詩 「ロボットが人より偉くなるときと蕪村」



ロボットが人より偉くなるときと蕪村
上畠 啓暉


ロボットが人より偉くなるときと蕪村
次々といろいろなロボットができていく
今までは映画の中だけと思っていたものが
次々と作られている
ロボットには人間にはできないことがある
人間が入れない場所に入ったりできる
感情に押し流されずに行動できる
そういうことを必要とする者がいれば
ロボットを人よりれくしてしまうかもしれない
そんなことがあったら人間は心細くなって心配する
愁いつつ岡にのぼれば花いばら
一時ロボットのほうがいいって思っても
人間のほうがいいって気づく
歩き歩き物思う春の行方かな
いろいろ考えたら人間のほうがいいことに気づくのだ