小論 「オサマ・ビン・ラデンの殺害を「正義をなされた」というアメリカ」


小論
オサマ・ビン・ラデンの殺害を「正義をなされた」というアメリカ
南原 未亜


 2001年の9月11日テロから10年、アルカイダのリーダーオサマビンラデンは殺害された。ホワイトハウスでオバマ大統領が世界中に発表し、スピーチの最後に「正義をなされた」といばった。アメリカの若者達はホワイトハウスの外で集まり「USA」と叫んで夜中ずっと喜んでいた。ビンラデンの死に対してアメリカはいい加減な行動を犯してしまった。

 米軍はオサマビンラデンがパキスタンに住んでいるという情報を確認して、彼を殺害する計画を立てた。パキスタン政府の許可を貰わずに、アメリカの軍隊はビンラデンを探し殺し、彼を入れて4人を殺害しその一人はビンラデンの息子だったことも分かった。そのニュースを聞いたオバマ大統領は「正義をなされた」という間違った発言を世界中に話した。アルカイダの先頭に立っていたビンラデンは悪の天才であって、9月11日のテロを成功させた。アメリカが泣いている間、ビンラデンと仲間は大喜びだった。10年後、アメリカはアルカイダに同じことをしただけだ。アメリカのしたことは「正義」ではなくて「復讐」である。

 パキスタンでビンラデンを逮捕し、アメリカに連れてきて裁判を受けさせるべきだった。彼も一人の人間で、長年溜まっていたアメリカの怒りを結果的に死で終わらせた。憎しみの一連になる状況にしてしまい、アルカイダを怒らせることをアメリカがしてしまった。世界は憎しみと嫌悪を支えられるようにできてない。みんなが助け合うことを学ばないといつまでも恐怖な毎日を過ごさなければならない。

 アルカイダの希望はきっといいことではない。でもアメリカの行動もアルカイダと同じレベルである。夜中に喜んでダンスしている若者もメディアがちゃんと記録した。アルカイダが次なにをするかアメリカは考えなかった。