残したアップルは未だ繁栄し続けるだろう。スティーブがアップルを成功させられた理由とは彼のビジネス法が違ったからだ。簡単に言えば、彼はただ普通の営業者よりとても優れていたのだ。

 最初にスティーブはアップルにきっちりしたシステムを作り、会社内では3つの職員のくらいを作り、各自にルール、期待や責任が施行された。この3つのくらいとは一番上がスティーブ自体入っていた革新者や幹部の含む商品の発明者言わばクリエーターだ。彼らが商品のデザイン、会社の収入や儲けなどを担当していた。そしてこのくらいの人が部下に命令をすれば、文句無く行動をするルールが作られた。革新者や幹部たちは下から何千個のアイディアや発想は欲しくなく、行動だけが望まれているのだ。この下のくらいがマーケティングとセールス担当の職人たちで、彼らの多くは大学を卒業したばかりで才能豊富の人材が多い。しかし彼らは不景気の時代の中人一倍がんばり、仕事に就いただけで感謝している競争の激しい時代を過ごしている。このレベルでは4万6000人の天才が命がけで働いている。最後に一番下のくらいが製造ラインで働いている労働者だ。この労働者たちは単に上の命令を従い、商品を製造した。新聞記事者はアップルの労働者は戦争の軍と同じだ、と説明している。アップルの厳しい階層型組織が最小費用で最大収益を生み出したのだ。

 しかしスティーブはこれだけでなく、雇った優秀の職人をより磨き上げ、自ら働く会社を作ったのだ。アップルで個人をスティーブの助けと共に磨き上げ、そして自立した営業者は少なくない。大手ビデオゲーム会社Electronic Artsの会長、アンドロイド携帯の発明者、Facebook Platformのマネジャー、皆は元アップルの社員で、スティーブの助けで成功できたのだ。スティーブは社員を常にひらめき、霊感を与え自分の哲学を教えた。これが社員を刺激し、成功させたのだ。

 スティーブの厳しい階層型組織、そして社員たちの支え、これがアップルを今の状態にし、彼がこの事を成功したからこそ、アップルは未だ成長し続けるだろう。